人間なら誰しも「心に突き刺さって苦しくなる言葉」があります。それは他人からはわかりません。その言葉を見抜いて静かに攻撃をしてくるのがモラルハラスメントの加害者。この言葉は周囲には気づかれにくい。だから被害者と加害者が逆に見えやすい。怒りは防衛のための麻痺の場合もあります。

人間なら誰しも「心に突き刺さって苦しくなる言葉」があります。それは他人からはわかりません。その言葉を見抜いて静かに攻撃をしてくるのがモラルハラスメントの加害者。この言葉は周囲には気づかれにくい。だから被害者と加害者が逆に見えやすい。怒りは防衛のための麻痺の場合もあります。
怒っているほうが耐えかねた被害者で、怒られている側が実は相手の心を刺している加害者という逆のケースもあるのです。このような被害者と加害者が入れ替わっているケースがあることも徐々に広まってきました。

この「怒りは防衛のための麻痺の場合」ということと、

ウィキペディアのモラルハラスメント情報に書かれてある

「反対に、耐えかねた被害者が加害者に肉体的な暴力をふるってしまうこともよく起こる。加害者がそのように仕向けることすらある。

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88)」

を併せて読むとわかります。

被害者のほうが「もう傷つけないで!」「傷つきたくない!」という悲しみを出せず怒りで麻痺させている場合もあるということ。それを更に執拗に追い詰めるから耐えかねた被害者のほうが加害者に肉体的な暴力をふるってしまうこともよく起こるということ。つまり怒っているほうが被害者の可能性がある。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

人間なら誰しも「心に突き刺さって苦しくなる言葉」があります。それは他人からはわかりません。その言葉を見抜いて静かに攻撃をしてくるのがモラルハラスメントの加害者。この言葉は周囲には気づかれにくい。だから被害者と加害者が逆に見えやすい。怒りは防衛のための麻痺の場合もあります。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
人間なら誰しも「心に突き刺さって苦しくなる言葉」があります。それは他人からはわかりません。その言葉を見抜いて静かに攻撃をしてくるのがモラルハラスメントの加害者。この言葉は周囲には気づかれにくい。だから被害者と加害者が逆に見えやすい。怒りは防衛のための麻痺の場合もあります。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)