モラルハラスメント金沢とは?1人でも、嘘をつき続けるしぶとさを持っている加害者

モラルハラスメント金沢とは?1人でも、嘘をつき続けるしぶとさを持っている加害者

モラルハラスメント金沢とは?

モラルハラスメント金沢とは、ツイッターに生息し、他人の悪い噂を、作ってから、流して、流しながら嘘を加えて、印象を操作をする加害者のことです。健全な情報商材を販売している人に悪者扱いし、その参加者を侮辱して「信者」と呼んでいる。名誉毀損を行っている悪人です。

言葉の1つ1つに、かなり「嘘」が混ざっている。

悪い噂を作って流している「金沢」は、発している言葉の1つ1つに、かなり「嘘」が混ざっている。例えば、AとBは関係が無いのに、関係がある(お仲間扱い)前提で、話を進めている。これが「モラルハラスメント金沢」の手口の1つ。息を吐くように嘘をつく加害者です。

情報を歪ませて、繰り返す

事実を歪曲する。そこに「嘘」をつける。そして歪んだ情報に、更に「小さな嘘」をつけて、少しずつ、話を創っている。これが、「モラルハラスメント金沢」のやっていることだ。だから、フォロワーさんもどんどん離れ、誰も相手にしなくなっている。1人でも、嘘をつき続けるしぶとさ…。

機能不全家庭で、虐待者がやっている場合もあること

匿名で隠れながらやっている

このような不審人物が、良い情報教材を販売している相手に付き纏い、周辺を徘徊し、悪い噂を作って、流している。非常に不気味な動きで、纏わりついて、意味の分からないことを言い続けている。しかもこの加害者は、全く表に出てこないで、匿名で隠れながらやっている。

「良い情報教材」を販売している側は、「特定商取引法に基づく表記」で「実名」「住所」すべて明らかにして、責任をもってやっている。一方、「金沢」は、「匿名」でコソコソ隠れながら、周辺を徘徊し、悪い噂を作って、流すという「無責任な者」です。これだけで、答えは出ています。表に出てみな。

「噂話が好きな人や噂を流す人の心理!悪い噂を流されたときの対処法 – 心理学たまご~心の悩みをパカッと解決するブログ~(https://shinrigakutamago.blogspot.com/2017/07/blog-post_10.html)」

要は、デマ流しをする者は、「ストーカー」ということ。何の接点も無いのに、近寄って、作り話をはじめる異常性がある。余計嫌われるだろう。

悪意そのもの?悪い噂話を流す人の特徴 – NAVER まとめ
(https://matome.naver.jp/odai/2154856201290267201)

「デマ流し加害者」は、上記に書いてあるよう、確かに被害者ぶっている。「金沢」は、「偽被害者」の可能性がある。だから、必死に、他人を悪者扱いしなければいけない。デマ流しまでして。恐れていると思う。

「被害者ぶっている者」が、「偽被害者が隠れていると言っている者」の悪い噂を作って流す目的は、「長年演じてきた偽被害者である自分」がバレるのを恐れて、付き纏って、印象操作して、話を信じさせないようにしている可能性も否定は出来ない。性被害者には偽被害者が混ざっている…。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

モラルハラスメント金沢とは?1人でも、嘘をつき続けるしぶとさを持っている加害者
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
モラルハラスメント金沢とは?1人でも、嘘をつき続けるしぶとさを持っている加害者

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)