アダルトチルドレンの方が病院行くという選択肢以外にもこのような選択肢が。自分のことはしっかりと自分で知ることが大切です。

アダルトチルドレンの方が病院行くという選択肢以外にもこのような選択肢が。自分のことはしっかりと自分で知ることが大切です。

アダルトチルドレンと言う言葉が有名になり「私(僕)は、アダルトチルドレンだ。」と言う方が増えてきました。今まで見えなかった心理的な虐待なども表面化してくる(心理的な虐待を減らすことに繋がるので、個人的にはとても良いことだと思います。

しかし、未だに「アダルトチルドレン」=「大人になりきれない子供」という「勘違い」をしている人もいます。

アダルトチルドレンとは「機能不全家族の環境で育った大人達(ACOD:Adult Children Of Dysfunctional Families)」という定義であり、病気ではありません。まして、「大人になりきれない子供」なんていう言い方も間違っています。

ですが、機能不全家族の環境で育った価値観を持って生きることで「周囲に馴染めない」とか「自分は何か人と違う気がする」など、心に違和感を感じ「生きづらさ」を抱えているため、病気なのではないかと不安になってしまう人もいるのです。

自分はアダルトチルドレンであると自覚をする前に、心が苦しいわけですから、病院に行ってみようと考えるのだと思いますが、では心療内科と精神科どちらを受診すればいいのだろうか?と新たな悩みがでてきます。

アダルトチルドレンは病気ではありませんが、生きづらさを抱えているために軽度の鬱病や何かしらの恐怖症や神経症などの心の病気がある可能性もあることから、心療内科よりも心の病気を対象とした専門機関である精神科を受診することがよいのではないかと思います。

だけどアダルトチルドレンの人はHSPの可能性もあります。そしてHSPを発達障害と誤診してしまう医者もいる(日本はアメリカと比べ10年は遅れていると言われている)ので、まずはHSPに関しても調べておいたほうが良いですよ。

繊細で敏感で感受性が高い能力者の方へ。HSPを精神障害や発達障害と誤診!これからは内向型人間の時代!内向型人間の時代到来!

HSPも病気ではありません。正常な気質です。生存戦略の為に敏感になったのがHSPです。当然ですよね。機能不全家族の間で生きてくれば敏感にならないと生き残れない場合もありますので。自分のことはしっかりと自分で知ることが大切です。

病院に言ったほうが良い症状が出ている場合は病院に行ってください。アダルトチルドレンに詳しいカウンセラーを探してカウンセリングを受けるのもよいと思います。また、自分で自己学習していくという道もよいと思います。自己学習なら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットがおすすめです。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

アダルトチルドレンの方が病院行くという選択肢以外にもこのような選択肢が。自分のことはしっかりと自分で知ることが大切です。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
アダルトチルドレンの方が病院行くという選択肢以外にもこのような選択肢が。自分のことはしっかりと自分で知ることが大切です。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)