みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

【3】モラルハラスメント情報!複数の方に聞いた300コメント!かなり詳しく書かれています!共有して下さい!

【3】モラルハラスメント情報!複数の方に聞いた300コメント!かなり詳しく書かれています!共有して下さい!

こちらの内容の一部をツイッターで呟いても構いませんが著作権は当サイトに御座いますので、必ずこのページのURLも一緒に呟いて下さいね!各コメントは複数の方に聞いた情報ですので、個人の主観によるものなどもありますから情報の正確性は保証しません。一切の責任は負いません。
多くの方がモラルハラスメントで苦しんでいるので抜け出すために情報を広めましょう!

モラルハラスメントとは暴力によって人の体を傷つけるのとは正反対の言葉や態度によって、巧妙に人の心や人格を傷つける精神的な暴力のことです。モラルハラスメントに含まれる行為には無視や、暴言や、過剰な迷惑行為が含まれます
モラルハラスメントとイジメは少し違います。イジメの場合は意図的に悪意をもって行うことが前提です。しかし、モラルハラスメントなどの場合は積極的に悪意を抱いておらず、自覚なしに指導、教育などをしてハラスメント行為をしている場合があるので注意が必要です
モラルハラスメントの主な方法は4つあります。相手を無視したりして、集団から孤立させること。仕事などにかこつけて個人攻撃をする。その人の仕事を批判するのではなく人格を攻撃する。そして、正常な感覚を失わせることです
一口にモラルハラスメントといっても色々な方法があり。周囲に気づかれにくいものも少なくありません。仕事に関連している場合は「命令した仕事しかさせない」して命令された仕事以外をさせた場合は罵倒したり、個人攻撃をするのも立派なモラルハラスメントになります
ストレスの多い現代社会において、ちょっとしたことでもモラルハラスメントになってしまいます。「仕事に必要な情報を与えない」「相手の仕事を必要以上に否定して、人格を攻撃する」というような行動もモラルハラスメントになります
たくさんの人と触れ合う仕事の場で一番モラルハラスメントを受けやすいといわれています。やっている本人に自覚がない場合もあるのでやっかいなのですが、意思に反して危険な仕事をさせたり。きちんとした理由があるにも関らず、有給や助成金などの権利を使えなくするのもモラルハラスメントです
仕事にかこつけてモラルハラスメントをする人というのは少なくありません。ひとむかし前なら当たり前だったかもしれませんが、現代社会では問題です。仕事を任せるときに相手の能力からすれば簡単すぎる仕事をわざと選んでさせるという行為もモラハラになります
仕事上、周囲に気づかれにくいモラルハラスメントは日常に転がっています。たとえば、相手の能力以上の難しい仕事をわざと選んでさせたり。健康状態が悪いのにも関らず、負担の大きすぎる仕事をさせたりと、明らかにその人のキャパシティを超えるような仕事をさせることもモラハラにあたります
仕事だといっても必要以上に相手の仕事を批判したり、人格を攻撃するようならそれはかなりの問題です。相手が気に食わないからと昇進が出来ないようにしたり、わざと実行不可能な仕事を押し付けはモラルハラスメントです
話をしようとしたときに、わざと話をさえぎり会話をさせないようにしたり。他の社員と会話をさせず、その職場で無視をし続けたり。コミュニケーションを拒否して相手を孤立させる行為もモラルハラスメントになります
気づかないうちに会社の人間からモラルハラスメントを受けていることがあります。もちろん、モラルハラスメントを受けても精神的に負担がなければ問題がないのですが、モラルハラスメントはセクハラと同じく、その人がモラハラを受けてると思えばそれはモラハラになります
職場でわざと、その人を孤立させるような行為はモラルハラスメントにあたります。誰もその人に話しかけず、仕事に必要な情報を一切渡さなかったり。仲間はずれにしたり、その人の存在を無視したりする行為はモラハラに当たります
イジメとモラルハラスメントは似ています。侮辱的な言葉で相手の人格を否定したり。バカにしたように、肩をすくめたり。ため息をついたりする行為によってその人が傷つけばその行為はモラルハラスメントになってしまいます
身体的に問題がある人の障害や、特徴をからかったり。物まねをしたり。精神的に問題があるようなことを言ったり、悪い噂を流したり。小学生がやるようなイジメを大人がすれば、それは「イジメ」ではなくモラルハラスメントに変わります
仕事と私生活は別物です。人によっては正当な理由でやむなく遅刻をしたり、有給をとったりすることがあります。これを否定したり、拒否したり。私生活自体を批判するような行為はモラルハラスメントになってしまいます
働いている人の中に外国人が少なくない時代に、その人の出自や国籍をからかうような行為はモラルハラスメントになります。日本人にとってあまりなじみの無い宗教や政治的信条を攻撃することもモラルハラスメントに当たるので注意しましょう
モラルハラスメントはその行為が何度も繰り返されるとうことが問題です。1度や2度だけでなく、継続してその人の人格や尊厳を深く傷つけるだけでなく。時にはモラルハラスメントによって精神が破壊されることすらあるのです
モラルハラスメントは未だに周囲にその深刻さを理解されることが難しいものの1つでもあります。年齢が高い人の場合は「根性が足りない!」「いちいち気にするほうが可笑しい」といわれたりしますが、精神的な影響が出た時点で立派なモラハラです。
モラルハラスメントの被害者の心の影響はすさまじく。その人が近くに来るだけで、動機がしたり。手が震えてしまって仕事ができなくなってしまったり。その人のことを思い出して不眠症になっていまうという人もいるくらいです
モラルハラスメントを受けると人の心はすさんでしまいます。簡単な事務処理の仕事であったとしても、頭が働かなくなってしまって仕事のミスが以上に増えてしまったり。体がいつも重くなってしまって、倦怠感で何をするのも億劫になってしまうこともあります
モラルハラスメントの被害者はそのストレスによって心身のバランスが崩れてしまいます。初期状態であれば動機がする、体が震えるといった程度ですが。段階が進むと、胃痛、不眠、吐き気など身体疾患にその症状が現れます
モラルハラスメントによって気持ちが億劫になったりするだけでなく、身体的にも症状が現れるケースがあります。「手が震えて仕事ができない」「仕事のことが頭から離れず眠れない」といった症状で体調を崩して仕事ができなくなってしまうこともあります
モラルハラスメントによって受けた心の傷は治すのは困難です。胃痛や不眠などのストレス起因の症状は気合や薬だけでは改善することはとても難しいです。仕事をしたり、外に出ることも困難な状況であれば内科よりもカウンセリングが必要になってきま
モラルハラスメントにおけるストレスが長期にわたる場合は、胃痛、不眠といった症状が悪化して「うつ病」や「神経症」といったメンタル疾患を引き起こす危険性があります。そして、結果として仕事ができなくなって退職に追い込まれる例も少なくありません
モラルハラスメントはストレスが原因なため、服薬して病気を治すことも難しいのです。もしも、身体症状を無視して無理し続けるとストレス疾患から「うつ」や「神経症」「パニック障害」といった日常生活に支障をきたす病気になってしまうこともあります
モラルハラスメントをガマンし続ければ病気にならない、とは限りません。確かに環境になれることも必要かもしれませんが、心と体が悲鳴を上げるとうつ病を発症させることがあります。その結果としてうつ病が悪化し、最悪の場合は自殺に追い込まれるケースもあります
モラルハラスメントを受けて退職や休職してしまう過程には3段階あるといわれています。第1段階は身体反応として、動機や胃痛など。第2段階まで進むと不眠、頭痛が加わり、第3段階に行くとメンタル疾患を発症してうつ病やパニック発作を起こしてしまうことも
モラルハラスメントをガマンしすぎていると、最悪の場合は仕事が出来ないだけでなく、自殺に追いやられてしまうこともあります。好調のサイクルに入ったときならばなんどかガマンできそうですが、問題が放置されたままなので、落ちるときは一気に落ちてしまいます
モラルハラスメントによって心身症状を抱えてしまった場合は一刻も早くメンタルヘルスの専門家に相談して、適切な処方が必要です。ストレスによって身体症状がでてしまったので、薬だけでは症状は軽減しにくいといわれています
モラルハラスメントによって人間関係ストレスが悪化し。不眠や生理不順、胃痛などの体調不良に現れます。そういったストレスによって体調不良がある場合にはすぐに心療内科やカウンセリングを受けることをオススメします
モラルハラスメントによって不眠や胃痛などの症状が出た場合は薬の処方だけでは治らない傾向があります。病気の原因がストレスだからでそのストレスの元が解消されない限りは治りません。モラハラによって心が傷ついた場合はカウンセリングが必要です
モラルハラスメントによって心が傷ついてしまい、体調不良になってしまった場合には薬は効果がありません。モラルハラスメントが原因の胃炎などの場合に必要なのは強い薬ではなくストレスの原因を根本から取り除くことです
モラルハラスメントによって体調不良になってしまった場合はストレス軽減のために薬物療法と心理療法が必要になってきます。ストレスケアをするためには薬による処方よりも、カウンセラーの心理療法のほうが効果があるとされています
モラルハラスメントが原因で会社を辞めるどころか、日常生活すらまともに送れなくなる人は少なくありません。そういった人は退職してモラハラから解放されるわけではありません。退職した後も過去のトラウマによって社会復帰が難しくなってしまう人も少なくありません
モラルハラスメントはたとえその職場を退職したとしても被害者に大きな傷跡を残します。退職後トラウマと言うのですが、対象者からうけたモラルハラスメントの行為が頭から離れずそれがトラウマとなって生活が困難になることが多いです
モラルハラスメントを受けていた人が退職したとしても、そのときに受けた行為が忘れられず思い出すたびに涙が泊まらなくなってしまったり。胸が詰まって過去の辛い体験がフラッシュバックしてしまうこともあるようです
