モラルハラスメントの加害者は、「一方的な親切の押し売り」をする。

モラルハラスメントの加害者は、勘違いからの「思い込み」が激しい。それが正しいと思っている。相手に押し付ける。強要する。相手が拒否すると、「お前は間違っている」などと言う。自分が間違っていることには気づけない。そして、「一方的な親切の押し売り」をする。

https://complex-plus.net/cate2/entry3.html

モラルハラスメントの加害者は、「押し付けられた!」ということもあるが、確かめると、最初に踏み込んでいるのは加害者だったりする。つまり押し付けられたのではなく、自分から押し付けられに行っている場合がある。「どっちが近寄っているのか」をよく確認しよう。

この(https://twitter.com/s_monster369/status/1186104501037518848)メルマガの内容も同じ。自分から読者登録をしているのに、相手に「たくさんメルマガを送るなよ!」と言う。近寄ったのは、読者登録をしている者であり、いつでも自由に離れることが出来るのに、文句を言う。何故なら、目的が相手を悪く見て文句をいうことだから。

このような「当たり屋タイプの加害者」、「マッチポンプ加害者」は、すぐに問題を創ろうとする。相手を悪役に仕立てようとする。全て、自分から相手に近寄っている…。でっち上げてまで「悪役」を必要とする者は、「救世主妄想」を抱えている可能性もあるのです。

この、「救世主妄想」を抱えている者からの、巧妙の被害を受けた者なら、如何にこれが危険かわかると思う。未然に察知して離れるようにしたほうがいい。「救世主妄想」が強いと、無意識のうちに「悪役」を創り上げるので、暗示にかかりやすい者は、雁字搦めになる場合もある。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

新着記事読者登録

モラルハラスメントの加害者は、「一方的な親切の押し売り」をする。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
モラルハラスメントの加害者は、「一方的な親切の押し売り」をする。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)