みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

【1】モラルハラスメント情報!複数の方に聞いた300コメント!かなり詳しく書かれています!共有して下さい!

【1】モラルハラスメント情報!複数の方に聞いた300コメント!かなり詳しく書かれています!共有して下さい!

こちらの内容の一部をツイッターで呟いても構いませんが著作権は当サイトに御座いますので、必ずこのページのURLも一緒に呟いて下さいね!各コメントは複数の方に聞いた情報ですので、個人の主観によるものなどもありますから情報の正確性は保証しません。一切の責任は負いません。

多くの方がモラルハラスメントで苦しんでいるので抜け出すために情報を広めましょう!

モラハラ対策・対処・対応!モラルハラスメントの被害者たちは気付こう!

モラルハラスメントは精神的な虐待ですよね。聞いた話では、行為を行う人は子供の時の要員多いらしい。結局、怒れない親が悪いのかも
モラルハラスメントをされがちな人は世間でいう良い人に多いように思います。ノーと言えない人に対してモラルハラスメントをする人はどんどん攻めてくるのです。ストップさせるにはおもいきってノーと言うことだと私は思います。
モラハラで苦しんでいる人はたくさんいます。加害者には特徴がたくさんあります。とにかく外面はので、密室で被害を受けます。相談された方は悪口ではありません。精神的虐待を受けている人の叫びに気づいてあげてください。
イクメンモラ夫は我が子よりも自分が大事ということを我が子に向かっても言葉で現します。但し、外ではイクメン面します。妻と子供はこのギャップに耐えられないのです。しかしモラハラ夫は本当に外面がいいので、だれかに相談しても「優しいいい旦那」と言われて解ってもらえないことが多いのです。
モラハラを受け続けると、被害者は何が正しいのか分からなくなってしまいます。事あるごとに相手を攻め続ける加害者は行かなす場合もすべての責任をあべこべな理由で被害者に押し付けてくるのです。よって被害者はすべて自分が悪い・自分のせいだと思い込み、普通の思考ではなくなってしまうのです。
モラルハラスメントの加害者は外面はとても良く、自分自身の体面や体裁、名誉を守る為ならば、他はどんなに傷付けても平気です。
精神的な暴力、嫌がらせのことをモラルハラスメントと言い、最近では巧みで分かり難いモラルハラスメントも多いです。家庭や職場などで、離婚の原因や転職の原因になっているケースも少なくないのが現状です。
どんなに善人ぶってものの道理を説いたり、尤もらしい事を言っていても、人がいざ困った時に、力を貸してくれないのがモラルハラスメントの加害者です。
モラルハラスメントとは、セクシャルハラスメントやパワーハラスメント等全てのハラスメントの総称です。精神的虐待とも呼ばれ、立派なDVです。
モラルハラスメントを仕掛ける人は、ある意味一人では生きられません。自分が支配する人と、それを見せつける観客が必要だからです。
体に傷をつけるような暴力は絶対に振るわずに、言葉や態度で精神的に傷つけたり、不安にさせたりして相手を洗脳し支配しようとする事をモラルハラスメントと言います。職場や夫婦間で増えています。
モラスハラメントは、現代人は誰もが経験したりする気がします。何故なら、職場で一人じゃこなせない量の仕事を与えたり、話の最中に頭などを小突くのも完全なるモラスハラメントです。
モラルハラスメントを受けやすい、ターゲットにされやすい人の特徴は真面目で几帳面でやさしい女性がターゲットされる傾向にあります。又、自分に都合の良い女性を選択して優越感を楽しむ場合もあります。
面と向かって言ってくれるなら、嫌味な言葉も真剣な批判も返せます。しかし、言葉を選んで話しているので、もやもやするばかりということがあります。気づけばそれもモラルハラスメントなのでしょうか。案外本人は、それがモラルハラスメントであるとは気づかないもののような気がします。
モラルハラスメントとは、表には現れにくい精神的な暴力を指します。直接的な暴力は振るわず無視や言葉での虐め・脅迫・軽蔑・束縛等がそれに含まれます。
モラルハラスメントの特徴は、静かに陰湿に行われ、進行する事です。同じ空間にいてもモラルハラスメントの実態に気付かない人もいる事でしょう。そんな中じわじわと被害者の精神を蝕んで行くのです
モラルハラスメントの加害者は、世の中の事は全て自分中心に回るべきだと思い込んでいる人が多いです。自分の要求を明確に告げない割に、自分の思い通りに行かないとモラルハラスメントに訴えます。
モラルハラスメントの加害者は、自分がいかに優れているかを自慢したくて堪らない人が多いです。どんなに小さな事でも誇張して自慢し、自分の有能さを説きます。時には平気で嘘までも取り混ぜます。
モラルハラスメントの加害者は、人を人と思わない節があり、他人を利用することを何とも思っていない人が多いです。他人の価値は自分が利用出来るかどうかに掛かっており、役に立たなければあっさりと切り捨てます。
モラルハラスメントの加害者は、他人の痛みに鈍感な人が多いです。人が病気になっても自業自得くらいに考えます。が、自分の痛みはには敏感できちんと管理をしてくれない周りが悪い、と全て他人のせいにします。
モラルハラスメントの加害者は、他人の気持ちを理解したり共有しようとしない人が多いです。他人の不幸は蜜の味で、他人が悲しそうにしていると途端に機嫌が良くなります。逆に楽しそうだと不愉快になります。
モラルハラスメントの加害者は、話し合いによる解決を嫌う人が多いです。常に正しいのは自分であり、悪いのは相手であると耳を貸しません。また罪悪感を抱かせるのが上手く、最終的に相手を自己嫌悪させてしまいます。
モラルハラスメントの加害者は、平気で嘘をつく人が多いです。突っ込まれれば相手が勘違いをしているんだと押し切り、嘘を通してしまいます。嘘をついているという意識も低く、自分が常に正しいと信じています。
モラルハラスメントの加害者には二面性がある人が多いです。外では優しい姿を見せていても、自分が権力を奮える場所に来ると豹変します。家族にすら本当の姿を見せる事が少なく、普段は凶暴性が分かりません。
モラルハラスメントの加害者は、勝ち負けにこだわる人が多いです。例え負けてもルールが悪い、お前らのやり方が悪い等とこじつけて、相手に非を認めさせるまで引き下がりません。
モラルハラスメントの加害者は、他人に対して極端にケチな人が多いです。自分の趣味や自分に利益のある相手には大金を掛けますが、それ以外の事には一切お金を払う気がありません。
モラルハラスメントの加害者は、他人に物を尋ねるのが嫌いな人が多いです。世界で自分が一番偉いので、他人に教えを乞う等以ての他と思っています。
モラルハラスメントの加害者は、おだてられると弱い人が多いです。誉められ、虚栄心をくすぐられるといとも簡単に騙されてしまったりします。騙された事実は決して認めません。
モラルハラスメントの加害者は、実は恐怖や不安で一杯な人が多いです。弱みを他人に見せたくないという恐怖心を隠す為に攻撃性を露わにします。
モラルハラスメントを受けやすい人は、責任感の強い人が多いです。自分の頑張りが足りないから…という具合に、責められる理由が自分にあるかのような考えに陥ってしまい自分が被害者であると認識出来ません。
モラルハラスメントを受けやすい人は、良い人と見られたい願望がある人が多いです。自分が我慢をして事が済むのであれば…と加害者に合わせているうちにそれが常習化していき、状況を悪化させる原因となります。
モラルハラスメントの被害者になってしまったら、とにかく自分が悪いと思い込む事は止めましょう。友人やカウンセラー等に相談をし、モラルハラスメント被害者には落ち度は無いと心得ましょう。
モラルハラスメントの被害者になってしまったら、出来るだけ多くの証拠を集め残しておくよう心掛けましょう。モラルハラスメントは外傷が残らない為、いつ何をされたか等細かくメモを取っておきましょう。
モラルハラスメントの被害者になってしまったら、早めに身近な人の中に理解者を作りましょう。加害者は巧みに被害者を孤立化させようとしますので、信頼出来る人の存在が重要です。
モラルハラスメントの被害者になってしまったら、ICレコーダー等で暴言の音声を残しましょう。特に酷い言葉の暴力を受けている場合、音声の存在は強い証拠となります。
モラルハラスメントの被害者になってしまったら、勇気を出してはっきりと拒否をしましょう。避けたり我慢をしていると加害者からモラルハラスメントをしても良い人なのだと認識されてしまいます。
親のモラルハラスメントが子供に与える影響は大きく、親と同じように暴言を吐いたり無視をする、逆に人の顔色ばかりを窺う人間に成長をしかねません。早めに加害者と距離を取るよう心掛けましょう。
私が聞いた話やと、モラルハラスメントに遭いやすい人は、真面目な人、優しい人やと聞きました。お母さんの職場で、モラルハラスメントの、被害者が居ますが、みんな優しすぎるようです。
人事異動の時、自分の居た部署にお菓子を配ったが嫌いな人には渡さずにその人の目の前でお菓子を配る。皆さんには一言声をかけたが嫌いな人には声をかけないモラルハラスメントをした。
モラルハラスメントは精神的苦痛となります。加害者はそれが相手の苦痛になっていると気付かないことが多いのです。ですから、処罰を与えなければ、改善されることはありません。
モラルハラスメントを起こす人の特徴は1回では済まないということです。つまり1人の人に対して起こし、それが終わったとおもえばターゲットを次の人にうつし、また同じことをするのです。それで自分に満足を得ているのでしょう。
授業中、私は足を組み換えたとき。『先生!どうしてもトイレに行きたいようなので行かせてあげてください!』私はトイレなんか行きたくもないのに半強制的に行かされました。
テストが終わり、後ろから答案用紙を前の座席の方へ渡して集めました。お昼休みに先生から職員室へ来るようにと言われて向かいました。何だね?これは!見ると私の答案用紙に大きな落書きをされました。
