フレネミー、フェイクフレンドからの脱出

わたしたち、親友だよね、と言いながら人のやることに口をだす。

あなたのことを悪く言っているひとがいる。

こんな事を言う友人はいませんか。

もしかしたら、それはフレネミー、フェイクフレンド(ニセの友達)かもしれません。   

その友人、ちょっとおかしくない?

フレネミーを知っていますか、親しい友人を装って、人を陥れる隣人のことです。

特徴はいろいろあります、一見ふつうに悩み相談に乗ってくれる、いい友人に見えます。

しかし、その本性はひどく歪んだこころの持ち主。

自分のしらないところで、あること、無いことをうわさとして広めたりします。

そうやって友人関係を崩壊させ、友達や味方は自分だけと取り入ってくるのです。

カレや彼女の目的はただひとつ、あなたを不幸にして笑いものにすること。

こんな、友人がいたら早めに関係を解消しましょう。

なぜなら、メリットなんてひとつもないからです。

具体的にはどんな特徴があるのでしょうか。

その特徴は9つあります。

第一の特徴、他人の不幸話に関係ないのにクビを突っ込んでくる。

第二の特徴、友人関係がコロコロ変わる。

第三の特徴、「わたしたち、親友だよね」と親しくもないのに言う。

第四の特徴、人の話は聞き出すくせに、自分のことは話さない。

第五の特徴、自慢話が大好きで、自分を大きく見せようとする。

第六の特徴、人の資格や趣味、目標に異常に競争心を抱き、自分が上になろうとする。

第七の特徴、人の人間関係に口をだす。(あんな人と付き合わないほうがいい)

第八の特徴、自分は不幸な人を演じる(あなたと同じと共有意識を植え付ける)

第九の特徴、幸せそうにしていると、無理やり欠点を探し出し、風評を言ってまわり、陥れる。

あてはまる友人がいたなら、できるだけ早く、縁を切りましょう。

そのひとは間違いなく、フレネミー、フェイクフレンドです。

あなたの人生をめちゃくちゃにされてしまいます。
こんなときはフレネミーを見抜くチャンス。

特徴はわかりました、でもその友人は本当にフレネミーなのでしょうか。

間違っていたら、相手を傷つけてしまいますね。

たとえば、こんなことを言ってきたことはありませんか。

あなたのことを、悪く言っているひとがいる。

だれだれが、カゲでこんなことをいっていたよ。

ウワサ話をききこんで来たように、言ってはきませんか。

そんな話を聞いたときはチャンスです。

そのうわさの相手に勇気をもって聞いてみましょう。

もしかすると、すべてデタラメかもしれません。

そうなれば、フレネミーを見抜くことになるからです。

「書くこと」のカタルシス効果はすごかった
サヨナラ・モンスターの詳細はこちら

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

フレネミー、フェイクフレンドからの脱出
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フレネミー、フェイクフレンドからの脱出

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?