みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人はコレを知っておくべき!

モラルハラスメント界から抜け出したいなら
「心の問題」を解決することが大切です。
サヨナラ・モンスター
アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人はコレを知っておくべき!

スケープゴートされる者は、する側の「溜まった鬱憤」を受けることになります。これは、本来受けるはずのものではないので、相当辛いことです。スケープゴーティング現象を経験した者が理解を深めた先にしかわかりえないものです。この現象の闇は、とても深いのです。

SNSの攻撃も鬱憤から

スケープゴートを作る側は、「鬱憤」が溜まっている。晴らすことが出来ず、積もり積もった怒り、恨み。これが「纏まり」となっているので、無意識の言動に「この恨みを晴らさねば!」に関するものが滲み出てくる。SNSなどでも他者を攻撃し続けるアカウントがありますが、あれも「鬱憤」から。

「溜まった鬱憤」の「矛先」を間違えている

「溜まった鬱憤」の「矛先」は本来はAだった。しかし、何らかの理由でAに返してはいない。だから、矛先を変えて、似たような者をSNSで探しては、難癖をつけて身勝手な攻撃する。攻撃された側は「は?誰お前?何いきなり?」と驚くわけです。これがとても厄介なものです。

なぜ、「溜まった鬱憤」の「矛先」を間違えているのか?

では何故、「溜まった鬱憤」の「矛先」を間違えているのか。それは人それぞれ理由は違います。
 
・親に向けるべきものだけど、
向けてしまえば愛情がもらえないから。
 
・相手が怖いから
 
何らかの向けられない理由がある。だけど、感情は消えない。だから、鬱憤が溜まるのです。未解決問題。

新たな問題を創り出して連鎖していく

SNSで毎日誰かを攻撃している者は、「過去」を映し出しながら攻撃している場合があるのです。過去の鬱憤を、今、無関係なスケープゴートタイプを利用して、発散させようと、とんでもないことをしているのです。これが新たな問題を創り出すのです。連鎖していく。

スケープゴートされた者も鬱憤が溜まる

「は?誰お前?何いきなり?」と、知らない者から攻撃をされた側は、その攻撃に反撃できないことが多い。何故なら、この「鬱憤を溜めた者」は、攻撃方法が陰湿で、呪い系(心理的な攻撃)をしてくることが多いので、反撃がしにくい。つまり、スケープゴートされた者も鬱憤が溜まっていく。

最終形態は反社会勢力

このような仕組みがあるので、スケープゴートされた者は非行に走ったり、罪を犯しやすいのです。アダルトチルドレンのスケープゴートタイプが非行に走りやすいというのはよく知られていること。非行に走った者は、その鬱憤を社会に向けたりする。その最終形態が反社会的勢力です。

色々な者の「鬱憤」に関することが「混乱状態」になっている

つまり、あちこちで色々な者の「鬱憤」に関することが「混乱状態」になっているのです。それが、形を変え、虐め、虐待、犯罪、DV、ハラスメント、多くの問題に繋がっているのです。だから、「矛先を間違える」というのは本当にやめていかないといけないこと。連鎖していく。

矛先を正すことも大切

そして、スケープゴートされた者も、する者も、根底には「被害者意識」がある。ここが癒されないことには未来永劫、被害者と加害者の悲劇が、ずっと続く。だから、被害者も加害者も、心が満たされていく必要がある。つまり、幸せになる勇気を持つ必要がある。その為に、矛先を正すことも大切。

こうして連鎖していく

過去に被害を受けた者(A)が、その被害には何の関係も無い加害者(過去に加害行為をした者)(B)に加害する。その時点で加害者は(A)で、被害者は(B)なのです。しかし、(A)は自分の過去の被害を「叩くための大義名分」にしているので、(B)の被害は見えづらくなり、鬱憤が溜まる。

連鎖を止めるには

鬱憤が溜まった(B)は、矛先を変え、無関係な人に向けていく。こうして、形を色々変えながら、あらゆる「犯罪」へと繋がっていく。自分を大切にし、他の人も大切に思える人は、罪を犯すことは出来ない。犯罪者の心には被害者性がたっぷりと蓄積している。そこを癒すことが連鎖を止めることに繋がる。

悲劇は「親」の未熟さが深く関係している

溜まった鬱憤の矛先を変える…。人はそれほど、最後の最後まで「何かを期待している」ものなのです。その多くは「親の愛」だと思います。非行少年少女には親思いが多い。信じた親(血の繋がりが無い場合も含む)のためなら命を投げ出せるくらいの者もいる。だからこそ、親は子を裏切ってはいけない。

親が家庭で子供を虐める。子供は学校などでそれを再現する

悲劇には、「親」の未熟さが深く関係している。親が家庭で子供を虐める。子供は学校などでそれを再現して、学校で虐められることもある。しかし子供は親から虐められていると思いたくない。親思いであるほど思おうとしない。そして親からされていることを他所で無意識のうちに再現する。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top