2時限目が終わり、急いで売店にお昼御飯のパンを買うためにならびました。次から次に何度も買うためにならび直して横入り。目的のパンが完売になり、何度も買ったパンを私をわざとに外し、私以外の人に売られてしまいました。
テストの日。開始の合図と共に名前を書こうとしたら、シャープペンの芯を全て抜き取られていた。やむ得ず鉛筆を取り出したら全て半分に折られていた。
音楽の授業があり、アルトリコーダーのテストがあった。私のアルトリコーダーが見つからない。周りに聞いても分からないと言われて先生に叱られた。教室に戻ると机にアルトリコーダーが立てて置いてありました。
学級委員長を選別する日。立候補はいなかった。先生から推薦の票を集めると言われて適任者の名前を書いた。クラスメイト36人中、35人が私の名前を書いていた。あり得ないです。
以前、友達と好きな人をお互いに教え合いました。クラスで一番格好いい男子を言いました。ある日、その男子から、いい加減にしろ!いきなり怒られた?聞くと私の名前で毎日ラブレターが届いていたと聞いた。
男子からいきなり幾らなら着替えを見せてもらえるのかと聞かれた。私が更衣室で着替えている姿が盗撮され、いつでもあなたの前で脱ぎます。そんな生写真が配られていた。
ある日から私の携帯に出会い系のメールが大量に届くようになった。誰かが勝手に私のメルアドを出会い系サイトに登録しているようでした。しかも名前と顔写真までとは酷すぎます。
モラルハラスメントはモラルを使いハラスメントするので欺きや嘘が上手です。モラルを盾にモラルの仮面をかぶり相手の精神を攻撃します。
モラルハラスメントの加害者は自己愛主義者で周りから信頼があり世間的に上の地位にいる人が多いです。他人に弱味を見せずに物事を他人のせいにしてその他人を攻撃することによって快感を得ます。
モラルハラスメントをする人は1人の相手だけにとどまらず、1人を言葉や態度で追い込みきれば、次のターゲットを決めて繰り返す傾向があるのです。
モラルハラスメントの大きな特徴は通常ではありえないほど執拗に精神的に追い込んでいきます。それは正常な判断なら「ここまで!」という驚くほどの精神的な追い込みをしてくるのです。
モラハラのターゲットは自信のなさそうな人に照準を絞ります。自信を持てない人はたくさんの行動をおこし経験を積むことが自信につながります。自信を持てるように心がけましょう。
モラルハラスメントに関わらないためには自分を持ち自分の人生を優先に考えることが肝心です。他人の言動に惑わされないようにするために強く自分を持つことが必要なのです。
モラルハラスメントの特徴ですが最初は優しい旦那が突然に豹変することです。そのタイミングは相手の気持ちを完全にとらえたときに行動を始める傾向があります。
モラルハラスメントに当てはまる夫は、家の外にいるときは良い夫・良い父親として振舞っています。しかし家に入ると暴力的に変わるので外部の人には理解されにくいのが現状です。
モラハラでよくあるのは加害者が被害者を装うことです。被害者だと認知してもらえることは主張します。ときには事実を捻じ曲げて自分は被害者だとまわりの人に言いふらすこともあります。
モラハラの加害者は自分は常に正しいと思っています。なにか責任のある問題があれば相手に責任転嫁し自分の正当性を主張します。もっと陰険になると問題になりそうなことは相手に意見を求め実行させます。失敗すればお前の意見だからと責任を取らされます。
モラハラの攻撃方法は卑劣なものが目立ちます。とにかく相手の弱いところをつき尊厳を陥れようとします。加害者を否定することで自分を肯定するのです。
モラルハラスメントの加害者は言動や思考に一貫性がありません。加害者の気分や感情によって言動や思考が変化するのです。これは加害者が必ず勝つための加害者のルールなのです。
モラルハラスメントを受けやすい人は、世話好きで優しい人に多いです。また、自分よりも相手を最優先する人も被害に遭いやすいです。
モラルハラスメントをする人は、笑顔で人を傷つける発言をする。傷つけられた方が怒って抗議をすれば、モラハラ人間の思うつぼ。怒った方に落ち度があるかのような反応をする。自分はそんなつもりではないのに怒られて、逆に傷ついたと言われてしまう。
モラルハラスメントの被害者になりやすい人は、大人しくて、真面目な人です。私なんて、まさしくそんな性格やから、被害者になりやすいな。
モラルハラスメントという言葉をご存知ですか。モラルハラスメントとは、相手を巧妙な方法で精神的に傷つけたりする、精神的な暴力なのです。
モラルハラスメントは、気がつかないうちにどんどん深刻な状況を作るものなのです。最終的には、心が病んでしまうことがあります。
モラルハラスメントとは、身体的な暴力ではなく精神的な暴力です。相手のことを無視することも、モラルハラスメントになるのです。
モラルハラスメントの加害者としてよくあるケースが、自分自身が気付かないうちに行動に移していることです。知らず知らずに、モラルハラスメントを行っていることが多いのです。
モラルハラスメントとは、目には見えない心への暴力です。言葉や態度で相手の心を攻撃します。目に見える暴力と違って気付きにくいので厄介です。
昔からあるえこひいきですが、これも度が過ぎることでモラルハラスメントになることもあります。特定の人を贔屓し過ぎて特定の人には冷たくするなどです。
誰にでも、モラルハラスメントの、被害者や加害者になる可能性がある。「私は、加害者にならない。」って思っている人も、知らない間に、モラルハラスメントしてるかも。。。
モラルハラスメントするエリートは客観的な証拠など残しません。証拠が残らない様に相手の主観的世界を破壊しストレスが溜まるように操作し廃人に仕立てたげていく最も恐ろしいもの。証拠がないため、勘違い、被害妄想と二次的に追い込める悪質極まりない最大の悪事です。
メサイアコンプレックスの人は自分が救世主で相手を良いほうに誘導していると錯覚を起こし http://sougok.net/old/?mode=shousai&no=421&top=20 のレス44のよう粘着し自分が「与えている」と勘違いしている感じです。中途半端な知識がそうする。
精神科医やカウンセラーがモラルハラスメントの場合は実に巧妙であると聞きました。そういった巧妙なモラルハラスメントは「教科書通り学んだだけの優等生には心の奥までは理解できない」という言葉に過剰に反応するそうです。区別が出来ず粘着が凄いそうです。危ないモラハラです。
私の主観的な解釈で医学的科学的根拠は無いと思われますが、過呼吸は、無意識へ暗示を入れやすい変性意識状態を作りだせます。過呼吸が起きる人は「引き金」になるものを見つけると良いかもしれませんね。誰かの声のトーンとか特定の言葉など。そこ探るとモラルハラスメントがあることもあります。
誉められるのが嫌な人は勘が鋭い人です。モラルハラスメント加害者は「誉める」を巧みに使い支配しますので、「誉める」の裏にある「支配」を感じたときに、人は誉められるのが苦手になります。
フロイトは地獄に落ちたという人がいた。答えはわからないし他人が決めることじゃない。だけど人が地獄に落ちたと信じて願う者もまた地獄に落ちていると。私は思う。フロイトがいたから気づけたこともある。感謝すべき点はたくさんあります。
モラルハラスメントとは、言葉や態度で示す嫌がらせのことで、精神的な暴力である。モラハラと略されて言われることもある。イルゴイエンヌ博士がモラルハラスメントと名前をつけて世の中に広まったと言われています。
モラルハラスメントの苦しさが広まって明るみに出てくればくるほど、それに合わせて「原因探しはやめろ」と「親を吊し上げるな」と言う人やカウンセラーもいますが、そうやっていう人ほど自分がやっているから恐れているんじゃないのかと思います。
社会の中では、精神的な暴力に対して、対応がまだ整っていないので、モラルハラスメントで悩んでいる人も多いが、表だって世に出るこが少ないので、被害者がどれだけいるか把握できていないのが現状です。
モラルハラスメントは、肉体的な暴力と同じくらい、また度合いによっては肉体的な暴力以上に人を傷つけ、人の心をズタズタに壊す行為で人権侵害でもあり、虐待でもある。最低で卑劣な行為だと言われています。
モラルハラスメントをする人には特徴があると言われています。責任を人に押し付けるような人や自分の弱味を隠し、自分を守るために人に攻撃的になるような人は、モラルハラスメントしてしまってる可能性があります。
モラルハラスメントをする人は、自分で悪いことをしているという自覚症状がないことが多いと言われています。そういう人のことを、「症状のない精神病者」と呼ぶこともあり、一種の病気だと考えられますが、自覚がないことから、精神科などに受診してくる人は、ほとんどいないと言われています。
モラルハラスメントをする人は、自分が正しい、常識であると思い込んでいて、自分が善悪や真実を判断できる人であるかのように振る舞い、自分は正しくて、人より優れているという印象を持たせようと行動すると言われています。
モラルハラスメントをする人は、自分の欠点を他人に気づかれないようにするために、人を利用します。周りの人に、他の人の欠点がわかるように行動したり、暴いてしまうことで、自分を守ろうとします。
モラルハラスメントをする人は、自分の評価をあげるために、人を利用します。周囲に仕事の出来ない人を助けてあげてるように見せてみたり、上司や先生などに告げ口のようなことをしてみたりと、さまざまな方法をとり評価をあげるよことに力を注ぎます。
モラルハラスメントをする人は、他人を尊重するという概念がない人が多いと言われていて、他人に責任を押し付けたりすることで、自分が受けるストレスなどから逃げようとする傾向が見られます。
モラルハラスメントをする人は、同等だった人が上に行く、自分の持ってないものを持っている人を嫌い、あらゆる手段を使い、攻撃し、咎めることで、人の昇進や評価を下げ、自分が優位に立つように仕向けることをします。
