みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

あなたの成長を甘い言葉で阻害するモラルハラスメントの加害者

巧妙ではない、よくある一般的なモラハラ、夫からの暴言や、精神的DVで悩んでいる方は、以下のプログラムの詳細をご覧下さい。
モラハラ実践対策プログラムの詳細
あなたの成長を甘い言葉で阻害するモラルハラスメントの加害者

まず自分を救う。そうでなければ人は救えない」なんて一見聞こえが良いことを周囲に吹聴するモラルハラスメントの加害者もいますが、冷静に考えてみて下さい。「人は誰もが自分を完全に救えていない」ものです。だからこそ「成長」しながら「肩を寄せ合い生きていく」のです。

こういった前提があるのに「まず自分を救う。そうでなければ人は救えない」なんて一見聞こえが良いことを周囲に吹聴するモラルハラスメントの加害者は、自分が誰かを救わねばいけないと思い込んで、救世主妄想を持っているメサイアコンプレックスを抱えたモラルハラスメントの加害者かもしれません。

もし、救世主妄想を持っている加害者な場合は、離れることをおすすめします。何故なら、こういった妄想を持っている者は「成長しなくたって大丈夫だ」と一見良いことを言って成長を妨げて支配下に置こうとすることがあります。この罠にかかると後で騙されたことに気づき、ショックを受けます。

「成長しなくてもいいよ」「楽しければそれで良し」「適当でいいよ」とその場で受け入れられやすい甘い言葉で教えて、被害者の成長を阻害するのがメサイアコンプレックスの持ち主です。被害者が気づいたころには手遅れです。無駄な時間を過ごしたことに深くショックを受けます。

メサイアコンプレックスの持ち主は、自らが救世主であるべき妄想を持っているので、周囲を成長させないようにして、問題が作り出されやすいようにしてから、それを助けて恩を売りつけていきます。「親切の押し売り」です。そういった加害者は成長をさせないように誘導する。

メサイアコンプレックスの持ち主は、自己愛性人格障害の人を悪用し、被害者に攻撃するように仕向けて、被害者がメサイアコンプレックスの持ち主に助けを求めてくるように無意識で誘導することがあります。

メサイアコンプレックスとは、実は自分が救われたいが為に人を救おうとしたり人のために何かをしようとするコンプレックスのことです。 | complex-plus

メサイアコンプレックスの人が克服する為に周囲が出来ること!

メサイアコンプレックスとは、人を助けずにはいられないような共依存的心理のことです。人を救う立場や、人に教える立場の方に多い場合があります。

 

 

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top