モラルハラスメントに本当の意味で解放されるためには自分自身を心から納得させる退職理由を見つけることができなければずっとモラルハラスメントに苦しむことになります。キャリアアップや新しい就職場所を見つけることで真にモラハラを解放されることでしょう
モラルハラスメントによって受けた精神的被害はそうカンタンに忘れられるものではありません。モラハラを受けたせいで対人関係が恐怖、不安の対象となってしまい。転職したとしても新しい職場に適応できなくなってしまう人も少なくありません
モラルハラスメントによって深刻な被害を受けて退職してしまった人は退職したからと意って、問題が解決されるわけではありません。「あのときこうすれば」「ガマンが足りなかったのか」過去の出来事ばかりが頭にのこり、過去に囚われて前に進めなくなってしまうのです
モラルハラスメントの被害は仕事を退職したとしても残ります。過去の出来事に囚われてしまい、現実のモラルハラスメントは無くなったのにも関らず、トラウマとして過去のモラハラがフラッシュバックして苦しみ続けてしまうのです
深刻なモラルハラスメントによって心身ともに傷ついて、退職に追いやられたとしても、被害者の心は癒されません。モラハラで受けた記憶がフラッシュバックし、トラウマとして後遺症が残ってしまったら日常生活をおくることすら困難になってしまいます
モラハラが原因で退職後トラウマに陥らないために大事なことがあります。退職前に「モラハラが辛くて会社を辞める」ではなく退職することに意味を見出してやめることで退職後のトラウマを抑えることができるようになります
モラルハラスメントによって退職に追いやられてしまったとしても、そのままやめてしまうとトラウマとして心に傷が残ってしまう場合があります。退職する前には「ここにいても自分を成長させることができないから辞める」と心から思うようにしてください
モラルハラスメントによって退職をすることは決して逃げではありません。ずっとその場にとどまってモラハラの対象になり続けてしまった最悪の場合にはうつ病を発症させてしまったり。パニック障害になってしまう危険もあるので、ガマンができなければすっぱりとやめてしまいましょう
モラルハラスメントを受けてそのまま退職してしまうと退職後トラウマになるケースが少なくありません。トラウマを抱えてしまわないように自然にフラッシュバックしてしまうハラスメントの体験に対して必要以上にあれこれ考えないこと以外に方法はありません
モラルハラスメントを受けて退職したうちは、その時の記憶がフラッシュバックして軽いパニック障害を起こしてしまうことも少なくありません。退職してから経過時間がかなりたってしまうと、トラウマの記憶が強く定着してしまうので、早めに対処することが大切です
職場のモラルハラスメントは静かに進みます。陰湿ともとれるモラルハラスメントは周囲の人はもちろん、それを受けている本人すら気づかずに自分が悪いと思い込んでしまうことが多いです。ひとつひとつなら対したことはないかもしれませんが、それが積み重なって体調不良につながります
モラルハラスメントは行動や言葉によってその人の人格を破壊してしまいます。1つ1つの行為は対したことがないかもしれませんが、その積み重ね大きなストレスとなって心的に大きな負担となって欝やパニック障害を引き起こすことにも繋がるのです
モラルハラスメントになりかねない言葉の例として、能力を否定するようなことを言うのはNGです。「生きている価値がない」「役に立たない」「何をやってもダメだ」など必要以上に相手の尊厳を否定するような言葉を使ってはいけません
人にはそれぞれコンプレックスがあります。そのコンプレックスをあげつらって弱点や欠点を指摘するような言葉はモラルハラスメントに当たります。デブやハゲ、メタボといった言葉を慢性的にいうようであればたとえ冗談であったとしても許されるものではありません
普段何気なく言っていることが実はモラルハラスメントというケースも少なくありません。仕事ができないからといって相手を集中的に罵倒するような行動はモラルハラスメントと受け取られてしまいます。聞こえるように厭味を言うのも十分にモラルハラスメントです
モラルハラスメントには言葉だけでなく、被害者に対する態度も含まれます。肩をつく、胸倉を掴む。実際に暴力だけでなく暴力を行おうとした行為もモラルハラスメントに含まれます。一度だけでなく何度も繰り返すことでモラハラの被害は悪化するのです
舌打ち、無視、目の前でひそひそ話をする。モラルハラスメントを受けている人間以外はそれと気づかないとしても、受けている本人がモラルハラスメントだと思えばモラハラです。もしかしたら、自分の何気ない行為も誰かを傷つけているかもしれません
職場におけるモラルハラスメントに執拗な注意や叱責もあげられます。仕事ができない、思うような結果が上げられないからといって何度も注意し続けて相手の尊厳や人格を否定するような行為はモラルハラスメントにとられてしまいます
職場で従業員は宴会や旅行などに積極的に参加して当たり前。と思われがちですが、嫌がる相手になんども無理をさせて宴会や旅行などに参加させる行為は立派なモラルハラスメント行為です。「ガマンが足りない」と思うようなことでも、人にとっては大きな負単になっているのです
間違いを犯したら、謝罪を要求させるという職場は少なくありません。しかし、たいしたミスでもないにも関らず人前で土下座をさせたり。「お前は仕事ができない!」と必要以上にののしることはモラルハラスメントにあたります
もしも自分がモラルハラスメントにあってしまったら。そのときは決して自分を責めてはいけません。人によっては「こんなことで傷つく自分はおかしいのかもしてない」と思うかもしれませんが、自分の心が傷つく時点であなたは被害を受けているのです。自分を責めてはいけません
モラルハラスメントは陰湿な言葉や態度、文章などで、継続的にその人の人格や尊厳を傷つける精神的ないやがらせのことです。ひとつひとつの行為は些細なことかもしれませんが、それを受けた人間はうつやパンック障害になってしまうことがあるぐらい深刻です
モラルハラスメントの被害の特徴は「自分を責めてしまう」ことです。自分に落ち度がないのにも関らず、一方的にモラルハラスメントを受けることがあります。そして、周囲もモラハラを受けていることに気づかないパターンが多く周囲から救いの手が差し伸べられにくいことが多いです
モラルハラスメントの被害を受けてしまったら、ガマンをするということは最悪の行動です。ガマンをし続けて、自分のことをせめてしまうとモラルハラスメントの被害が悪化してしまいます。気にしないことが一番ですが、それができないならカウンセリングを受ける必要があります
モラルハラスメントを受けてしまったら、我慢をせずに行動にでるべきです。ストレスに長くさらされることで、心身ともにダメージを深める結果になってしまいます。今起こっている状況を誰かに相談して助けを求めることが解決への近道です
モラルハラスメントを継続的に受けていると仕事に集中できなくなることでしょう。その結果として職場から孤立してしまうとよりモラハラの被害が大きくなってしまいます。そうならないためにも職場であなたの理解者を探す必要があります
執拗なモラルハラスメントを長期間受け続けていたら、仕事どころかまともに生活が出来なくなってしまうこともあります。できるなら、その前に職場の中で相談できる人を探すべきなのです。逃げ場があることでトラブルから守ってもらえたり、心に余裕ができたりします
モラルハラスメントをする人にはさまざまなタイプがいますが、ナルシズムに基くものは深刻です。自分が誰よりも優れているという思いから、一方的に相手を傷つけることに罪悪感が無い人と言えます。このパターンの人に関らないようにするのがモラハラの被害を防止するこにつながります
自己愛が強いタイプの人は激しいモラルハラスメントをする傾向があります。自分の自尊心を守るためなら、人を攻撃してもなんとも思わないタイプです。このタイプの人は相手を傷つけているという認識がないため、モラハラ行為が繰り返される傾向が強いです
自分の評価が高い人は激しいモラルハラスメントを行う傾向があります。こうした人は他者を貶めることで、自分の優位性を維持するため、人に対して平気でひどいことをしたりします。職場にこういった人がいるのなら避けるべき相手といえるでしょう
自分の行動がもとで、問題が起こったとしてもそれを平気で誰かのせいにするような人はモラルハラスメントを起こしやすいです。行動に責任を持たず、他人にだけ達成不可能な要求を与える人が多く、そういった行為によって傷つく前にその人から離れることがモラハラを防ぐことにつながります
同僚が部下には威張り散らすのに、上司の前ではへつらったり。ターゲットとなった人を集団で落としいれ、うっぷんのはけ口にするような行為や。部下に達成不可能なレベルの要求をするが、一切支援をしないなどの行為は立派なモラルハラスメントです
嫉妬心が強い、上司の場合はモラルハラスメントを起こしやすいといわれています。そういった、人に対処するためには本人の前で批判や反論をしないことと。常にその人を褒め称え賞賛をしているフリをし続けることで、その人の気分を満足させモラハラの被害にあいにくくなります
モラルハラスメントをしている相手への対処方法のひとつに「目立たない」ということがあります。モラルハラスメントを行う相手は自分の自尊心を満たすために、目立つ人間を攻撃する傾向があるので、なるべく目立たないようにしてください
モラルハラスメントを受けていて、我慢さえすればいつかは終わると思われるかもしれませんが、それは大きな間違いです。そのまま放置しておくとどんどんとモラルハラスメントがハードなものに変わります。その前に転職したり、助けを求めたりしてください
部下を管理する行為は気づかないうちにモラルハラスメントを産んでいることがあります。行き過ぎた罵倒や、自分の考え方ややり方を相手に強く押し付けけつづけ、相手の人格を否定する行為はモラルハラスメントに当たるので注意が必要です
上司がモラルハラスメントを行っているのなら、批判や反論はしてはいけません。また、直接的な提案をせず、上司が自分で考え付いたと思い込ませて満足させることで、モラルハラスメントの被害を少なくさせることができます