モラルハラスメントをする人は、相手と同等という関係は概念になく、常に上にいたいという思考があり、友人、同僚、夫婦間でも自分より上か下かを見定めて付き合う傾向があります。下だと思った人には、とことん攻撃を仕掛け、自分が上だということを分からせます。
モラルハラスメントをする人は、常に上にいたいという強い考えから、他人が提案した、いいアイデアなどを、自分の手柄にして評価されたりすることも、罪悪感もなくできてしまう傾向があります。
モラルハラスメントの被害にあいやすい人には特徴があります。几帳面な人だったり、他人への気づかいがしっかりできる人、責任感が強い人などはモラルハラスメントのターゲットにされやすく、被害にあいやすいと言われています。
モラルハラスメントの標的になりやすい人は、起こった出来事などを「自分が悪いんだ」「私の責任だ」などと罪悪感を持ったり、人をかばったりできる人は、モラルハラスメントをする人にとっては扱いやすいと認識されてしまいます。
モラルハラスメントをする人は、自分の持っていないものを持ってる人と出会い、その人が私生活や仕事などで充実感や満足感を感じているとわかると、嫉妬し、その人をモラルハラスメントの対象として選んで、攻撃しはじめます。
モラルハラスメントをしてしまう人は、人を支配したい気持ちが異常なほど強い傾向にありますが、最初はモラルハラスメントをしても大丈夫なのか、探るため優しさを見せます。そのあと、大丈夫だと分かると嫌みや威圧的な口調や態度で、コントロールしようとします。
モラルハラスメントをする人は、対象にした人物の行動や考えを、皮肉や嫌みなどで少しずつ支配していき、対象者に「自分が悪いんだ」と思わせ、周りの人たちにも、対象者が悪いと思わせるように仕向けて行くように行動します。
モラルハラスメントをする人は、きまって対象者以外には、とてもいい人を演じる傾向にあります。そのため、周りの人は、その人がモラルハラスメントをしていることに気づかないことが多いと言われています。
モラルハラスメントは、誰でも、嫉妬してやってしまうようなことも含まれていますが、普通の人は、罪悪感が働き、それ以上攻撃できないですが、モラルハラスメントをする人は、人の痛みが分からないため、とことん追い詰めます。
モラルハラスメントをする人は、自分が被害者だと思い込んでいます。相手が、イライラさせる行動をとったから、相手が、失敗して自分の仕事を増やしたからなど、何か理由をつけて自分を正当化してきます。
モラルハラスメントをする人は、矛盾していることを平気で口にします。それが矛盾していることすら気づいていません。それを指摘されると、怒りだし、責任を押し付け、自分を被害者側にするので、相手は困惑し、自分が悪いと思ってしまいます。
モラルハラスメントは、会社だけではなく、夫婦関係、恋人関係、家族内、友人の中でも存在します。モラルハラスメントをされてる側は、マインドコントロールなどに似た暗示にかかっているため、それが普通なんだと勘違いしていて、問題視しない傾向にあります。
モラルハラスメントをする人は、DVをしてしまう人と同じように、普段は優しかったりします。人は、その一瞬の優しさを感じ、この人は、いい人だから、さっきのは私が怒らせてしまっただけと勘違いをしてしまいます。
モラルハラスメントが世間であまり問題視されないのは、周りに気づかれないように、個人に向けてする心理的暴力だからです。なので、証拠がつかみにくく、周りに助けを求めても分かってもらえないことが多いのです。
モラルハラスメントは、単なるワガママと思われがちですが、ワガママとは違います。過剰すぎる束縛や相手の全てを否定するような暴言や態度をとるような人だと、それはモラルハラスメントをしていると思っていいと思います。
モラルハラスメントをする人は、とても外面がいいのが特徴です。社会的地位を確立している人や人格者などと周りから評価の高い人に多く、そういった地位や名誉をカモフラージュとして利用している人が多いと言われています。
モラルハラスメントをする人は、世間体を非常に気にし、人並み以上の気づかいをし、いい人だと思わせることに全力を尽くします。そのため、被害を報告しても信じてもらえず、逆に被害者が悪く思われることもあります。
モラルハラスメントをされると、自分が悪いと思ってしまったり、自分を責めてしまったり、生きる力までなくなり、うつ病などの精神病にかかってしまう可能性もありますので、注意が必要です。
モラルハラスメントをする人に、責められ、自分はダメなんだ、怒られたのは自分が至らないからだ。などと思うことがあれば、自分だけで解決するのはやめて、第三者に話をしてみることをオススメします。
モラルハラスメントは、知らないうちに被害にあっている場合が多いので、少しでも相手に矛盾や恐怖、不満を感じたら、相手との関係を冷静に見てみて、第三者に意見を求めてみましょう。
モラルハラスメントは、ひどい時では、相手を自殺まで追いやることもあります。ですが、モラルハラスメントをした側は、自分が原因とは思わず、相手は弱い人間だったんだと思い、何食わぬ顔で普段の生活に戻ります。
親、恋人、友人、上司、同僚などに、自分は精一杯やったのに認めてもらえなかったり、無視されたり、ひどく責められたりしていませんか?それは、もしかしてら、モラルハラスメントかもしれません。早めに誰かに相談してみましょう。
モラルハラスメントは、最近になってやっと認知されてきましたが、これは昔から存在していたことです。家庭や職場など、閉鎖された所で行われてたため、気づかれにくかったのが原因だと言われています。
モラルハラスメントは、精神的暴力なのにもかかわらず、人権侵害としてしかとってもらえず、虐待として認知されていなかったのですが、今は、虐待と認められ、世間でも問題として取り上げることが多くなってきました。
人を言葉や態度で傷つけ、精神的に追い込み、心を深く傷つける行為は、モラルハラスメントであり、犯罪なんだということを、もっと世界中が認識しなくてはならないのではないでしょうか。
教師や上司などが、立場が上であることを利用して、モラルハラスメントを行う場合もあります。教育やしつけ、指導という名目を通してやることで、モラルハラスメントをしていると気づかれないように行うこともあると言われています。
モラルハラスメントをする人は、秘密を守るように圧力をかけることもよくあるそうです。秘密を守れと言葉にするのではなく、相手の罪悪感を利用し、会社のため、周りのためということで、自ら話をしないという選択をしていると思わせるのです。
モラルハラスメントの被害者は、被害にあっていることに気づかないことが多く、それは、モラルハラスメントをしている側がうまくコントロールし、自分自身が原因であると思わせるように仕向けているからなのです。
モラルハラスメントをする人は、自分にはとても甘く、自分の苦しみなどは強く訴えます。ですが、自分のしたことなどには鈍感で、人を傷つけているという認識はありません。衝動的に行うことが多いので、記憶にないことも多いと言われています。
モラルハラスメントをする人は、言葉ではなく、雰囲気や態度で、相手に認めてないことを伝えたりします。ため息や無視、軽蔑した目をして少しずつ相手を傷つけていきます。
モラルハラスメントをする人は、被害者と話し合いをすることを拒む傾向にあります。なので、何で怒っているのかわからず、話し合いができないので解決できません。また、離れたいと思っていても話し合いができないなで、どうすることもできず、ズルズル関係が続く場合もあります。
モラルハラスメントをしてしまう原因は、まだはっきりとしたことが分かっていませんが、小さい頃の生活環境や過去の経験などが、なんらかの影響を与えているのではないかと言われています。
モラルハラスメントの被害者は、束縛によって、他の人との関係を持てなくなり、自分自身もそれが普通と思え、このような状況の中で、自分を守ろうとする力さえ無くなっていくと言われています。
モラルハラスメントの被害者は、モラルハラスメントを受け続けることで、自分で判断する力が低下していき、モラルハラスメントする相手に会うと、緊張し冷静になればわかるようなこともできなくなってしまうと言われています。
モラルハラスメントの被害者は、モラルハラスメントされ続けることで、感覚が麻痺し、抵抗することをやめて、自分で考えることさえしなくなり、無気力な状態になってしまう場合もあります。
モラルハラスメントに耐えることができなくなって、逃げ出したいと思った時は、外部との繋がりが必要です。違う価値観の人に出会ったりすることで、今の状況が異常だと気づき、抜け出す第一歩になると言われています。
モラルハラスメントを受けていると気づいたら、相手の攻撃に反応しないようにすることが大切です。そうすると、相手はいつもの手段が使えなくなり、動揺します。いつもの手段が使えないことで、過剰な攻撃をしてくる可能性があるので、注意が必要となります。
モラルハラスメントする人から逃げたくて、話し合いをしたい場合は、二人だけで話すことを避けて、第三者を間に立てて話し合いをしましょう。そうしないと、また言いくるめられてしまう可能性が高くなります。
モラルハラスメントの被害者は、モラルハラスメントから解放されても、さまざまな症状に悩まされます。解放された後に、自分の心が深く傷ついていたことに気づき、相手を憎む前に自分が情けない、自分は馬鹿だと思ってしまい、うつなどを発症してしまうこともあります。
モラルハラスメントから解放されると、時が経つにつれて、相手への怒りが沸き起こってきて、そこで相手を告発したり、謝罪を要求する人も多いそうです。
モラルハラスメントから解放されても、トラウマという形で自分にのし掛かります。また、いつ相手に会ってしまい攻撃されるか不安になり、眠れなくなったり、情緒不安定になってしまう人もいます。
