みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

被害者のほうを加害者扱いする「すり替え」をする加害者

モラルハラスメント界から抜け出したいなら
「心の問題」を解決することが大切です。
サヨナラ・モンスター

自分から一方的に悪いことを仕掛け、他人に迷惑をかけて、更には止めて(演技)、周囲の優しい人の良心に働きかけて騙して、アカウントを消して逃げて被害者ぶる…、と無責任の極み。こういった「被害者のフリをした加害者」は「他人を間接的な攻撃の道具にする」のです。

被害者のほうを加害者扱いするために、こうした茶番劇を演じることもあるのです。要は「すり替え」です。すり替えのための手口の1つ。こういった手口を純粋で優しい人(騙しやすい人)に見せて、その人が被害者のことを加害者だと思うように仕向けている。そして攻撃するように誘導しています。

この手口を使っているのが、あの「名誉毀損」という「不法行為」をしていたあの者です。相当腹黒い者だということがよくわかってきました。ツイッター上で最近見た中ではトップクラスです。加害者なのに被害者のフリをしている。そして、巧みにすり替えていく。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top