古いタイプの人は自分がモラルハラスメントをしているという自覚がない場合がほとんどです。しかし、行き過ぎた指導は相手の心を傷つけ、再起不能なまでに痛めつけてしまいます。自分の自尊心を守るためだけに部下を叱責するのならそれはモラルハラスメントです
仕事が出来ない人ほどモラルハラスメントを受けやすいと思われがちですが、逆のパターンもあります。出るくいは打たれますが、モラハラを行う人は目立つ人を攻撃する傾向があります。モラハラから自分の身を守りたいなら大人しくしておくことが一番です
自分への自尊心が無い上司の場合はモラルハラスメントが攻撃的になりやすいといわれています。相手に正当なことを言っているのにも関らず、攻撃されていると勘違いされて、必要以上に攻撃を受けてしまうことがあります
自分に自信がないタイプの上司からモラルハラスメントを受けないためには相手に疑いを産むような行為をしてはいけません。そういった相手にとって自分を脅かす行為はすべて攻撃対象になりやすいです。そうならないためにも説明を多くしたりして、逃げ道を作ってください
以前はいい人だったのに突然モラルハラスメントをする人がいます。急激なストレスにより、そのストレスするための方法としてモラルハラスメントをしてしまうというパターンです。そういう人の場合は家族の問題があったり、仕事のノルマに追われて本来の自分を見失っている人に多く見られます
職場でもっともモラルハラスメントを起こしやすいタイプの人は実は「いい人」だったということが少なくありません。仕事によるストレスや、金銭問題など深いストレスが原因となってその対象行動としてモラルハラスメントを無意識に行ってしまうことがあります
普段から不機嫌だったり、憂鬱そうだったりする人はモラルハラスメントを起こしやすいです。そういった人は自分の受けたストレスをモラルハラスメントという形で発散してしまいます。被害を受けないためにも、そういった人から遠ざかることをオススメします
モラルハラスメントをする人に共通したことがあります。自分の機嫌によって、やさしくなったり、きびしくなったり、気分に波があることです。なので、一見するとただの叱責に思われることが多いのですが、継続してモラルハラスメントを行う傾向があります
モラルハラスメントを行う人のすべて悪い人ではありません。むしろ、根はいい人だったりすのですが。その人が強すぎるストレスによってストレスの対処行動としてモラルハラスメントを行うケースが非常に多いです。被害を受ける人にもケアが必要ですが、加害者側にもケアが必要だといわれています
胃痛や、不眠などストレスからくる身体症状を抱えている人はモラルハラスメントを行いやすいです。そういった人の場合、抱えているストレスによってハラスメント行動が激しいときには近づかないようにするのが一番の防衛策です
無意識にモラルハラスメントを行っている人がいます。人の気持ちにどんかんな人の場合はコンプレックスに感じているところを平気でからかい続けたりします。そういう人の場合は第三者が注意することでモラルハラスメントが解決に向かう可能性が高いです
無意識にモラルハラスメントを行う人は人の気持ちに鈍感な人が多いです。相手が嫌がる様子を見せてもやめようとせず。イジワルをしたり、欠点をからかい続けることも立派なモラルハラスメントにあたります。本人には悪意がなかったとしてもその行為はモラルハラスメントです
性格はオープンで裏表がない人でも無意識のうちにモラルハラスメントをしている場合があります。その人にとってはからかっているつもりでも、一向にやめようとせず相手を精神的に傷つければモラルハラスメントにあたります
モラルハラスメントを行う人には精神的、神経的不全をかかえている人がいます。普段の言動から一貫性がなく、その人によって周囲が振り回している人はモラルハラスメントを行いやすいとされています。そういった人からモラハラを受けないためには距離を取り、必要以上に近づかないことです
モラルハラスメントを行う人は個人とは限りません。集団的に、ごく少数のターゲットに対してのみハラスメント行為を行うことがあります。集団でやることによって、歯止めがきかなくなってしまい。ターゲットを自殺にまで追い込むケースもあるほどです
集団的モラルハラスメントの怖いところは、集団心理によってどんどんとその行為がエスカレートしてしまうことです。また、集団で行われるためターゲットとされる人に逃げ場がなく。精神的に深刻なダメージを与えることがあります
周囲を巻き込むモラルハラスメントは周囲が雰囲気にのって、自然発症的に追随する場合が多いです。知らず知らずのうちにどんどんと周囲の人間が「空気」をよんでモラルハラスメントに参加し、被害者は逃げ場をなくしてしまうパターンがとても多いです
モラルハラスメントは職場だけにあるものではなく、家族間でもあります。家族間での暴力や逆切れをして、家族であったとしてもその行為はモラルハラスメントにあたります。攻撃する側は夫であったり、妻であったり、子どもであったり、人を問いません
職場でのモラルハラスメントは上司から受けることがほとんどです。昔の人であれば当たり前の「指導」だったことも今の時代ではモラルハラスメントにあたります。「自分はガマンが足りない」と思い込まずにきついと思ったら誰かに助けを求めましょう
モラルハラスメントを防ぐための手段は目立たないことがあげられます。「出るくいは打たれる」といいますが、モラルハラスメントをする人は目立つ人を攻撃する傾向があるので、その人の前では目立たないようにするのが一番の防御策です
モラルハラスメントを受けて一番してはいけないことは自分を責めてしまうことです。自分を責めることで自分の心にプレッシャーをかけてしまい、精神的におかしくなってしまうことがあります。せめて、自分ひとりのときだけでも自分を許してあげましょう
モラルハラスメントを受けて自分を責める人は少なくありません。しかし、それは逆効果なのです。自分を責め続けることで、モラルハラスメントの被害が悪化してしまいます。自分が悪いからモラハラを受けているのではないということをしっかりと理解しておきましょう
モラルハラスメントを受けて我慢をし続けてはいけません。ガマンをしていればモラハラが収まるということはなく、むしろガマンすればするほどどんどんとエスカレートしていく傾向にあります。「モラハラを受けている」と思うなら誰かに相談してください
モラルハラスメントの被害は仕事をやめた後も付きまといます。退職後トラウマと言って、過去に受けたモラルハラスメントの行為が頭から離れず突然涙があふれて止まらなくなったり、胸がつまってしまうという症状が現れます
モラルハラスメントによって受ける被害は大きく。対人関係が異常に怖くなってしまったり。不安の対象になってしまったりして、新しい職場に上手く適応できなくなってしまったりという後遺症が残ることがあります。過去のことばかりが思い出されてしまい、前に進めなくなってしまうのです
深刻なモラルハラスメントの被害を受けてしまった人は、たとえ加害者から離れたとしても、過去のモラルハラスメントに苦しみ続けてしまいます。ふとした瞬間にモラルハラスメントのことが思い出されてしまい、パニック障害になってしまったりすることがあります
モラルハラスメントとは、精神的暴力・嫌がらせのことを表しています。肉体的DVなどではなく、精神的DVとして認識されてきています。職場や家庭内・恋人内でなど多くの場面でモラルハラスメントの被害が出ています。
肉体的暴力は、外相が残るため顕在化しやすいですが精神的暴力であるモラルハラスメントは、言葉や態度などに現れるため見えづらく潜在的なのが特徴です。そのため最近ではモラルハラスメントの被害が多く見られています。
現在の社会の考え方では、肉体的な暴力であるDVには処罰や新聞などで報道されるなど意識関心が高く厳しく扱われています。しかし、このモラルハラスメントはまだ社会的に認識度や意識関心が低いためなかなか報道されることが少なく、精神的暴力に甘い扱いになっています。
精神的暴力であるモラルハラスメントは、実際の被害として肉体的暴力と同等の被害または、精神的に追い詰める行為であることからそれ以上に被害者を傷つけることに繋がります。自殺や欝などの重大な状態にまで陥ってしまう可能性も否定できません。
モラルハラスメントの加害者となる人には、いくつかの特徴があるとされています。該当する人は自己愛が強い変質的な部分がある人とされています。相手に対しての罪悪感がなく、平気で責任転嫁をしてしまうなどです。
そのほかの特徴としては、子供の頃に受けた虐待や何かしらのトラウマが原因となっていることも少なくはありません。自分自身を精神的に守るためには、他人のことはどうでもよく精神的に破壊して追い詰めてしまう状況にまでもっていきます。
モラルハラスメントは言葉や態度に現れるため、相手を傷つけるような言葉を平気で言ったり人のものを奪うことを欲するなどの精神的状態に陥ります。また、その状態にあっても相手に対して罪悪感が全くない為、その1回限りで終わらずなんども継続して続くことが多いです。
モラルハラスメントを行ってしまう人は、自分が相手を傷つけているという感覚が全くありません。なので、無自覚のため症状がない精神病者と称されることがあります。また、治療薬などがないため自分でコントロールし少しずつ改善していくしかありません。
わかりやすくと加害者になりやすい人の特徴を簡単にまとめるとするならば、ナルシシストが病的に拡大し悪化した状態にある人です。ナルシシストとは自己愛がとても強く、わがままとはまた違って常に自分が常識であるという考えを持つ人です。
モラルハラスメントの加害者は、自分が優れた人物であることは他人に対して厳しく自分に甘いなど他人を尊重するという考えがありせん。自分が常に立場的に上に立っていたいというような自己中心的な考えが働きます。
モラルハラスメントの被害者となりやすい人の特徴としては、性格が几帳面であり秩序を守るなど常識的で健全な考えを持つ人が被害に合いやすいです。また、他人への配慮などかできる気を配ることが自然とできる人も被害者になりうる可能性があります。
被害に合いやすい人の特徴として他にも、物事に対しての責任感が強いことや何かあったときに罪悪感を持ちやすいなど心配症であったりすることが、特徴としてあります。もともと相手を優先するなど尊重するなどの気持ちが強い人が多いです。