モラルハラスメントを受けた人は、解放されてからも、PTSDなどに悩まされ、相手への恐怖や不安などから、常に緊張した状態が続きます。この状態は、時が経つと消えますが、突然モラルハラスメントの状況を思い出し、何度も恐怖や不安を感じることになります。
モラルハラスメントから解放された人は、モラルハラスメントをした相手からストーカーなどの被害にあってしまうこともあり、相手は、まだ影響を与えたくて関わりを求めてきます。そのせいで、また苦しい気持ちが戻ってきたりもします。
モラルハラスメントの被害者は、自分がどういう被害にあったかを人に話したり、自分で被害にあったことを認め、受け入れることで、過去のこととして認識できて、前向きに進むことができるようになります。
モラルハラスメントの被害者と話す時は、対等な関係で接して、話をよく聞いてあげる必要があります。そして、相手の意見を尊重し、決して否定するような意見やプレッシャーを与えないように注意しましょう。
モラルハラスメントが起きた時は、早期に発見して、それがモラルハラスメントなのかをきちんと見極め、判断してやめさせるように努めなければなりません。そして、被害者を守って、助ける方法を考え、実行しなければいけない。
モラルハラスメントの被害者が、次に自分がモラルハラスメントをしてしまうことも多くあり、それを防ぐために、自分自身が被害にあったことが、精神的暴力であり、最低な行為なんだと知る必要があります。
モラルハラスメントの被害者は、精神的暴力を受けていたと認め、怒り、苦しむことで、次に自分自身がモラルハラスメントをしてしまうことを防ぎ、モラルハラスメントの連鎖を断つことができると言われています。
職場で、上司など立場が上だということを利用し、無理強いをさせることをパワハラとも言い、異性に対して性的な嫌がらせをすることをセクハラと言います。どちらもモラルハラスメントの分類に入ると言われています。
モラルハラスメントをする人は、常に人を咎めていなければ自尊心を保てないという特徴があり、それは自己防衛をしている行動だと言われています。
モラルハラスメントをする人で、男性の場合は、結婚をした瞬間、相手が妊娠、出産した時に豹変することが多いと言われていて、結婚した相手を自分の劣等感を処理する道具としてしか見ていないことが多いです。
モラルハラスメント被害者が、モラルハラスメントに悩み、親しい人たちに相談をしてもモラルハラスメントの正しい知識がない人だと、「そんなことよくあるよ、もっと頑張りな」などと言われ、余計に傷ついてしまうこともあります。これは、セカンドアビューズといって二次被害という意味です。
フランスの企業では、モラルハラスメントを真剣に考え、2002年にモラルハラスメントの規制を法制化しています。フランスでは、法律を定めるだけではなく、予防措置にも積極的に取り組んでいる企業が多いそうです。
最近では、母親が子供に対して行うモラルハラスメントが増えているそうです。子供も自分の支配下におきたいと思い、しつけとは言えないような暴言や暴力を頻繁にする人のことを、モラハラ親と呼ぶそうです。
モラルハラスメントは、海外でも問題視されていて、いち早くモラルハラスメントを法制化したのは、スウェーデンです。1993年に職場の虐待に関する規則という法令が定められています。
最近では、日本の各自治体でもモラルハラスメントに関する規定を定める所が増えてきています。防止規定を導入した県は、岩手、富山、兵庫、和歌山、大分、佐賀、熊本です。
最近では、世界的に職場などでのモラルハラスメントが問題になっていて、フランス、イギリス、ポルトガル、ベルギーなどで、モラルハラスメントに関する法律ができ、モラルハラスメントを罰することができるようになりました。
専門的な言葉を頻繁に使う人には注意しましょう。モラルハラスメントをする人は、優秀な人だと思われたい願望があるので、頻繁に難しい言葉を使う傾向があります。
モラルハラスメントをする両親に育てられた子供は、すぐ謝ったり、自分は悪くないけど謝れば解決できると思ってしまったり、人を信用しなくなる大人になってしまう可能性もあります。
モラルハラスメントを受けた子供は、大人になってからモラルハラスメントをするようになる可能性があります。モラルハラスメントを受けたことで、正常な人格形成ができなかったのが原因ではないかと言われています。
アスペルガーの人は、一見モラルハラスメントと似たようなことをしてしまうことから勘違いされやすいが、アスペルガー症候群は、自閉症の1つで空気が読めない、これが失礼な言い方だと分からない、自分の主張が否定されると嫌悪感をあらわにする特徴があるが、モラハラとは違います
仕事場でモラルハラスメントをするような人と一緒にいなければならない時は、何か言われたら立ち向かう、一定の距離を保つ、相手にしないことが必要です。攻撃され、機嫌をとるため謝ったりすると、モラルハラスメントの餌食になってしまいます。
モラルハラスメントする人に、攻撃されたら受け止めたように見せるのも1つの方法です。否定せず、無理のない範囲で受け止め聞き流すことで、ストレスも軽減され、相手もこの人に攻撃しても支配できないと感じます。
モラルハラスメントをする人は、自分が上であることに喜びを感じます。そういった人と上手く付き合っていくには、アドバイスを求め、相手を上にしてあげることで、相手は機嫌が良くなります。
モラルハラスメントをする人には、攻撃されるような部分を見せないことが重要です。最小限の言葉で話し、攻撃する隙を見せないようにし、無視をしないようにしましょう。無視をしたら、相手を怒らせ、攻撃の対象になってしまいます。
モラルハラスメントする人と、どうしても付き合っていかなければならない時は、自分は寛大だと思い、相手が何を言っても許してやるか!可哀想な人だと思うことで、相手の攻撃を流せるようになります。
モラルハラスメントをする人は、自己愛性格人格障害だと言われています。外面が良く、平気で嘘をつき、自分は特別だと思い、人の心の痛みが分からず、人を自分を守るために利用するのが特徴です。
モラルハラスメントする人と、まともに付き合うことはとても難しいです。まともに付き合おうとすると、自分の心が先に壊れてしまう可能性があるので、仲良くなろうと思うことをやめましょう。
家庭内でモラルハラスメントが起きる場合は、はじめに同情を誘うようなことを言って、不幸な家庭に育った、ずっと虐待されてきたなどと言って、相手に私が守ってあげなきゃ、幸せにしてあげようと思う気持ちを利用します。
モラルハラスメントをする人は、結婚して相手が自分のものになったと思うと豹変しモラルハラスメントをしはじめます。相手は豹変したことに困惑し、動揺してる間に少しずつ追い詰め、自分が悪いと思わせるように働きかけます。
モラルハラスメントをする人は、肉体的暴力をすることは少ないです。外から見た自分の印象を悪くするようなことは避ける傾向があるため、痣や傷ができてしまう証拠を周囲に見せることになるようなことはしないのです。
モラルハラスメントをする人は、常に正しくないといけないので、選択をせまられても、先に答えを言うことをしません。まず、相手に「どう思う?」と聞き、答えられないとダメなやつだと怒り、答えれば否定します。
家庭内でモラルハラスメントが起きている場合で、配偶者を上手くコントロールできない時は、自分の子供にモラルハラスメントをします。他にも、子供の前で叱ったり、子供に悪口を吹き込んだりして洗脳のようなことをします。
モラルハラスメントをする夫は、妻が外で働くことや外で何をしているかわからない状況を嫌います。常に監視したいという思いがあり、家に何度も電話して、出ないと暴言をはくなどして怒ります。
モラルハラスメントをする人は、友達との交流を嫌がり、友達の悪口を言ったり、そんな友達は必要ないと言って、交流を断たせ、自分しかいない状態に持っていき、孤立させることで支配しやすくします。
モラルハラスメントをする人は人の欠点を見つける天才です。見つければ、それをしつこいぐらいに集中的に攻撃し、相手にダメージがくるまで何時間でも何度でも攻撃を続けます。そして、相手は言われ続けることで、無気力になりモラルハラスメントする人の支配下でしか行動できないようになる。
モラルハラスメントする人の特徴に無視をするということがあります。これは、怒ることもなく、無視をすることで、お前を認めていないとわからせ、静かに相手を取り込む方法です。このタイプの人は、無言の圧力で恐がらせ、支配していくのです。
モラルハラスメントをする人と離婚をしたい場合は、前もって準備が必要です。モラルハラスメントをする人は、すんなり離婚を受け入れてはくれないので、日記や録音などで証拠を残しておくことで、スムーズに離婚をできるようにしなければなりません。
モラルハラスメントする人と離婚をする場合は、モラルハラスメントする人の言葉に惑わされてはいけません。もう、こんなことはしない!と言ったり、謝りながら泣きつかれたりしてくる場合もありますが、これは、モラルハラスメントする人の作戦なので、騙されてはいけません。
モラルハラスメントする人と離婚したい場合は、まず、逃げることを最優先しましょう。精神的苦痛を何年にも渡って受けてきたので、慰謝料がほしいと思う気持ちもわかりますが、まずは、自分の身の安全を考えましょう。
モラルハラスメントする人と離婚が成立したら、すぐに連絡先を変えてください。復縁をしつこく迫られたり、メールや電話が頻繁にくる場合もあります。連絡先を変えたら、暫くは、信頼できる人にだけ教え、連絡先を入手できないようにしてください。
モラルハラスメントの被害を受けた人は、精神的ダメージの他に、不眠や肩こり、胃の痛み、背中の痛み、生理不順など、さまざまな体調の不調がでる場合もあります。このような不調は、原因が解消されることで次第に治っていきます。
モラルハラスメントの被害にあってる人が、パートナーのモラハラを治してあげたいと思っても、モラルハラスメントしている本人が、自分の否を認め、治したいと思わない限り、治療することはできません。本人が否を認めることはまずないと思って、相手から離れる選択をした方がいいでしょう。
