「権力依存」と「覚醒剤依存」は似ているなと思う。

権力の言いなりになるのは、なろうと思えばとても簡単なことです。そして「力」も与えてもらえます。そして生きている間、「錯覚」させてもらえます。だけど、その代償はあまりにも大きい。本当の自分の「魂」を明け渡すのだから、戻れなくなる。丁度、覚醒剤中毒のように「人間」をやめることになる。

「覚醒剤依存」は本当に人間をやめることになる。続けていれば「歩く性器」と表現されるよう、煩悩まみれになり、廃人となります。つまり、自分がなくなるのです。権力依存も似たようなもので、権力にゆだねているうちに、飼いならされてしまい、自分がなくなり、それを忘れます。

自分が「本当の自分」を大切にする覚悟と勇気を持てば、どんな状況からでも這い上がることが出来る。人間の心は、無限の可能性を秘めているのです。必要なのは、心の中の小さな自分の親になる覚悟と勇気です。他人に自分の心を明け渡してはいけないのです。自分の心は大切にするべき、と思います。

「覚醒剤」の「快楽の力」は、とても強力です。やめても脳がいつまでも覚えていて、「強力な快楽」を欲する。死ぬまで「我慢」しないといけなくなるのです。けど、その「我慢」をなくす道が1つある。その1つが、「本当の、本当の自分」を生きること。これは、「強力な快楽」を優に超えるからです。

覚醒剤をやめたあと、「強力な快楽を我慢しながら生きる」のか、それとも「本当の、本当の自分を取り戻して生きる」のか、「選択」は自由に出来る。人生は、自分の責任で、自由に、「取捨選択」して生きることが出来るのです。その取捨選択の結果、それが自分の未来です。

モラハラ加害者が感情的になって攻撃的になったときにこうすればいい!!
モラハラ夫や彼氏へのトップクラスの対策・対処法!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

「権力依存」と「覚醒剤依存」は似ているなと思う。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
「権力依存」と「覚醒剤依存」は似ているなと思う。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)