モラルハラスメントの加害者は、被害者だけに精神的暴力を行いそのほかの人に対しては、外面のいい「いい人」を振舞う傾向にあります。モラルハラスメントの標的以外には常に自分をよく見せようと虚栄心が働きます。
加害者が被害者に対してモラルハラスメントをしてしまうタイミングがあります。被害者を気に入ってないという場合もありますが、他には被害者が自立しようとすると行為に及んでしまうようです。すると、中傷であったり無視であったりと精神的に追い詰めてしまうようです。
モラルハラスメントは、最初から被害が発生する訳ではありません。近づいた当初は相手に対して親切に接し、次第に相手の心を操作し過剰に束縛し始め最終的には相手を肯定することなく、否定し続ける流れにあるそうです。
モラルハラスメントの厄介なところは、いつ終わるかわからず繰り返してしまうことです。加害者はもちろん自覚がないので、何度も相手を精神的に追い詰めてしまいます。被害者は、否定され続けることで自分が何かしたから相手は怒っていると勘違いし自ら自分を苦しめる考えしか出来なくなります。
モラルハラスメントの加害者は、自分が勝ちなのか負けなのかにこだわり勝つことに対して強迫感を抱きます。常に自分が上に立ちたいという考えなので、自分と同じ立ち位置にいるという相手を許せないのだと思います。
相手が自分にとって敵か味方か極端な考えしかできず、対人関係を力関係としてしか考えられないのが特徴です。はっきり敵か味方をさせたいので、少しの批判や拒絶は反抗的・敵意と捉えモラルハラスメントに及び抑圧、排除するという考えが働きます。
モラルハラスメントは、パワーハラスメントより被害が強力で精神を破壊していきます。精神的な落ち込みなどは自分にしか被害がありませんが、外部に被害を及ぼすのがモラルハラスメントです。もし周りにそういう方がいたら、モラルハラスメントの疑いがあるかもしれません。
もし自分がモラルハラスメントに陥ってしまった場合やまたは、疑いがある場合うまく症状と付き合っていくには、自分の人生を優先に考えることです。相手を批判したりせず、とにかく相手の落ち度を探さないことです。
モラルハラスメント加害者の精神状態は、外面をよく見えるように偽り、常に上辺だけ上手くいっているようで内心はいつ崩壊してもおかしくはない緊張状態にいます。ですがそれさえも無自覚なので、症状がいつ深刻化するかもわかりません。
職場のモラルハラスメントも最近では多く見られます。上司から仕事を与えられない場合や評価を得られずミスの指摘ばかりの場合などは、モラルハラスメントの被害にあっているのではと疑いを持った方がいいかもしれません。
被害者にならないためには、自分に少しずつでも自信を持つことと他人の顔色をうかがう癖がある人はあまり相手を意識せず、自分の意見も尊重することです。自分を被害から守るには、自分で守るしかないので常に神経質にならないようにする方がいいです。
恋愛面でのモラルハラスメントの多くは、女性が被害を受ける場合が多いようです。その被害を受けやすい女性は母性感情が強く、性格が姉御肌の人に多く見受けられます。「私が守ってあげなきゃいけない」という責任感が強いので注意が必要となってきます。
モラルハラスメントは共感性がないため、どれだけ自分が尽くしても全く意味がありません。なので、被害者側は常に虚しい気持ちであったり沈んだ気持ちを常に覚えてきます。それが悪化すると、欝状態に陥ったり自分自身が精神的病にかかる場合があります。
恋人がモラルハラスメントであっても別れられない人が多く存在します。その原因は相手からの自己否定が、常に続くため洗脳された状態にいるからです。別れることが罪悪感に感じたりと冷静な判断が出来なくなっています。
どちらか片方がモラルハラスメントを患っている場合の恋愛は、共依存状態になります。自分に対する自信を失い、唯一の拠り所が恋人だけとなってしまいます。ですがその状態は、判断力・理解力が低くなるため健全な精神状態ではありません。
モラルハラスメントの対策方法が完全に無い訳ではありません。相手からの言葉や態度でストレスを感じ、長くそのストレスに晒されることで心身のダメージが深くなります。なので、何か言われてもそれほど気にして病む必要はありません。考え過ぎないことが大切です。
モラルハラスメント被害は誰にでも起こりうることなのです。決して必要以上に考え過ぎてしまったり、自分を責めてはいけません。小さくなって自分の殻の中に縮こまらないで、自分を守るために行動することが重要です。
もしモラルハラスメントの被害に合い訴訟などの訴えを起こすには、常に行われるモラルハラスメントの証拠を集める必要性があります。ICレコーダーを使用したり、または訴訟を起こさない場合は自分の周りにいる理解者を探し出すことです。
職場で被害を受けていた人は、そのモラルハラスメントが原因で退職する人も少なくありません。しかしそこで問題になるのは、退職後トラウマになることです。思い出して涙が止まらない、胸がつまりフラッシュバックを起こすなどの精神的トラブルがおこることがあります。
モラルハラスメント被害のトラウマは、そのままにしておくと心身ダメージが深くなっていきます。夢の中でその光景が出てきたりなどトラウマの記憶が強くなっていくので、なるべく早い段階で対処をする必要があります。
もし被害に合われた場合に病院を受診をするときは、吐き気や頭痛情緒不安定・食欲不振などの体に健康被害が現れても、心療内科やカウンセリングなどのメンタルを専門的に扱う病院機関へ相談することをオススメします。
モラルハラスメント被害でメンタル専門病院機関を推奨する理由は、薬などを服用してもそのストレスの根本的な原因が無くなる訳ではありません。原因であるストレスを無くさない限り、体に出る健康被害が治まる事はないからです。
対照的であるパワーハラスメントは日本で作られた和製英語です。モラルハラスメントは海外で作られた言葉なのでその実態が認知されていて、意識が高いです。日本ではその認知が低い為、被害が拡大し自分たちが気づかないまま悪化していく可能性があります。
モラルハラスメントは、気づかない内に加害者・被害者になっている可能性があります。被害内容も特別なものではなく、その場の雰囲気を悪くするなども被害内容の一つになります。意識していないことが被害に繋がるので、被害が拡大していく場合もあります。
モラルハラスメント加害者の心理状態は、常に被害者を作らなくてはいけないという考えの中にいます。その理由は、物事に対しての過剰な不安からきています。攻撃性の裏側にあるのは、自分や相手に対する絶対的不安です。それが恐れとなり、攻撃してしまうのです。
モラルハラスメント加害者の相手を攻撃する心理の背景は、愛してほしい・理解してほしい助けてほしいなどの自己が確立していないという切ない背景があります。被害者のケアも必要ですがそれ以上に加害者のケアも重要です。
幼少期の頃の家庭環境がモラルハラスメントの加害者になることに繋がる場合があります。甘やかされて育つと自己愛が強くなり、アドバイスさえも否定・脅かすものとして捉えてしまうので、行為に及んでしまう可能性があるようです。
モラルハラスメントを減らすためには、子供を家庭内で教育していく中で甘やかしすぎることをやめることです。また自己愛もある程度は必要ですが、度を超えると加害者になりうるのでしっかりとした躾が必要となります。
モラルハラスメントの加害者は、人の心を操作することからマニピュレーターとも呼ばれています。操作する人・人を操るという意味です。自分から離れられないようにし、常に相手を貶めて心のエネルギーを吸い取ります。
一定の距離を保つことが、モラルハラスメントの対策として一番適していると言えます。立ち向かったり反論する必要がそこまでない場合は、そのことを無視するか仕方ないと妥協して我慢した方が被害を受けずにすみます。
学校内でも、教師が生徒に対してモラルハラスメントを行う場合もあります。「社会に出るため」という名目で、指導や教育、熱心さなどと裏付けて精神的な暴力を振舞われていくことがあります。なので外部からはわかりにくいです。
モラルハラスメントはどんな状況にいても発生する可能性があります。理解されにくいため、被害者がなぜ今こんなに苦しいのかさえ本人でさえわからない状態にあります。周りの人の理解を得ることが被害縮小に繋がります。
モラルハラスメント加害者の治療法としては、カウンセリングが一番効果的とされています。モラルハラスメントをしているという意識があれば、治る確率が高くなっていきます。ですが、その意識がない人は根気強くカウンセリングを受診する必要があります。
モラルハラスメントの被害を小さくするには、外部からの手助けが必要不可欠になります。理解してくれる人や相談に乗ってくれる人などが周りにいるだけで、精神的に安定感があるので被害を出さないように予防出来ると思います。
モラルハラスメントの被害は外相に残らないので、外部からも気づきにくいです。ですが被害を受けているまたは、その行為をしていると疑いを持った方は気軽にカウンセリングを受けてみるといいです。早めの受診で、症状を抑えられると思います。
被害の状況やモラルハラスメントという事柄があるのもあまり知られていません。認知度が低く、実態はまだ多くの人に知られていないのが現状です。学校や会社などで意識を高める教育が、必要となっているのかもしれません。
モラルハラスメントの被害者はアダルト・チルドレンの特徴とほとんど似ています。被害者・加害者どちらも、やはり家庭環境が大きな影響を及ぼしているようです。親の立場にいる方は、躾の仕方に気を配る必要があります。
モラルハラスメント加害者は、自己愛が強い人だけという訳でありません。受動攻撃性人格の人なども加害者になりやすいとされています。グズグズとした態度をとったりと子供らしい態度かもしれませんが、やる事を引き伸ばして結果的には相手に迷惑をかけているというのも受動攻撃性人格の症状です。
モラルハラスメントを受け続けると自己愛性人格障害のようになっていきます。こういった意味で自己愛性人格障害は悪人ではなく、むしろ自己愛性人格障害の人を追いかけ粘着している側が問題です。
根拠なしですが、モラルハラスメントを受け続けていると電磁波過敏症になるのではないかと思います。電磁波過敏症+仄めかしが合わさることで、電磁波で攻撃をされていると思ってしまうパターンもあるのかもしれません。