モラルハラスメントが離婚の原因として家庭裁判所に申し立てするのは、夫側からは14%、妻側からは25%と高い割合を占めています。昔では考えられないほど、モラルハラスメントは離婚の原因となるということだと言えます。
モラルハラスメントは、男性がする行為としてよく取り上げられますが、最近では、女性のモラルハラスメントも問題視されはじめました。今までにも被害にあっていた人はいるが、被害が男性になる場合、あまり表だって被害を報告することが少なかったのが原因と言われています。
最近では、夫が家に帰りたくなくなる帰宅恐怖症などが増えています。原因は妻のモラルハラスメントだと言われています。そして、モラルハラスメントする妻との離婚も増えています。
モラルハラスメントする妻の特徴は、生真面目で完璧主義な人、家事も完璧にこなし、いつも家がキレイで料理もきちんとする人は、モラルハラスメントをする妻になる可能性があると言われています。
モラルハラスメントをする妻は、はじめは相手をたて、尽くすなどの行為が見られますが、夫の帰りが遅くなったり、浮気をしたなどで、裏切られたと感じ、豹変します。相手も怒っている理由に心あたりがあるため、何も言い返すことができず、その関係がズルズル続いてしまいます。
モラルハラスメントする妻は、妊娠、出産をしたことで豹変することが多いと言われています。妻が子供に夫の悪口を言って、子供を味方につけ、二人で攻撃することもあるため、夫は、居場所をなくし、帰宅恐怖症になる場合もある。
今は、モラルハラスメントも認知されてきて、被害者をサポートしてくれる支援団体も増え、加害者から被害者を守るシェルターや相談できる場所も増えましたので、一人で悩まず相談してみましょう。
モラルハラスメントする者は自分の嫌な所を相手に言い攻めます。聞いてる側からすると意味不明です。
反省文を書けと相手に命令したりします。モラルハラスメントする者は自分が相手よりも上のだと思わせるのです。
仕事と称して特定の個人に攻撃をされている人はいませんか?見極めが難しいですが、これもモラルハラスメントになります。
モラルハラスメントする者にとって、人生とは悪意に満ちたとても恐ろしいものだと考えています。そのため攻撃的になります。
子どもがいる家庭でのモラルハラスメントだと抜け出すのが大変です。経済的事情や、片親での生活の不安などが、足を引っ張ります。
モラルハラスメントする者は自分のためみんなが何でもことをしてくれるべきだと思っています。また、自分のために他人を使うこともします。
モラルハラスメントする者は自分を省みることをしないため、自分欠点を無視します。これは、自分の身を守るための手段として行っています。
モラルハラスメントする者は毎日怒っているのではない。優しいときもあるので、余計に離れられなくなってしまう。飴と鞭がその原因となります。
モラルハラスメントなどのDV相談は「○○市 DV相談」と検索すると出てきます。区役所に直接電話するのもいいですね。行動するのが大事ですよ!
モラルハラスメントする者は人に何か聞かれた場合、最後まで答えず、途中で止め興味を持ってもらうように促します。注目されるのが、好きなようです。
モラルハラスメントする者は世間体を気にします。なので、簡単に「離婚」などをを口にすると、いじめがひどくなる場合がありますので注意が必要です。
モラルハラスメントする者は自分が受けた苦しみに対する反撃であり、そういう人間関係しか知らないことも、自分の虐待行為にも、まったく気づいていません。
モラルハラスメントは周りの人が気付くことはとても難しいものです。相談されても印象がいいので、信じられない気持ちの方が勝ってしまうのが怖いところです。
モラルハラスメントする者は肝心の部分だけ分からないように言ったりします。相手にわざと考えさせるのです。相手はまた悪いことをしたのかと不安に陥ります。
モラルハラスメントするにとって、まわりの人は、敵と感じています。自分が先に攻撃をし、支配し、勝っておかないと、相手から攻撃をされると思っているのです。
モラルハラスメントする者は敵とみなした人が自分より立場が弱いと簡単に抑圧し、同じくらいの力や強い思うと、まわりに悪口を言うなど、周りから攻めていきます。
モラルハラスメントとはなぜ相手を追いつめてしまうのでしょう。それはモラルハラスメントする者は怒っているという態度を出します。そのため相手は恐れを抱きます。
モラルハラスメントする者は仲間といっても友人という捉え方ではなく、何らかの形で自分にとって役立つ人間だと思うと敵に回さないように意識しながら接しています。
モラルハラスメントされて「喜・怒・哀・楽」を感じることをしなくなっていることが多くあります。そのため、人に相談しようとも考えない。とても、恐ろしいですね。
今までに良い人間関係の経験がなく、安心して語る場所を持っていないであろう。自分のモラルハラスメント行為に無自覚でいないと、今生きていないのかもしれません。
モラルハラスメントする者は対人関係を力関係でしか捉えていません。相手との力関係によって態度が変わります。ようするに、犬のように順位をつけるということですね。
仕事を失敗することはありますよね。その時に、仕事内容ではなく、その人個人の性格など攻撃されていませんか?相性が悪いとかではなく、モラルハラスメントになります。
モラルハラスメントする者が相手を敵だとみなせば、何をしてもしなくても、攻撃の対象になってしまいます。モラルハラスメントする者の言葉は、自分が勝つためのものです
モラルハラスメントする者は、責任をすべて誰かのせいにし他人の欠点を突きます。それして、罪悪感を感じなくしています。現実を否認し、苦しいということを認めません。
今モラルハラスメントされていて我慢している場合ボーダーを決めましょう。例えば、子供に影響するとか、一緒にいるメリットがない!などの場合別れるのをオススメします。
モラルハラスメントする者のサポートを被害者が行うことなどできるはずがありません。サポート専門の人に頼ることが一番良いと思います。抱え込むことは一番良くありません。
モラルハラスメントする者は結婚時に変わることがあります。それは制度で、相手が自分のモノになったからです。なので、付き合っているときは気づかないこともしばしばあります。
モラルハラスメントする者は勝手に決めたルールで束縛します。モラルハラスメントする者は常識だと思っているルールがあります。しかし、外向けと内向けの答えがあるようです。
モラルハラスメントする者は怖いだけでなく優しい笑顔をみせる時もあります。そのため優しい恋人の時を被害者は思い出してしまいます。この飴と鞭が余計に複雑にしているのです。
モラルハラスメントする者は人をおとしいれる嘘、自分が優越感に浸れる嘘をつきます。ばれた場合は「そんなことは言っていない」「冗談だったのに(笑)」などと言ってごまかします
モラルハラスメントする者の行動の例は、話さない、行動を一緒にしない、大きな音をたてる、ため息をつくなどです。それが続くと相手に罪悪感を抱かせ、顔色を伺うようになります。
モラルハラスメントする者は自分は特別だと思っています。実際に評価されることがなくても、特別な才能があり仕事があると思っていますし、まわりの人も認めていると思っています。
モラルハラスメントする者について考えたいと思います。モラルハラスメントする者は勝ち負けを気にしています。勝つことが大事であり、周囲の人間は敵か味方しかいないと考えています。
モラルハラスメントする者は相手が昔間違えたことを使って、相手に間違えているのは自分だと思わせます。そのため、抜けられなくなってしまいます。ずっと過去を引き合いに出してきます。
あなたの会社で誰か孤立している人はいませんか?いた場合モラルハラスメントになります。夫婦とかだけがモラルハラスメントではありません。良い会社にするためにも、注意してください。
モラルハラスメントする者は妊娠、出産時に変わることがあります。なぜなら、相手が身動きがとれないので 好き放題にモラルハラスメントができる。また、子供に対する嫉妬があるためです。
仕事ではコミュニケーションが必要ですよね?その時にもモラルハラスメントに気を付けてください。例えば、話をさえぎる。話しかけない。仲間に入れない。コンタクトをとらないなどですね。
モラルハラスメントする者は弱い人を支配しておき相手が逃げられないようにします。そしてストレス解消のための対象を常に確保しておくために、まわりの人をも支配しておく必要があります。
モラルハラスメントする者は常に正しいと思っています。相手がいつも間違っていると思い、教えてあげてるという気持ちです。モラルハラスメントする者は自分が間違っているとは思えません。
モラルハラスメントする者は自分にふさわしい評価を欲するため、勝つことへのこだわりは、強迫的になります。評価が一番大事なようです。勝つという意識は大事ですが、強すぎると困りますね。
モラルハラスメントする者は以前の被害者で、被害行為に対して、サポートを受けられなかったのかもしれません。モラルハラスメントする者と関係のない人がサポートすれば良くなると思います。
モラルハラスメントする者は精神的な攻撃が多いですが、軽い暴力もします。モラルハラスメントする者は相手を傷つけたいのではありません。相手より上に立ち支配することをしようとしています。
。モラルハラスメントする者は、力の強い人に対しては迎合します。しかし、弱い人や敵とみなした人に対しては威圧的で支配的な態度をとります。どうやって判断するかはその人しか分かりません。
モラルハラスメントする者は、相手の感情を理解できません。同情することも共感することもありません。自分自身、苦しみや悲しみという感情を持たなく、そのような状況でも、怒りが出てきます。
モラルハラスメントする者は相手が抵抗し思い通りにならなければ、憎しみがわき起こり、 相手を壊そうとします。モラルハラスメントする者は、相手と自分との差をなくすのを目的にしています。
