まだモラハラという言葉はそんなに多く定着しているというわけではありませんが、この言葉が認知されるようになることで加害者が「自分はモラハラを受けている」と自分は被害者を演じるということが懸念されています。実際既にこのようなモラハラ加害者はいま

まだモラハラという言葉はそんなに多く定着しているというわけではありませんが、この言葉が認知されるようになることで加害者が「自分はモラハラを受けている」と自分は被害者を演じるということが懸念されています。実際既にこのようなモラハラ加害者はいます。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

新着記事読者登録