職場のイジメ、嫌がらせはモラルハラスメントとして社会的に問題になっています。とある会社がアンケートを取った結果46パーセントもの人がモラルハラスメントを受けたことがあると判明しました。しかも、加害者に自覚がないため、被害はどんどんと悪化しているようです
モラルハラスメントは加害者に自覚がないため、被害者が「自分が悪い」と悩みを抱えがちです。被害者が意識が積み重なることによって、精神的な疾患を発症するケースがあるほどです。解決するためにはカウンセリングに相談することも大切ですが「自分が悪くない」と強く思うことが大切です
モラルハラスメントを受けたときに自分に言い聞かせることは大切です。モラルハラスメントは自分の存在を全否定されることが多いので「自分は必要とされている人間だ」と自分に言い聞かせることで否定された気持ちを改善させることができます
モラルハラスメントをするような人は自己愛が強く、反省もしません。会社でそういった人間からモラルハラスメントを受けているのなら「私は悪くない、アイツが悪い!」とつぶやくことで心を落ち着けることが出来やすくなります
会社などで受けたモラルハラスメントを解決するためには弁護士などの専門家に相談することが大切です。それを実行することは難しいですが、心の中で「訴えてやる!」とつぶやくことで、鬱々とした気持ちを発散させることができます
モラルハラスメントは耐える必要など全くありません。むしろガマンをすることによって、精神疾患をともなったり。うつ病を発症してしまうケースが後を耐えません。ガマンをせずに周囲に訴えたり、法的手段に出ることも重要です
モラルハラスメントを行う人はずるがしこい人が多く、周囲に分からないように行うことが多いです。そういう場合はボイスレコーダーなどを使って第三者に分かるような証拠をきちんと取ることが大切です。そうすることによって周囲の人に知らせることができるからです
モラルハラスメントの被害者は「どうして私は相手を怒らせてしまうのだろう」と自分の責任と思い込み、自分を責めることに繋がるそうです。しかし、そういった思い込みが自分を追い込んで被害を拡大させてしまうので「自分は悪くない」と考え方をかえましょう
モラルハラスメントの加害者は決して反省しないといわれています。これはモラルハラスメントの加害者が他人の気持ちを理解しようとしないからだといわれています。そういった加害者はエリートと呼ばれるタイプが多いという研究結果がでています
エリートに特に多いとされるモラルハラスメント加害者の場合。自分がモラルハラスメントをしていると全く思っていません。性格上、勝つことが重要と思っている人が多く相手とのコミュニケーションも自分が勝つための武器になってしまい、知らないうちに他者を傷つけているのです
モラルハラスメント行為は繰り返される傾向があります。これは加害者側がその行為を無意識に行っているからです。モラハラを繰り返される被害者は被害意識がどんどんと積み重なることで病を発症しやすくなるとされています
職場でモラルハラスメントの被害にあってしまった場合はなるべく早くモラルハラスメント加害者から距離をとることが大切です。決して耐えようとせず、早い段階で周囲や専門家の力を借りて早急に対応する必要があります
職場だけでなく、学校内でもモラルハラスメントは行われやすいとされています。なぜなら大人と子どもという関係は年齢、立場的に支配的、被支配的になりやすく、モラルハラスメントにつながりやすい関係が前提となっているからです
学校ないでのモラルハラスメントは深刻になりやすいとされています。その原因は「信頼される大人」である教師が「保護されるべき子ども」の生徒と言う人間関係を誤認し、悪用することにあります。また、教師側を止める人間がいないことも深刻化する原因の一つです
学校と言う教育の場はモラルハラスメント行為への本質的問題があります。教師という職業と立場、存在が子ども対に対して優位性を持ち続けるため、教師のほうが自分の立場を誤解し、平気でモラハラを行うとされています
学校内で行われるモラルハラスメントで多いのは教師から生徒に行われるモラルハラスメントです。生徒側がモラルハラスメントをうけていても訴えることができないことと、教師側の加害者意識が希薄なためモラハラ行為がエスカレートしやすいということが考えられます
学校の教師は「相手は生徒なのだから教師の言うことを聞いて当たり前」という意識が強く。その思いから知らず知らずのうちにモラルハラスメントを行いやすい環境にいるといえます。被害者側が子どもということもあって、問題が表面化しにくいという背景があります
学校という特性からモラルハラスメントが起こりやすいです。生徒側、教師側もことを荒立てたくない。出来れば表沙汰にして、進学へ悪影響があっては困るということから、被害者側が強く訴えることが出来ないことで被害が潜在化しやすくなるという傾向があります
学校で行われるモラルハラスメントは被害を受ける生徒側が「非」を訴えることがとても難しいとされています。日ごろから指導を受け、さまざまな権力を持つ教師に対して、生徒が被害を訴えることは大人が想像しているよりもずっと難しいのです
教師側がモラルハラスメントをするのは、いつも自分が優位な立場でいたいという気持ちが前面にでてしまうからです。また、通常の職場であれば抑制することができるものも、大人と子どもと言う関係のため被害者側である生徒が外部に訴え辛いということが原因だとされています
モラルハラスメントの特徴的なところはそれが精神的、心理的なことであるため、周りの人はその被害が分からないということがあげられます。怪我のように目に見えるわけではないので他の人に説明しても理解してもらえないことのほうが多いです
モラルハラスメントはそれを受けている被害者にしか分からないことが多いです。モラルハラスメントの被害者が「自分が悪い」と思いこんでしまうことと、加害者側が「被害者側に非がある」と決め付けていることで逃げられない状況に陥りやすいです
モラルハラスメントは暴力を伴わないことが多いことと、外部の人間の目に触れない密室性のあるところで行われるため他の人には気づかれにくいという性質があります。暴力を伴わないので、証拠が残りにくく。被害者が外部に訴えずらいのもそのせいです
モラルハラスメントを行う人物はとてもかしこく、証拠を一切残さないということが多いです。暴力を使うことなく、言葉や態度だけで被害者を追い詰めるため、周囲から見てもそれがモラルハラスメントだと分からないことが多いです
モラルハラスメントを受けて被害者に身体症状が表れたとしても、その因果関係を証明するのは難しく。また加害者側に「自己管理ができていない」「私の時代なら平気だった」と新たな攻撃材料を提供してしまうことになります
モラルハラスメントの加害者の多くは外に人に向けてはいい顔をしています。それは被害者というえじきを手元に確保しているからです。「まさかあの人が」というような人が加害者である事が多く、聖職といわれるような職業の人にも平気でモラハラをする人は存在します
モラルハラスメントの被害者は人の目があるときはモラルハラスメントを悟らせないように振舞います。対外的には仲の良い人のフリをして、仲間を装います。また、狡猾なため途中で誰かにばれそうになったらすぐにやめ、平気で平穏を装うことができます
モラルハラスメントの加害者は対外的に自分がいかに傷ついたかを被害者のフリをして周囲に見せ付けます。そのせいで、本当にモラルハラスメントの被害を受けている人が悪いかのように振る舞い、周囲の同情を誘い事実を歪曲させてしまうのです
モラルハラスメントの加害者は自分が被害者だという風に装うことが出来ます。「あの人に傷つかされた」「あの人がこんなことをした」と自分が加害者でもあるにも関らず、被害者のように振る舞い。また、本当の被害者に罪をなすりつけることすらあります
モラルハラスメントを行う人は親や教師、上司など立場が上の者から下のものに行われます。その場合は「教育」「しつけ」「しどう」「愛情」などの美名のもとに自分が行っている行為を正当化し。また、周囲の人間もそう思い込んでしまう傾向があります
モラルハラスメント加害者は被害者に対して、秘密を守るように強要します。モラルハラスメントの事実が回りにバレないように圧力をかけるのです。また、被害者の罪悪感や恥の感覚を巧妙に利用し、助けを求めることができないようにする傾向があります
モラルハラスメントの加害者は被害者に対して、圧力をかけて誰にもいえないようにします。その方法は卑劣で家族や会社のためであることをほのめかしたり、逆らうと会社の昇進に影響するといって、被害者自ら、誰にもいえないような状況に陥らせてしまうのです
モラルハラスメントの加害者はさまざまな方法をとって、その事実を正当化し、合理化します。冷たく、固い言葉で言い放つ言葉によって、他人をコントロールし。モラハラの被害者を他の人間から孤立化させたりすることが多々あります
モラルハラスメントの加害者は自分が行っていることをおかしいと感じません。むしろ、被害者に対して「自分を不愉快にさせる加害者だ」と決め付け。加害者になら何をしてもいいという理論で、平気で言葉の暴力を与えたりすることがあります
モラルハラスメントの加害者は常に自分がしていることが正しいと信じ込んでいます。自分の価値観にそわないことは悪であり。自分以外の考えは認められないという考えを持っています。そのため、自分がモラルハラスメントを行っているということを認めることはありません
モラルハラスメントの加害者は自分は正しい、自分は全て分かっていると思い込んでいます。自分の価値観が正しいと思っているため他人からの助言を拒否します。ときに加害者に対してのモラハラを「被害者を救っているのだ」と善意からやっていることもあります
モラルハラスメントの加害者は被害者に問題があると主張することがあります。モラハラ行為が被害者の問題として正当化される傾向があるのです。たとえるなら「俺を怒らせるお前が悪い!」と被害者に責任を押し付けるのです
モラルハラスメントの被害者に問題は一切なく。むしろ加害者側に問題がある事がモラルハラスメントの問題なのです。加害者側が責任を押し付け、気に食わないことがあれば「被害者が悪い」と周りに被害者が本当に悪いかのように振舞います