モラルハラスメントする者は常に正しくなければなりません。間違いはないのです。なので相手に質問し、答えさせます。選んだ結果が良くない場合、責任を全て押し付けます。悪いのは全部相手にします。
女性相手に多いのがセクハラです。ストーカーをする。私生活に介入してくる。これらもモラルハラスメントです。女性の方は特に気を付けてくださいね。しかし、最近は男性も被害者になることがあります。
モラルハラスメントする者は、虐待のようにすることでしか自分を守れないと思っているようです。考え方が普通とは違いますね。ある意味可哀想な人です。だからといって許されることではありませんよね。
モラルハラスメントする者は自分を偉く見せるために知ったかぶりを行い、そのために色々な言葉を利用します。専門用語を使ったり、曖昧な表現をする。真実を話しているような演技をする。などをします。
相手が大切にしているものを捨てたり、ペットをいじめたりします。相手が悲しむと力を持っているように感じるからです。 モラルハラスメントする者は人が辛そうにしているのを見るのがお気に入りです。
相手は予定をたてることができません。相手に予定があっても気にしません。自分の言うことを聞くのが当たり前だと思っています。ロボットのように扱うのです。そのため、相手が病気になるのも理解しません。
モラルハラスメントする者は話すことがないわけでもなく、苦手でもありません。むしろ、論争が好きなのではないかと思えます。しかし、相手とのコミュニケーションのものではなく、勝つための道具なのです。
モラルハラスメントはほとんど暴力はありません。モラルハラスメントする者は外からの評価を大切にします。暴力をすれば跡が残ってしまいます。モラルハラスメントする者は普通跡が残るようなことはしません。
攻撃を受けた人が正常な判断ができなくなっていませんか?これはとても重症です。モラルハラスメントの被害者となります。すぐに誰かに相談しましょう。できれば、弁護士や医者、DV専門家に相談してください。
モラルハラスメントの被害者は相手に誤解されることやうまくいかないことが恐怖です。なので、色々な努力をします。ですが、それが報われることはありません。逆にもっと追い詰められることになってしまいます。
モラルハラスメントする者は相手を自分の都合のいいように使えるとしか思っていません。相手が病気になったり、疲れることが、彼らには理解できないのです。できなければ「言うことを聞かなかったな」と感じます。
モラルハラスメントする者は、少しの批判や拒絶を、反抗や敵の表れだと思います。完全な仲間にならないと、敵だと思い、抑圧し、排除しようとします。本当に恐ろしい考えです。一般の人には理解できないでしょう。
モラルハラスメントの被害者は暴力を避けるために、優しくしたり和解を求めようとします。相手に愛と優しさがあればいいのですが、モラルハラスメントする者にはありません。そのため、余計に調子に乗るだけです。
モラルハラスメントする者の機嫌は献身的に尽くしても改善されません。被害者は初めのうちは言い返したり、話し合いをしようとしますが、それによって攻撃は悪化してきます。そのため、相手に合わせてしまうのです。
モラルハラスメントする者は相手の時間、お金など、利用できるものは利用します。配されている相手は夫の機嫌がよくなると思っているので、言うことを聞いてしまいます。しかし、相手のお願いは聞いてもらえません。
モラルハラスメントする者は最初は、敵とみなした人間に直接何かを言うことはありません。相手が何かを聞いたとしても、会話はしません。コミュニケーションを取ろうとしないということですね。本当に徹底しています。
モラルハラスメントする者はうそつきで、「食事を作らない」「洗濯もしてもらえない」などという嘘を周りに言っていることがあります。モラルハラスメントする者は外ではとてもいい人なので、自分が責められたりします
仲間にしておきたい人がモラルハラスメントする者より上か同じ力をもつと思っている場合は、親密さを相手にもまわりにもアピールします。しかし、相手がモラルハラスメントする者より下だと思うと家来のように使います。
最初出会ったときの印象はどうでしたか?優しくて気のきく相手で、社会的な立場が良くなかったですか?そして、今はどうでしょう?外面は良いけど、内面は違うとか。それは危険ですよ!モラルハラスメントの可能性大です!
結婚してしまった場合はモラルハラスメントから抜け出すのが困難です。バツイチになってしまうし、世間からの目も気にします。簡単に離婚ができる世の中ではありませんからね。そのため、自分に言い訳をし過ごしてしまいます。
モラルハラスメントは、些細なことから始まり、気がつかないうちに広がっていきます。攻撃を受けた人間は、最初のは何も思わず、嫌がらせくらいにしか考えません。そのうち攻撃は激しくなり、被害者は追いつめられていきます。
もし、モラルハラスメントか気になった場合にすることは、本当にモラルハラスメントなのか、探りましょう。モラルハラスメントの本を読んだり、自治体のDV相談なども利用してみましょう。カウンセリングに相談するのも手です。
モラルハラスメントする者は相手の心を掴んだと確信したら、豹変します。早変わりです。いきなりなので、された相手は理解できないでしょう。決してあなたが何かしたということではありません。もともとそういう人だったのです。
モラルハラスメントする者は、自分が持っていないものや、才能、地位、考えなどを持っている人や、幸せそうな人に対して憧れを抱き、それらを自分のものにしようと感じます。しかし、努力はしません。相手を利用し奪おうとします。
モラルハラスメントは攻撃的なものもあります。例えば、脅しをかける。威圧的行為をする。暴力をする。などが挙げられます。これはほとんどの人が気が付くものだと思われます。もう、ヤンキーのようです。実際やられたら怖いですね。
モラルハラスメントがカップルの場合、結婚はしない方がいいと思います。結婚すると余計にモラルハラスメントが酷くなります。また、彼が家での対応も観察していたほうがいいですね。いずれ、あなたに家と同じ対応を取ると思います。
会社でのモラルハラスメントは気づきにくいのがあるので気を付けましょう。例えば、指示した仕事しかさせない。仕事の情報を与えない。相手の提案を全て反対する。仕事がその人に合っていないものばかりやらせる。などが挙げられます。
被害者はモラルハラスメントする者が元の優しい人に戻ると思っています。しかし、付き合っていたときのが上辺の姿で、今の姿が本当です。それに気付かない限り抜け出せないと思います。いかに、早く気づくか。それが重要になってきます。
モラルハラスメントする者は最初はとても優しく、気のつく相手と感じます。相手はブランドや肩書きに弱い人、まずその部分に魅力を感じます。肩書きがなくても、あまり人から大切にされてなかったり、人を疑うことを知らない人の心を掴みます
モラルハラスメントする者は外面がいいので、親や友人に相談しても、その人がモラハラについて知らないと、あなたが悪いんじゃない?などと言われ、余計に傷つくこともあります。こういうのは、セカンドアビューズ(二次被害)と呼ばれます。
モラルハラスメントの被害者は考えても事態を把握することができません。なぜ、こんな事態なのか理由を探そうとしますが、理解者で、愛している相手が変化してしまい混乱や不安に陥ります。理由が知りたいと思っても答えははみつかりません。
モラルハラスメントする者に言わせればそうさせたのは相手のせいだと言います。驚くような考えで自分が悪いのではなく、自分をそうさせた相手が悪いのだとまくし立てます。変わる時は結婚時、妊娠、出産後などのきっかけで始まることが多いです。
相手を思うように支配できないときは、子どもをいじめたりします。子どもたちの前で相手に怒ったり、悪口を言って子どもを洗脳します。そうすることで、被害者の味方をなくしたりし、モラルハラスメントする者から逃げ出せないようにしています。
カップルであればすれ違いは当たり前ですよね。喧嘩もします。しかし、話し合って仲直りしていますか?一方的に攻められて終わってませんか?それってモラルハラスメントですよ。もし、当てはまると思ったら今のうちに別れることをオススメします。
専業主婦の場合貯金をしておくことが大切です。万一の時、お金がないよりは、まとまったお金があった方が精神的に楽になります。その貯金は絶対にモラルハラスメントする者に知られないようにしてください。別れた後のシュミレーションも大切ですね。
モラルハラスメントする者は常識的で、被害者を思いやっているという雰囲気を出します。そのときのモラルハラスメントする者の態度は落ち着いています。感情的ではないので、被害者はモラルハラスメントする者の意見が正しいように感じてしまいます。
モラルハラスメントする者から、些細なことさえも管理されます。被害者が努力するとそれが第三者から見ればやりすぎで、完璧でも、モラルハラスメントする者が希望と異なれば、攻撃されてしまいます。モラルハラスメントする者の怒りは異常な程です。
パートナーにいつもダメ出しをされていませんか?それはモラルハラスメントかもしれません。モラルハラスメントは、DVです。そんなことない!と思いましたか?DV肉体的に相手を傷つけるだけではありませんよ。精神的に相手を傷つけるのもDVです。
モラルハラスメントの攻撃を受けて被害者は直接死ぬことはありませんが、失うものはあります。それは人によって異なりますが、多くは感情でしょう。うつ病になる確率も高いです。そのため自殺に追い込まれてしまう場合もありますので、注意が必要です。
被害者はモラルハラスメントする者の良いところを見つけてそこしか見ません。それで不満を抑えます。これは支配関係が成立してしまっています。モラルハラスメントする者ははますます攻撃するようになっていきます。早めに気が付くことが一番の近道だと思います。
