モラルハラスメントの対策

モラルハラスメントとは、言葉や態度や身振りや文書などで働く人の人格や尊厳を傷つけて職場を辞めざるように追い込んだり職場の雰囲気を悪くしたりすることとフランスの精神科医は定義しています。
モラルハラスメントは、陰湿でまわりに気づかれにくいのが特徴です。
ですので、助けてもらえず自分が悪いと思い込んでしまいます。
しかし、モラルハラスメントは加害者が悪いので自分を責めないようにしましょう。
モラルハラスメントの対策はいろいろあります。
モラルハラスメントの加害者は、ターゲットを探しています。
ですので、ターゲットにならないようにするのです。
具体的には相手の目を見ることです。
モラルハラスメントをされている人は、無意識に下を向いて相手と目を合わせないようにしているのです。
モラルハラスメントの加害者は自分の弱さや不安を相手に気づかれないようにします。
ですので、目を見られるだけでもモラルハラスメントをやりにくくなるのです。
また、モラルハラスメントをする人は、自己主張ができない人や人の言いなりになる人をターゲットにしています。
ですので、嫌なことは嫌と言ったり、自分勝手な要求は断ったりします。
自分の言うことは嫌と言わないし断らないと思われるとターゲットになりやすいということです。
すでにモラルハラスメントをされている場合は、相手から逃げるのが一番良いです。
つまり、相手との縁を切るようにするのです。
しかし、逃げるのが無理な場合もあります。
そんなときは、相手と関わる時間をなるべく短くします。
仕事以外の話をしないようにします。
自分の良いことを話すと嫉妬されますし、悪いことを話すとまわりに言いふらされたりします。
悪意のある発言には微笑みながらユーモアのある答えで受け流す。
言いがかりをつけられても反論や弁解をしないで感情を動かさず顔に出さないようにする。
何かを質問された場合は、どんな答えでも否定されるので質問で返すようにする。
モラルハラスメントをする人に個人情報を漏らさないように注意する。
弱味を握られるとそこを攻撃される危険性があるからです。
意見を言わないといけない場合には、自分の意見と言わずに本で読んだとか人から聞いたとか伝聞調にする。
モラルハラスメントをする相手が上司の場合は、おだてたり誉めたかりあなたのおかげですともちあげる。
自分のことを認めてくれる相手にはモラルハラスメントをやめる可能性があります。
しかし、モラルハラスメントをする相手が同僚や友人の場合は、逆に調子にのったりひどくなることもあります。
支配が目的のモラルハラスメントの場合は、相手に嫌われたくないという心理が働くので、無視したり冷たくすると機嫌をとるために一時的に攻撃をやめる場合があります。
恋人や夫婦の関係で多い現象です。
モラルハラスメントをしている人は、反撃に弱いので睨んだり逆ギレをするとターゲットから外れることができます。
しかし、周囲にあの人はおかしいと被害者のふりをしたりします。
ですので、まわりに協力者を作ってから行動をおこすようにします。
モラルハラスメントをする人は、周囲や自分より上の人かららの評価に弱いので協力をしてもらいましょう。

「書くこと」のカタルシス効果はすごかった
サヨナラ・モンスターの詳細はこちら

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

モラルハラスメントの対策
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
モラルハラスメントの対策

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?