モラルハラスメントの加害者は自分の考えが正しいと信じています。自分の行っている行為が指導や教育だと思われているので、自分のモラルハラスメントをその職場でも正当化することができます。そのため、被害者が職場で孤立してしまい周囲から浮いてしまうことがあります
モラルハラスメントの加害者は自分にされる行為には敏感で自分の苦しさは強く訴えます。その割りに自分がすることには鈍感でモラルハラスメントをしているという認識が全くありません。感覚が麻痺しているため、被害者が泣いても自分が原因だと思わないのです
モラルハラスメントではその行為が見えにくく、その上加害者によってモラルハラスメントが合理化されてしまい、理不尽な行為をしても被害者が悪いと周囲に判断されてしまいます。そのため、逃げ場がなくなってしまい被害者がどんどんと悪いほうへと陥ってしまうのです
モラルハラスメントの加害者は被害者を貶めて、弱点をつき、弱みをほのめかすことで本来の問題点をぼかし、あてつけ。さらに他人を使って間接的に攻撃をします。そして、被害者を恐怖感を利用していつまでもコントロールをし続けます
モラルハラスメントの加害者は他の人のことを1人の人格として、対等に扱うことができません。被害者を「人」ではなく自分以外の“何か”と思っているため加害者にとって対等な関係にならないのです。そういった人は仕事ができるエリートに多い傾向があります
モラルハラスメントの加害者は被害者に対して「自分の意のままに操れるもの」という認識しかありません。他の人を自分の所有物とみなし、思い通りに扱おうとするのです。そして、自分の思い通りにならないと屈辱感を与えたりして自分の意のままに操ろうとします
モラルハラスメントの加害者の卑劣な攻撃方法のひとつに被害者を貶めるという行為があります。自分を高めるために、被害者の価値を貶めようとし。そのためには様々な嫌がらせや暴言などを吐いて被害者に精神的な攻撃を与えます
モラルハラスメントの加害者は相手の弱点をつき、愚か者よばわりし、それを周りの人間にも浸透させるのがとても上手です。周りの人間も自分がモラルハラスメントをしているとも気がつかず、加害者に先導されて被害者にモラルハラスメントをすることがあります
モラルハラスメントの加害者は被害者の問題点をしてきしているように見えますが、実は自分が気にくわないことを指摘しているだけの場合が多いです。仕事への注意などの場合はとくに被害者側に問題がないのにも関らずさも被害者が悪いかのように仕立て上げます
モラルハラスメントの加害者ははっきりとした言葉ではなく、雰囲気や態度によって「私はあなたを認めていない」というメッセージを被害者に与えます。その方法はとてもずるがしこく、周りの人からみたら何気ない行為で、被害者の人間にしか気がつかないような方法でモラハラをします
モラルハラスメントの加害者はとてもずるがしこく、傍目から見たらそれがモラハラ行為だとは気づかないことがことが多いです。たとえば被害者にだけ分かるように深いため息や、軽蔑したまなざし、固い表情や言い方などで、確実に相手を傷つけていくのです
被害者が悪くないのにも関らず、モラルハラスメントの加害者はどこがどんな風に悪いと思っているかをはっきりと伝えることはありません。本当に問題点があれば解決することができるのですが、ウソの問題点なので永遠に解決することが出来ずモラハラの理由にしてしまいます
モラルハラスメントの被害者は直接的なコミュニケーションを加害者によって拒まれてしまうことで、職場から孤立しやすくなってしまいます。なので、周囲の人に間違った情報を加害者が与えやすく、さらに孤立させることができるのです
モラルハラスメントの加害者は自分は直接被害者に攻撃を仕掛けず、周りの人を操って攻撃させることがあります。操られている人間も自分がモラルハラスメントをしていると全く気が付かない内に利用されていることがあります
モラルハラスメントの加害者は自分が正しいと思っているので、それを分からせるのが当然だと考えています。普通の人ならば踏み込まないような領域に土足で踏み込み、威圧して被害者を萎縮させて言うことを聞かせようとします
モラルハラスメントは暴力ではなく言葉や態度による精神的なものなので、特別な道具が要らずいつでもどこでもすることが出来ます。そして、そのせいでモラルハラスメントが長期化しやすく。被害者が逃げにくくなるようにする傾向があります
モラルハラスメントをする加害者は精神的にも、体力的にもダメージが全くありません。そのため加害者はいくらでも長時間、疲れることなくモラルハラスメントをすることが出え来ます。しかも、その行為によって被害者の見た目に変化がでないので気が済むまで繰り返す傾向があります
ハラスメントの加害者は誰かを攻撃し続けなければ、自分を保つことができません。なので、モラルハラスメント加害者は被害者を常に側に置こうとします。また、モラハラを加害者は第三者を攻撃することで見せしめをします
モラルハラスメントの加害者は誰かを攻撃することで見せしめにします。そうすることで、身近なジンぶちに恐怖感や無力感を味あわせ、自分にはむかう人間を作らないようにします。また、逃げた人のことをひどくなじるためその恐怖を他の人に与えます
モラルハラスメントの加害者の中には常に自分の勝ちか負けかを意識している人がいます。こういうタイプはエリートと呼ばれるタイプに多いのですが勝つことに対して、異常なほどにこだわり敵だと認識したら徹底的に打ちのめすようなことをします
モラルハラスメントをする加害者の仲には勝ち負けにこだわるタイプが多くいます。もしも、味方にしておきたい人が自分より上だった場合はこびへつらいますが、自分よりも能力がないと判断した場合は平気でモラハラ行為をする傾向があります
モラルハラスメントの加害者はほんの少しの批判や拒絶を自分に対する反抗や、敵意の表れだと受け取り。その相手を攻撃する傾向があります。そのため、周囲を巻き込みその人物を排除しようとして、さらに激しいモラハラを行うことがあります
モラルハラスメントの加害者は他者を攻撃することによって、自分の身を守ろうとします。そのため、自分に害があると思った相手には徹底的に攻撃し、排除しようとします。そのため、一度ターゲットになってしまうと退職するまでその攻撃が鳴くならいことも少なくありません
モラルハラスメントの加害者にとって言葉武器と同じです。モラルハラスメントをする相手にとって嫌なことを重点的に言ってきます。それは被害者がコンプレックスに思っていることだったり、家庭のことだったりを無慈悲に攻撃してくるのです
モラルハラスメントの被害者は周囲の人間に無視されるという状況になりやすいです。それは加害者が先導して、周りの人間に話しかけないように根回しをしたり、他の人間を知らず知らずのうちに協力させているからです
モラルハラスメントの加害者は情緒不安定で不安が強く他人に攻撃的菜ことが多いです。しかも、そのときの気分によって感情的に受け入れられなければ、ターゲットは誰でもよくモラルハラスメントを行う傾向があります
モラルハラスメントの加害者には気分にムラがあり、言動に一貫性がないタイプがいます。モラルハラスメントの以外者は予測が付かない加害者のルールに振り回されてしまい、心を磨耗してしまうのです。あるときは「謝れ」といったり「謝るな」といったり言っていることがバラバラなのです
言っていることがコロコロ変わるタイプの上司はモラルハラスメントをしている可能性が高いです。たとえば「自主的に動け」と命令したと思えば、次の瞬間には「俺の言うことを聞け!」と理不尽なことを言ったりと言動に一貫性がないのが特徴です
一貫性がないことをいうモラルハラスメントの加害者の場合は言っていることがコロコロと変わります。しかし、一つだけ変わらないことは敵とみなしたものにはどんなことをしても、攻撃するということです。そして、その言動も被害者を攻撃するためにあるのです
モラルハラスメントの加害者は権力や地位が強く、力が強いものに対してへつらう変わりに、弱い人に対しては支配的、威圧的な態度をとります。自分の勝ちを安定させるために権力に固執し、その権力に対して周りを支配することだけが重要なのです
モラルハラスメント加害者は自分の権力に対して敏感です。自分を守るためにも高い地位の権力を求めて、ライバルをさまざまな方法で蹴落とそうとします。そして、その手段としてモラルハラスメントをライバルに対して行うのです
モラルハラスメントの加害者は相手を支配したいという願望が強いです。相手を支配することにより、自分が有能感を感じることができるし。また、支配をしておけば被害者は逃げることができなくなるため、そのために相手をイタズラに支配しようとするのです
モラルハラスメントの加害者がどうして被害者を手の届く範囲においておきたいかと言うと。それは支配することで相手を逃げられなくする目的と。ストレス解消のためのうっぷん晴らしの対象を常に確保して置きたいからです
モラルハラスメントの加害者は自分が誰よりも特別な存在なのだと信じて疑いません。たとえ、仕事で業績をあげていなかったとしても自分には特別な才能があると思い込み。そして、自分が特別な存在だから他人をせめても問題がないと思っているのです
モラルハラスメントの加害者は自分を偉く見せるためのすべに長けています。それは他人を支配するために相手よりも優位な地位にいることが重要なことを知っていることと。相手を支配することでモラハラがしやすいことを知っているからです
モラルハラスメントの加害者は一見すると魅力的に見えることが多いです。それは自分を装うのが上手で、自分が特別な人間だと想像させるような振る舞いをするからです。そして、自分の魅力で他者を操りターゲットにモラハラを行うのです
モラルハラスメントの加害者はおきたことの責任を全て、他人のせいにしてしまいます。そして、他人の欠点を暴きたて、自分が犯した失敗を他人に押し付けて責任から逃げるのです。その方法があまりにも巧みなため、周りの人も加害者側に責任がないと思ってしまう傾向があるのです
モラルハラスメントの加害者は自分を守るために他者に攻撃的になります。現実を否認し、周りの人間の苦しみや、自分の中にある苦しみさえも認めません。自分の内面の葛藤すら、人のせいにして、自分の身を守ろうとします
モラルハラスメントの加害者は相手の感情を理解することができないとされています。被害者が喜んでいるのを見て不愉快に思い。自分の行為によって被害者が苦しんでいる様子を見て、楽しむような歪んだ精神構造をしている傾向があります