モラルハラスメントする者は相手が人に言われたくないことを見つけ出します。そして徹底的に攻撃します。相手の弱いと思うところを攻めます。相手は静かに聞くしかありません。相手が認めるまで攻め続けます。 相手は黙って言うことを聞くようになってしまいます。
モラルハラスメントする者が相手に対して言葉や動作で威嚇するのは家の中だけです。一歩外に出れば温厚で 明るい絵に描いたような姿、家の中では暴君に変身します。相手は「家の恥は外に見せられない」と考えるので、なかなか外の人に助けを求めることはできません。
相手が外に行くことを嫌がり自分の見えるところにおきたいのです。何度も電話をかけたり、こまめにメールを 送ってきたりします。機嫌が悪いのを示すものだったりします。相手はモラルハラスメントする者を怒らせるのが怖くて外に出ることができなくなってしまいます。
モラルハラスメントの被害者は常に緊張した状態にさらされています。これはストレスの原因になります。ストレスは不安、苛々、動悸、睡眠障害、神経過敏、腹痛などの症状が出ます。この状況が長期間続くと、神経ホルモンの変化で身体の調子がおかしくなってしまいます。
モラルハラスメントする者が自分の勝ちを安定させるために権力を使ってまわりを支配して自分と同一化させます。そうすると、相手から自分の考えを否定されたり批判されたりして、傷つけられることはないからです。自分の意見に賛成してもらえるので、勝利を感じられます。
モラルハラスメントがそこまでひどくない場合は、役に立たないことを演じるてはどうでしょう?家事は、少ししかしない。具合が悪ければ無理せず寝る。要求は、ハッキリ具体的に伝える。色んな友だちをつくる。一番大事なのはモラルハラスメントする者に依存しないことです。
モラルハラスメントの標的にされる人は男性経験が少ない女性や、人を疑うことを知らない女性です。このような方は最初の印象に騙されないよう注意してください。よく中身確認してくださいね。相手のお家に行って家族への態度が将来自分への対応になると思っていいと思いますよ。
モラルハラスメントをする者は自分がどんなに不幸か、どんなに惨めな時代を過ごしてきたか、話してきます。子猫が憐れに鳴くように同情を誘います。被害者は優しい性格だったりするので 「この人を幸せにしてあげよう」と思い、「平和な家庭を築こうね」と約束したりしてしまいます。
モラルハラスメントする者について話したことが分かればモラルハラスメントする者から何をされるかわからないという恐怖を常日頃からされていますので、怖くて言えません。また、言ったところでモラルハラスメントする者はどう見ても良い人なので、わかってもらえないと思ってしまいます。
モラルハラスメントする者は、情緒不安定で不安が大きく、他人に対して攻撃的です。気分や感情によって変化し、行動に一貫性がありません。まわりは、モラハラする者の思考にはルールはなく、予測がつきません。しかし、相手は予測がつかないことをモラルハラスメントする者から強制されます。
モラハラする者は動けと言ったかと思うと勝手にするなと怒り、謝れと言ったかと思うと、謝った場合には謝るなと言います。相手が黙っていると怒り、反論するとまた怒ります。また、相手が毅然とした態度でいると怒りますが、萎縮していてもモラハラする者のイライラは増えます。とても厄介です。
モラルハラスメントする者がこのような傾向をもつ原因は家庭環境や過去が、強い影響を与えているようです。モラハラする者は、虐待を学習したことがあり、それを虐待だったと認識していないことが多くみられます。だからこそ、虐待を切り抜けてきた大変さを、虐待の形で出しているのかもしれません。
モラルハラスメントされてる人が「自分は被害者だ」という自覚を持てないことが恐ろしいところです。なぜなら、毎日のように悪いと言われていると、自分の感情がわからなくなってしまいます。これは「慣れ」ではなく、自分の感情がわからなくなってしまっている状態です。もう病気と近いと思います。
第三者がモラルハラスメントする者から離れようと被害者にさせると、モラルハラスメントする者を庇い始めたり、自分も悪かったと言い出します。そのため助けようがなくなってしまいます。
モラルハラスメントの被害者が虐待を家族のために耐えている場合が多いです。子供のために、家庭を守る、心配かけたくないという気持ちのため耐えてしまうことがあります。モラルハラスメントする者の名誉を守るために耐えることもあります。
第三者は被害者を責めることはしないで下さい。ただでさえ追い込まれている時に、あなたも悪いよと言われたら立ち直れなくなってしまいますので、それだけはしないように気をつけて下さいね
モラルハラスメントは矛盾したメッセージで育てられたことで、その矛盾したメッセージで次々と攻撃します。加害者を叩くより、加害者に矛盾メッセージを送っている人を止めて離れることが大事。
モラルハラスメント加害者の陰には矛盾メッセージで煽っている人が隠れていることがあります。ちょうど匿名掲示板で仄めかして楽しんでいる人がモラハラやる人を作っているようです。
モラルハラスメントをやっていることを隠したい方は、善人の仮面をかぶりながら静かに相手を悪者にしていく
モラルハラスメントははっきりわかるモラルハラスメントよりも、静かに相手を追いつめるほうがダメージは大きい場合もある
モラルハラスメントとは最近よく聞くことばの一つかもしれません。モラルハラスメントの加害者のことを「人格障害」「人格症候群」というように診断名のようにいわれることがあります。その診断名の人のすべてがモラルハラスメントをするわけでもないです。
モラルハラスメントについて考えるときには、その人の特徴に視線が向いてしまいがちですが、それはモラルハラスメントという暴力行為について考えなければいけないということです。それは家庭や職場の中で起きやすくなっている傾向があります。
「人を傷つけずにはいられない」というタイトルが入った本があるそうです。モラルハラスメントということでは加害者と被害者がありますが、その本は被害者の人たちの話をつないでできた文章です。モラルハラスメントは目に見えにくいもので、傷は見えにくいけどつらく、チカラもない感じです。
「モラルハラスメント」は「性的な嫌がらせ」「セクシャルハラスメント」とも呼ばれています。それは単なる嫌がらせではなく、被害者を精神的に自殺までにも追い詰めていく、精神的暴力や精神的虐殺と呼べる人権侵害のひとつです。巧妙に人の心を傷つける見えにくい心の暴力といってもいいです。
モラルハラスメントの加害者は、まわりに気がつきにくいように被害者の人を追い詰めていく傾向があります。無視や皮肉、悪口などを繰り返し、その攻撃方法だけはそれほど問題だとは誰も想いません。また、そんなときに周りから救いを求めようとしてもなかなか理解されにくいです。
モラルハラスメントの加害者に被害者である人が犯行したり、別れたりしようとするとそれからは敵意を剥き出しにした暴力がはじまったりします。とじ込められていた空間の中で多く、もともとは被害者の方に問題があるとされていました。
モラルハラスメントは犯罪に匹敵する人権侵害なので、自分のまわりで何が起きているのかをはっきりと認識しなければいけないです。また、その対処方法や被害者にはどのような回復方法があるかなど考えていかなくてはいけないということです。
モラルハラスメントで加害者がモラルハラスメントを受けたと訴えることも考えられます。加害者が加害者だとまわりが追い詰めてしまう場合も考えられます。加害者ではない人も自分が加害者ではないかと思うこともあるかもしれないです。
モラルハラスメントの特徴的なことは、まわりから被害が見えにくいところにあることです。証拠を残すことが難しく他人に説明してもなかなかわかってもらえません。加害者は被害者の方に問題があって、自分こそが被害者なのだと言い張ります。
モラルハラスメントの被害者にとっては「あなたも悪い」といわれることがいちばんつらいかもしれません。いつのまにか加害者に抵抗することも加害者から逃げることもできない状態に追い込まれています。まわりから「見えにくい」ということが一番の問題点なのかもしれません。
モラルハラスメントというのは、家庭や学校、職場などで行われるもので、ことばや態度などによるもので証拠が残るものでもありません。被害者に対して「自己管理ができていない」「子どものころの育ちかた」など新しく攻撃の種を提供してしまうなんてことになりがちです。
モラルハラスメントというのは、加害者だけでなく加害者から影響された第三者からふるわれることもあります。この場合、加害者は第三者が自発的に行動しているようにみせています。加害者自身の暴力の証拠を見つけることは難しいです。
加害者は被害者以外の人にはいつもいい顔をしているように見えてしまいますが、それはいいかえると被害者を自由に確保しているという意識があるからです。それが余裕で被害者以外の人といい人間としてつきあえるということがあります。
「まさかあの人が」と思われるところにモラルハラスメントをやっている人が加害者がいることがあります。社会的な地位を得ている人ほど自分をカモフラージュしやすいということが多く、権力をもっている人、中には聖職者などもいます。現在では自分たちのまわりで起きているという認識が少ないです。
モラルハラスメントの実態としては、仲間を装ってほかの人の目をごまかすことがあります。虐待しているときでも他人の目があれば平穏を装うことができます。被害者も他人にわかってもらえるとも思わずに、暴力をふるわれるとわかっているので従ってしまう場合も多いです。
加害者は被害者を装った加害者だということがいえます。被害者を装うことで事実をまげてまでも周りに主張してみせることもあります。自分はあくまでも被害者だといいはります。自分がいかに傷ついたかを被害者として言い張ります。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

