モラルハラスメントの加害者になりそうな人と会話をするときにどうしても相手が攻撃的で罵倒や暴言を言われたときは自分と相手を同じ土俵にいると考えずに相手のことを「可哀想な人」と位置付けて受け流すことが大切です

モラルハラスメントの加害者になりそうな人と会話をするときにどうしても相手が攻撃的で罵倒や暴言を言われたときは自分と相手を同じ土俵にいると考えずに相手のことを「可哀想な人」と位置付けて受け流すことが大切です

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

新着記事読者登録