モラルハラスメントの加害者は相手の気持ちが全く分かりません。誰かが苦しんでいても、感情を理解できず、同情すらできません。また、加害者自体が苦しみや悲しみといった可能を持たないようであり、あるのは他者に対する怒りだけなのです
モラルハラスメントの加害者は自分が持っていないもにの対して激しい嫉妬を抱きます。特に才能や、地位といったものを持っている人や幸せに見える人には羨望を抱き、それらを自分のものにしなければ気がすまないため、執拗にモラハラを繰り返します
モラルハラスメントの加害者は他者への羨望や憎しみが強くあります。しかし、不思議なことに自分が相手に対してうらやましいと思っているものを努力して手に入れようとはしません。むしろ、相手から奪いとることが重要だと考えているのです
モラルハラスメントの加害者にとって周りの人はいつも自分をおとしめて、攻撃しようとする人間だという風に感じています。なので、先手必勝といわんばかりに攻撃されるまえに。自分から他者を攻撃して、支配し常に勝っておかないと気がすまないのです
モラルハラスメント加害者にとって周囲の人間は全て敵だと思っています。なので、自分の身を守るために、相手に対して先に攻撃を仕掛けます。加害者にとって人生とは悪意に満ちたとても困難であるものという認識であり、それを軽減させるために他者を攻撃するのです
モラルハラスメントをする加害者がこのようになった原因ははっきりと分かってはいませんが、加害者の過去の経験が強いといわれています。なんらかの形で虐待を学習してしまい、その結果他者に対してのコミュニケーションが全てモラハラになってしまうというタイプも少なくありません
現在の社会は権力を持つものがその力によって弱いものを支配する傾向があります。そのため、会社内だけでなく、学校や、家庭内でモラルハラスメントがおきてしまうのです。被害者になる人は権力が弱く、立場上弱い人が多いです
モラルハラスメントは権力差が無くても起こります。加害者は相手を貶めるために力を奪い、力の差をつけるために支配、被支配の関係をつくりだすのです。そして、自分の都合の良いルールを作りそれを被支配者側におしつけて自分の思うがままにするのです
モラルハラスメントの多くは密室の中で起こりやすいです。しかも密室の中で行われているので、逃げることができず被害がどんどんと拡大してしまいます。そして、加害者はその状況をわざと選び継続してモラハラを繰り返すのです
モラルハラスメントの加害者はその対象や状況を慎重に選んでいます。相手の調子によって、どれくらいのモラハラをすればいいのかを判断し、ギリギリのラインでどれくらい攻撃するか決めています。おそいて、攻撃の程度も変えるためやられるほうとしては非常にやっかいです
モラルハラスメントの加害者が被害者に攻撃するときはほんの小さなトラブルから始まります。被害者の些細なミスを諸悪の根源のように扱い、執拗に何度も攻撃し。被害者の精神に大きなキズを与えます。そして、それをキッカケにどんどんとモラハラがエスカレートするのです
モラルハラスメントの被害者はその責任が無いにも関らず、加害者の心無い攻撃によって心を深く傷つけてしまうことがあります。しかも、どうでもいいようなことをさも重大なことのように振る舞い、そして、その原因が被害者にあるように誘導するのです
モラルハラスメントをすることが目的の加害者はたとえ、被害者に落ち度がなくとても些細なことからモラルハラスメントをする理由を見つけます。ときには加害者側が責任を取らなければいけないようなことでも、被害者に責任を押し付けて攻撃するのです
モラルハラスメントの加害者がいったん攻撃を始めると怒りに火がついたように爆発し。加害者はもちろん、他の誰も止められないような状況になります。そして、それだけでは飽き足らずどんどんとその攻撃がエスカレートしてしまうのです
モラルハラスメントの被害者は加害者から「私に何も隠すことはできない」という態度を取られてしまいます。そして、それは加害者が被害者を思いやっているのだという雰囲気を作り上げ、どんどんと支配されることに違和感を感じなくなってしまうのです
モラルハラスメントの被害者は加害者に対して「お前に責任がある」「あなたが悪い」と責められると被害者の側が罪悪感を感じてしまいます。たとえ暴力を振るわれたとしても全て自分が悪いと思ってしまい、自分を責めてしまいます
モラルハラスメントの加害者は被害者に対して支配的に振舞います。「あなたのためだから、あの人と付きあうな」と善人のフリをして、外部の人との付き合うことに対する罪悪感すら感じさせることがあります。そして、そうやって被害者を自分の思うとおりに操るのです
モラルハラスメントの被害者は次に何がされるのか、わからず常にビクビクとしなければいけません。しかも、同じことをしていても加害者の気分によって違う意味に取られてしまうので対処の仕方がなく、どんどんと精神的に傷ついてしまいます
モラルハラスメントの被害者は加害者の感情に振り回され、支配され、反抗が出来なくなってしまいます。加害者の影を感じると緊張して、自分の考えや思いを正直に言うことができなくなってしまいます。たとえ、嫌なことをされたとしても「NO」といえず黙って責められ続けてしまうのです
モラルハラスメントの被害者は自分の言動が問題になって、攻撃されると錯覚してしまい、常に緊張の中での生活を強いられてしまいます。そして、そのせいで精神疾患やうつ病を発症してしまう原因になってしまうことがあります
モラルハラスメントの被害者は自分の感覚や、価値観ではなく加害者がどう思うかを自分の言動の基準にしてしまいます。ですので、被害者にとって加害者から認められるかどうかが価値観になってしまい、精神的に歪んでしまうのです
モラルハラスメントの被害者はストレスを感じ、胃が痛くなったり。肩や背中、腰などが痛くなって眠れなくなってしまったります。原因は加害者からの執拗ストレスのせいであり、薬を飲んでも改善されることはありません
モラルハラスメントの被害者は加害者から小さなことまで全て管理され、支配されてしまいます。さらにたちの悪いことに、いくら加害者の言うとおりに完璧にしても評価されず。何をやっても攻撃対象になってしまい傷つけられてしまうのです
モラルハラスメントといえば働いている職場内で起こるものだと思われがちですが、実際には家庭内で起こる場合も多くあります。夫婦間だけでなく、両親との関係でもモラルハラスメントが発生します。とくに日本では表面化しづらいため問題になりにくいとされています
家庭内のモラルハラスメントは大きく分けて3パターンあります。まずは夫婦間でのモラルハラスメントです。DVにも直結する問題でもあります。また、次に多いのが嫁姑間のモラルハラスメントです。嫁いびりも度が過ぎるとモラハラになります。そして、最後は親子間のモラハラです
家庭内のモラルハラスメントは目立ちにくいですが、その被害は甚大で最悪の場合は被害者が自殺してしまうことがあります。目立ちにくい原因には家族間という閉ざされた閉鎖空間で行われることだからと言われています
夫婦間のモラルハラスメントはとても分かりにくいとされています。モラルハラスメントをする側は外面がよく周囲から全く気づかれていないことが多いです。モラハラをする男性が多いのですが、そのほとんどが良い旦那さんと思われていることが多いからです
家庭内でのモラルハラスメントはなかなか外からは分かりません。外から見れば中むつまじい夫婦に見えるのにも関らず、一度家に帰って二人っきりになってしまうと外での態度が一変して、まるで別人のように豹変するという旦那さんが少なくないからです
夫婦間のモラハラが激しくなる原因に閉鎖的空間であるということがいえます。家庭内でのモラハラを誰かに相談しても「あなたがちゃんとしていないから」と逆に攻められてしまうこともあり、誰にも相談することができずに苦しんでいる人が多いそうです
むかしから嫁姑間の中が悪いことは多いですが、最近ではモラルハラスメントとして認知されるようになっています。些細なミスを何度も指摘したり、厭味を延々と言ったりとする行為は嫁いびりではなく立派なモラルハラスメントなのです
嫁と姑というと昔から仲が悪いものだと認知されています。もちろん、モラハラの被害者はお嫁さんのほうでひとむかし前なら嫁いびりですんでいたかもしれませんが、今は家庭内のモラルハラスメントとして大きな問題になっています
家庭内のモラルハラスメントには親子間のモラルハラスメントも含まれます。親子間のモラルハラスメントは「しつけ」という体を取っていますが、子どもの人権を無視し、支配的な言動や行き過ぎた指図をすることだといわれています
親から子へのしつけもどが過ぎるとモラルハラスメントになってしまいます。親が子どもに対して、教育をしているつもりでも恫喝をしたり。暴力を振るったりする行為は子どもが相手だとしてもモラルハラスメントに当たります
親から子へのモラルハラスメントは子どもの年齢を問いません。子どもが成人してもなお、モラルハラスメントが行われる場合があります。親からしてみれば子どもの至らないところを指導しているつもりが子どもは心に深い傷を受けている場合があります
家庭内のモラルハラスメントは結婚した後に起こる場合があります。最初のころは夫がとても優しく、気のつく相手で小さな注意から始まるのですが関係が深まるにつれ、その注意が慢性的になり。そして、その行動がエスカレートすることがあげられます
家庭内でのモラルハラスメントはたいへんなストレスを被害者に与えているのにも関らず、モラルハラスメントをしている側はその行為に気づいていないパターンが多いのと家族間と言う閉鎖された場所ということで周囲に気づかれにくいのです
家庭内でのいざこざを他人には知られたくないという人は多いようです。自分が「純粋なモラルハラスメント」の被害者がどうかを他人と比べることが難しいため、たいへんな思いをしているのにも関らず自分が被害者だと気がついていない人が多くいます
家庭内のモラルハラスメントは家庭内という閉ざされた空間であるからかなかなか抜け出しにくいという考えを持つ人が多くいます。家族と一緒にカウンセリングを受けることでモラルハラスメントが改善されることがあるので「もしかして」と言う方はカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?