1
(最終更新:2017年8月8日)コメント14件

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 14 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ほんとその通り!って思うことが多々ありますね
    考えさせられます

  2. モラハラの手口をよく知る事が、被害から逃れる術を手に入れる近道なのですね。
    「子供の自閉傾向や多動障害の原因は親の躾が悪いからだ!」といった科学的根拠のない言いがかりを付けてくる人なども、モラハラ加害者に分類されるんですね。
    そういう人に出会ったら即逃げたいと思います。自分の人生を守りたいですからね。

  3. 一人で考えるより複数で考えた方がいいという意味の「三人よれば文殊の知恵」。

    それが三ではなく300になったら?

    今回様々なモラハラに対するコメントを拝見しましたが、どれも新しい発見をくれるものばかりで大変勉強になりました。
    ありがとうございます。

  4. By ∞ひめくるみ∞

    ここに書いてるコメント見て、モラハラには色々あるとわかりました。

    加害者がモラハラをしてることに、気づいてない場合があるし、被害者もされてることに気づかないこともある。

    モラハラがない世界はないのか。

  5. モラルハラスメントする人は自分は正しい!人より優れて物事を良く知っていると思ってる人が多い!
    嫌いな人には徹底的に無視をし態度にも表す人が多い!
    お金に執着してる

  6. 普段の生活で、私達は様々な仮面を付けています。親、子供、優しい、厳しい、女、男…これらは、私達が周りと調和して生きていくための役柄になっています。無意識の世界にもまた、たくさんのいろいろな感情の役回りがあって、私達が社会生活で付けている仮面を、目に見える世界の裏側から操っているのだと思います。モラルハラスメントは、この幾重にも重なった複雑な世界で、起こるべくして起きてしまう「ひずみ」なのかもしれません。

    管理者より:上記のkyuさんのコメントがとても良いコメントだと思ったので文字サイズを大きくさせていただきました。

  7. 自分でも気が付かないうちに加害者、被害者になってしまわない様に、ブレない芯をしっかり持って生きていきたいですね。

    もし、なってしまったら修正しましょう。
    気が付いたら、修正すれば大丈夫ですね。

  8. 納得したり、あてはまる部分が沢山ありました。
    特に、モラハラを受け続けると、被害者は何が正しいのか分からなくなる。
    すべての責任をあべこべな理由で被害者に押し付けてくるので被害者はすべて自分が悪い自分のせいだと思い込み普通の思考ではなくなってしまう…というところが以前の私そのものでした。

  9. モラルハラスメント事態は、している本人は考え無しに言っていたり、するかも知れませんが、それで傷ついている人が多い世の中です。
    そんな人が居なくなる世の中になればいいですね。

  10. ネットのモラルハラスメントはグループになって情報を話そうとするやつを徹底してイメージ低下させるって聞いた。だからこうゆうモラハラ情報が役立つはずなのに嫌がるそうですよ

  11. モラハラをする人は、どんな職場にもいますね。
    それが上司であるとも限りません。怖いことです。

  12. こんなに向き合って解決している方々がいたんですね!!


    体に傷をつけるような暴力は絶対に振るわずに、言葉や態度で精神的に傷つけたり、不安にさせたりして相手を洗脳し支配しようとする事をモラルハラスメントと言います。職場や夫婦間で増えています。

    上記引用させていただきますが洗脳ってすっごく恐いです。親戚がそうかも?

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top