みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

一部のモラルハラスメントの加害者は、この「ガスライティング」を行っています。これは、心理的な虐待の中ではトップクラスのもので、被害者が本当に狂ってしまうこともあります。

一部のモラルハラスメントの加害者は、この「ガスライティング」を行っています。これは、心理的な虐待の中ではトップクラスのもので、被害者が本当に狂ってしまうこともあります。

「あまりにも恐ろしい!ガスライティングの4つの行為と対策を紹介 女性の安全<探偵視点>(https://myprotect.jp/271)」

一部のモラルハラスメントの加害者は、この「ガスライティング」を行っています。これは、心理的な虐待の中ではトップクラスのもので、被害者が本当に狂ってしまうこともあります。

ガスライティングについては、広まってほしいと思っています。その被害を受け続けることで、狂ってしまった人も多いと思う。ガスライティングを受け続けると、正気を保てず、混乱し、そこを逆手に取られ、「精神病」として扱われて封じられていくこともあります。

「金沢」のやっていることも、ガスライティングに該当しますね。先ほどの記事にも書いてあるよう、「白を黒だと言い続けると周囲は錯覚する」ということ。つまり、悪人(黒)扱いして繰り返していますね。ガスライティング研究者は、金沢を追いかけると良いですよ。良いサンプルになるでしょう。

ようやく、ガスライティングを駆使しているものが、少し明らかになってきました。さぁ、ここで引くか、それとも手の内を明かしながら、周囲の者を巻き込んでバレちゃうか。騒ぐほど、追及している者たちに気づかれる。水面下でガスライティングを仕掛けている貴重なアレかもな。

金沢がやったことは最初からスクショも取って流れも確認できる。ガスライティングを仕掛けているのはわかる。ガスライティングを少し学んだ者でさえ、「これは私にもわかるわ」と言っていた。ふざけたことを仕掛けて、一体、目的は何のか。しょぼい茶番劇を仕掛けている。

「金沢」の独断か、それとも周囲に命令している者がいるのか知りませんが、「白」を「黒」へと持っていこうとしている。そこには「事実の歪曲」が、要所要所で隠れていた。すり替え等。そもそも、金沢が勝手に対象に近寄り、そして付き纏い、被害を演じ、一人芝居をしているだけなのです。

「白」を「黒」として扱う。それをガスライティング仲間で「黒」だと固めていく。これも、心理的虐待の一種であるガスライティングです。そして被害者を精神病扱いして、口を封じていく。このガスライティング加害者たちを明らかに出来なければ、枝の枝で起こっている小さな虐待は無くなることは無い。

何故なら、そこら辺にいるわかりやすい虐待者は誰かの真似をしている。つまり、誰かの背中(無意識、本性)を見て覚えているのです。トップに君臨しているガスライティング加害者の背中を見た者の背中を見て覚えているのが、そこら辺にある虐待なのですから。トカゲの尻尾切りではいつまでも虐待は続く

子供の世界でも、このガスライティングが起こる。それに耐えきれず自死してしまった子もいるでしょう。我々が、忌み嫌うべきはガスライティングであり、それに同一化して流されている者だと、個人的に思う。つまり、ガスライティング加害者に尻尾を振っている者、それを嫌うことは大事なことだと思う。

子供は恐怖対象に同一化しやすい。だから大人の世界が汚いほうにバランスを崩していると、子供も染まってしまう。だから正すべきは、ガスライティングをする側に同一化している大人たちだと思います。しかし彼らは多くの餌をもらっているから、改心は難しい。「支配者」は、「力」がある。

1人1人が、自分と自分の家族を本当の意味で大切にしていけば、流されず、騙されない自分になっていける。そこには、ガスライティングは届きにくい。つまり、ガスライティングの効かない人が増えていけばいいということ。そのために、まず自分を大切にすること。

ガスライティングを仕掛ける加害者、支配者は、本当の自分を大切に出来ていない者を利用している。騙して。心の隙間に餌付きの釣り針を引っ掛けている。そして誘導して駒にして悪用する。「白」を「黒」として扱う時の駒として使う。「ほら、あれは悪人(黒)だ(犯罪者だ)」と、でっち上げていく。

些細な歪み、小さな嘘を繰り返すことで、被害者の正気を失わせる。だけど被害者側がもし「確かなことを、正確に、強く持ち続ける」ことが出来れば、ガスライティングは効きにくくなる。例えば、「金沢は平気で嘘を書いて悪者扱いしている者だ」と、確かなことを、強く、持っていれば届かない。

そして、ガスライティングを仕掛けてきた「駒」が、下手を打てば、支配者視点からすれば「使いものにならない者」になる。なので、処分されたり、切り捨てられることもある。支配者は優秀な者を必要としているから当然です。それは下手こいた「駒」の責任です。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top