家庭内のモラルハラスメント。特に夫婦間のモラルハラスメントは夫から妻へ行われる場合がほとんどです。特に専業主婦の場合は家庭以外に居場所がないことが多く、つらい自分の気分を誰にも言えず悪化してしまうことがあります
夫婦間のモラルハラスメントにおいて夫から妻への被害が一番多いとされていますが、最近では妻から夫へのモラルハラスメントも増えてきています。妻から夫へのモラハラの場合は男性側のほうが「情けない」という理由で誰にもいえないことが多いそうです
家庭内のモラルハラスメントと家庭内暴力は似ています。家庭内暴力も周囲に気づかれることなく、静かに進行していくように。モラハラも周囲に気づかれることなく進みます。夫婦での体面があるため、被害者側が誰にも言えずにエスカレートしてしまう点でも良く似ています
家族間のモラルハラスメントはDVのように暴力行為だけでなく言葉の暴力もあります。ちょっとしたことで乱暴な言葉遣いをしたり、自分が気に入らないと怒鳴りだすなどの行為が慢性的に続くことが家族間のモラルハラスメントに良く見られます
家族間のモラルハラスメントは職場のように「帰宅すれば終わり」というわけでなく、ずっと続くので逃げ場がありません。そういったモラハラで受けるストレスのせいで精神的に疲れてしまい、不眠症になってしまうということがあります
家族間でのモラルハラスメントを解決するためには被害者側がカウンセリングを受けるだけでなく、家族全体でカウンセラーにカウンセリングを受ける必要があります。なぜなら、モラハラをしている側が知らず知らずのうちにモラハラを行っていることが多いからです
家庭内のモラルハラスメントはその線引きがとても難しいです。「もしかしたら私の思い込みかも」と思い込んでしまう被害者が多いのですが、モラハラと思われる行為が3ヶ月以上も続く場合はモラハラだと判断していいでしょう
モラルハラスメントの被害者は「わたしの思い込みではないだろうか?」という思い込みが強く、なかなか周囲に相談し辛いということがあります。特に家庭で行われるモラハラの場合は実の親に相談しても理解されないことが多いとされています
家庭内のモラルハラスメント。特に親から子に行われるモラルハラスメントは周囲にも気づかれにくいことがあります。被害者である子どものほうも「自分が悪いから厳しくしつけられるんだ」と思い込んでしまい誰にも相談できないということで悪化することがあります
「これは私の思い込みかも」「神経が過敏になって気にしすぎているのかも」と思っている人は多いことでしょう。でも、そういう風に思うということはモラルハラスメントの被害にあっている可能性が高いので早急にカウンセリングを受けることをオススメします
家庭内のモラルハラスメントは逃げ場がないため、どんどんとモラルハラスメントがエスカレートする傾向があります。しかも、誰にも相談することが出来にくいため「離婚」という選択ができずうつ病になってしまったり、最悪の場合は自殺してしまうこともあります
ほとんどの親子間のモラルハラスメントが「親から子」へというパターンが多いのですが「子から親」へというパターンが最近増えてきているそうです。これは高齢化により親を介護する子どもが親に対してモラハラを行ってしまうからだといわれています
親子関係のモラルハラスメントは親が子どもを完全に支配しようとしてしまうことで起こるパターンが多いです。子どもが成長したのにも関らず子離れできない親が自分の意思のままにコントロールしようとすることが原因だと考えられています
親が子どもに対して教育的指導をすることは「しつけ」としてあたりまえなことですが。その行動が子どもの意思を無視した支配的なものであり、親が指図したことを完璧に守らないといけないなどの場合はモラハラの疑いが高いです
親子関係のモラルハラスメントはエスカレートしやすいと言われています。それは絶対に逃げることが出来ず。対象が親であるから避けたりすることができないことが原因です。また、子どものほうも「自分が悪いんだ」と思い込みやすいからと言う理由もあります
家族間でのモラハラは今後増えてくると言われています。それは年齢を重ねるごとに親のほうが、ガンコになり自分の意見を曲げることがなく、子どもに対して独善的な態度を取りやすくなることから子どもへのモラハラが増えると危惧されています
嫁姑間のモラルハラスメントはとても多いです。昔から「嫁いびり」として姑のほうから厳しくしつけをするといわれていますが、最近では立場が逆転して嫁から姑へ料理や家事を一切しないというモラルハラスメントも増えてきているそうです
昔から日本には「嫁いびり」という言葉があるとおり、姑さんからお嫁さんへのモラルハラスメントは黙認されていました。一つ一つの行動を指図したり、料理の味付けに文句を言ったり。しかし、行き過ぎた「嫁いびり」は立派なモラルハラスメントです
なぜモラルハラスメントはは辛いのか。些細な言動に苦しんでしまうことは「自分が弱いから」と思い込んでいる人が少なくありません。科学的には脳内の警報装置が誤作動を起こしてしまい、軽いパニックになっているという状況が考えられます
昔かたぎの人ならば「心が弱い!」といって済ませていたことが今ではモラルハラスメントとして見直されています。なんども繰り返し、苦痛を与えられることで条件反射として脳が過剰に反応してしまうことが原因だとされています
自己愛が強い親の場合はモラハラをしやすいとされています。自分の子どもとはいえ、その気持ちを理解をしようと思わないし、実際に理解ができないのが特徴とされています。また、自分の言うことを聞かない場合は攻撃的になりやすい傾向があります
「自分が偉くて重要人物だと思っている」「成功や権力への願望が強い」「自分が特別な存在だと疑わない」という自己愛が強い人はモラルハラスメントを行いやすいといわれています。そういった人は相手を受け入れず、厳しく否定するためモラハラの加害者になりやすいようです
自己愛が強い人間はモラルハラスメントをしやすいと言われています。すべてが自分のおかげだと思っていたり、人間関係の中で相手を利用することしか考えていない人間は自分のストレスを発散させるために平気で人を傷つけるとされています
自己愛が強すぎる親を持つ人はモラルハラスメントを受けやすいです。自己愛が強すぎる人の場合はストレスが強まると危険から身を守るという本能から他人に対して厳しくあたります。また、人の気持ちを理解し辛いという特徴があり、自分がやっている行為に気が付かない場合が多いです
「昔はいい夫だったのに……」という人が過剰なストレスに去らされてしまい、モラルハラスメントの加害者になってしまうことがあります。こういう人には自己愛が強いパターンが多いのですが、自分の身を守るために他者をストレスのはけ口にしてしまうのが原因だと考えられています
自己愛が強すぎる人もモラルハラスメントをしやすいと言われていますが、左脳鈍感型といわれる人もモラルハラスメントをしやすいです。このタイプの人は左脳が支配的で物事を理屈で捉えやすいのですが、他人への気持ちにどんかんでモラハラをしやすいのです
モラルハラスメントを行う人には左脳鈍感型といわれるタイプの人がいます。考え方が一貫しており、合理性などに重きを置くために他人の気持ちにどんかなため、自分が行っている行為がモラルハラスメントだという自覚が全くないことが分かっています
左脳鈍感型と呼ばれる人は他者の気持ちよりも自分お考えを優先する傾向があるため他人の気持ちに対して、とても鈍感で平気でモラルハラスメント行為をしてしまいます。左脳的に物事を考え、他者を支配しようという考えが強いことから左脳鈍感型といわれています
イライラすると人やものにあたる人って結構いますよね。そういう人はモラルハラスメントを知らず知らずのうちにやってしまいがちです。そのときの気分によって行動が左右されるため、関係が一定しておらず機嫌がいいときはモラハラをしないものも、悪いときはきついモラハラをすることが多いです
それまでずっといい人だったのに、家庭内で問題が起きたり、新しい仕事に任されたりするようになってストレスがかかることによりモラルハラスメントをしてしまうという人がいます。「良い人だったのに…」と言われる人はこの事柄が当てはまることが多いとされています
親子間でも些細なことで1時間も2時間も顔を真っ赤にしてお説教するような親がいます。もしも、これが毎日のように行われるのであれば立派なモラルハラスメントにあたります。親のほうは「しつけ」と思ってやっている場合もあり、自分の行為に無自覚なことが多いです
精神的に追い詰められている人の場合に他人に対してストレス発散のためにモラルハラスメントを行ってしまう人がいます。本来はいい人であるのにも関らず、多大なストレスの性で攻撃性が強くなってしまいモラルハラスメントを起こしてしまうのです
夫婦間でモラルハラスメントを行っている人側に強く訴えれば改善されることがあります。配偶者の側が離婚や別居を突きつけると自分から変わってくれる人も少なくありません。最悪の事態を迎える前に家族でしっかりと話し合うことで改善されるケースが多くあります
夫婦間のモラルハラスメントの行く末は離婚というパターンが多いです。しかし、その前にモラハラを行っている側が改心するということもあります。モラハラの原因が強いストレスだったりする場合があるので、家族が協力することで解決することも少なくありません

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
(最終更新:2017年9月13日)コメント0件

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top