「洗脳」=「悪いもの」ではありません。例えば、少年院で行われる矯正教育も洗脳の1つです(強制力がある)。外部からの情報を遮断して脳を洗います。これは犯罪をしないようにするので「良い洗脳」です。「洗脳」=「悪いもの」ではなく、その「目的」が【重要】なのです。

「洗脳」=「悪いもの」ではありません。例えば、少年院で行われる矯正教育も洗脳の1つです(強制力がある)。外部からの情報を遮断して脳を洗います。これは犯罪をしないようにするので「良い洗脳」です。「洗脳」=「悪いもの」ではなく、その「目的」が【重要】なのです。

非行少年少女は、非常に洗脳やマインドコントロールをされやすいのです。これは、少年院教官も過去に言っています。下記記事を読んでみて下さい。
「少年は洗脳しやすい」少年院教官がツイート 処分検討:朝日新聞デジタル(https://asahi.com/articles/ASM3N43V3M3NUTIL01F.html)

洗脳されやすい少年少女、一昔前は「暴走族」になる子が多く、この「暴走族」は「暴力団」が「恐怖洗脳」をして、将来の構成員として「洗脳教育」をしていました。東京なら「キチガイになれ」「刺せ」など。神奈川なら「刺せ」「金属バットで頭をひっぱたけ」と…。入る前から洗脳教育していました。

それで、色々と怖い現場を目の当たりにしているうちに、たっぷりと「恐怖」が刻まれていき、洗脳され、恐怖への同一化という現象が起こり、染まっていきます。それほどの強力な洗脳が、少年院で一部の人間だけ、少し解けるのです。暴力団の洗脳に、少年院の洗脳で対抗するのですが、一時しのぎです。

少年院の洗脳よりも、暴力団の洗脳のほうが「上」ですので、少年院の洗脳は犯罪傾向が進んでいない者には効きますけど、犯罪傾向が進んでいる暴力団の洗脳を受けている少年には全く効きません。こういった少年は、ただ少年院の中で「進級のために更生のフリをする」だけです。

今は、暴力団が抑え込まれていて、半グレが力をつけてきて、人によっては「暴力団よりも半グレのほうが怖い」などと言っていて、困っている人間が増えているようです。つまり、今は「暴力団からの洗脳」が「半グレからの洗脳」に変わり、半グレが心理学などの知識を付け、恐怖洗脳をしていく時代です。

半グレが「恐怖洗脳」をするということは、半グレに媚びている者たちが、影響をたっぷりと受けます。影響を受けた者は恐怖に同一化しているので、本当の自分を生きれません。ですから当然、心の中に色々と溜まり、毒となり、それがあらゆる形で表れてきます。虐待等。

ですので、恐怖支配、恐怖洗脳からは、離れましょう! 離れて、健全で、穏やかで、優しさ、温かさ、喜び、幸せ、楽しさ、そういった場所で、自分らしく生きても良いのです。恐怖支配は、必ず「餌」を使いますから、餌を欲しなければ、基本、釣り上げられることはありません。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

「洗脳」=「悪いもの」ではありません。例えば、少年院で行われる矯正教育も洗脳の1つです(強制力がある)。外部からの情報を遮断して脳を洗います。これは犯罪をしないようにするので「良い洗脳」です。「洗脳」=「悪いもの」ではなく、その「目的」が【重要】なのです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
「洗脳」=「悪いもの」ではありません。例えば、少年院で行われる矯正教育も洗脳の1つです(強制力がある)。外部からの情報を遮断して脳を洗います。これは犯罪をしないようにするので「良い洗脳」です。「洗脳」=「悪いもの」ではなく、その「目的」が【重要】なのです。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)