メサイアコンプレックスを抱えている者に近寄ると危険な理由の1つ

メサイアコンプレックスを抱えている者に近寄ると危険な理由の1つ

魔の三角関係

メサイアコンプレックスを抱えている者に近寄ると危険な理由の1つは、「悪人」や「悪魔扱い」されるから。彼らは深刻な劣等コンプレックスなどから、人を救おうとする。つまり救世主妄想がある。そのストーリーには「悲劇のヒロイン」と「悪役」が必要だ。悪役なしでは救世主妄想が成り立たない。

この「魔の三角関係」は、心理的にとても強い働きをしていますので、関係が深くなるほど、真実に気づきにくく、抜け出しにくくなります。

無意識のうちに「悪役」を創っていくこともある

親切の押し売りをするメサイアコンプレックスを抱えている者は悪役を必要としている。だから、無意識の為せる業で「悪役」を「マッチポンプ」で作り上げてしまうこともある(でっち上げ)。彼らが常に悪を断罪しているのは「共依存」によるもの。兎に角、逃げることが大切。

この、魔の三角海域「バミューダ・トライアングル」の中で船や飛行機、乗組員だけが消えてしまうということが起こっていると言われています。

これが、人間関係の中でも起こっているということ。

1、「悪人
2、「悲劇のヒロイン
3、「救世主

不可解なこと、不可解な死、答えの出せないこと、冤罪、などが起こりやすい。

引用元:自己愛性人格障害と本当のモラルハラスメント加害者|幸せの種「気づき」

 

 

モラハラ加害者が感情的になって攻撃的になったときにこうすればいい!!
モラハラ夫や彼氏へのトップクラスの対策・対処法!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)