被害者のほうを加害者扱いする「すり替え」をする加害者

自分から一方的に悪いことを仕掛け、他人に迷惑をかけて、更には止めて(演技)、周囲の優しい人の良心に働きかけて騙して、アカウントを消して逃げて被害者ぶる…、と無責任の極み。こういった「被害者のフリをした加害者」は「他人を間接的な攻撃の道具にする」のです。

被害者のほうを加害者扱いするために、こうした茶番劇を演じることもあるのです。要は「すり替え」です。すり替えのための手口の1つ。こういった手口を純粋で優しい人(騙しやすい人)に見せて、その人が被害者のことを加害者だと思うように仕向けている。そして攻撃するように誘導しています。

この手口を使っているのが、あの「名誉毀損」という「不法行為」をしていたあの者です。相当腹黒い者だということがよくわかってきました。ツイッター上で最近見た中ではトップクラスです。加害者なのに被害者のフリをしている。そして、巧みにすり替えていく。

モラハラ加害者が感情的になって攻撃的になったときにこうすればいい!!
モラハラ夫や彼氏へのトップクラスの対策・対処法!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

被害者のほうを加害者扱いする「すり替え」をする加害者
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
被害者のほうを加害者扱いする「すり替え」をする加害者

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)