モラルハラスメントの加害者は、頑固で、自分が世界の中心だと思っている場合がある。つまり、彼らは、自分を変えようとしない。誰かが変わってくれるのを、ただ、待っている。そして周りが変わらないことに腹を立てる。

モラルハラスメントの加害者は、頑固で、自分が世界の中心だと思っている場合がある。つまり、彼らは、自分を変えようとしない。誰かが変わってくれるのを、ただ、待っている。そして周りが変わらないことに腹を立てる。

だから、彼ら加害者は、ずっと、永遠と誰かを叩き続けるのです(悪人叩きが必要になっている)。それは、「お母さん!お父さん!なんとかしろよ!ふざけんなよ!」と、親の頭を叩いているような、そんな印象を受けます。大事なことは精神的な自立です。

「書くこと」のカタルシス効果はすごかった
サヨナラ・モンスターの詳細はこちら

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

モラルハラスメントの加害者は、頑固で、自分が世界の中心だと思っている場合がある。つまり、彼らは、自分を変えようとしない。誰かが変わってくれるのを、ただ、待っている。そして周りが変わらないことに腹を立てる。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
モラルハラスメントの加害者は、頑固で、自分が世界の中心だと思っている場合がある。つまり、彼らは、自分を変えようとしない。誰かが変わってくれるのを、ただ、待っている。そして周りが変わらないことに腹を立てる。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)