良い情報を遮断して洗脳する支配者

良い情報を遮断して洗脳する支配者

「情報商材」の中には、とても良いものも沢山あります。それは当たり前です。しかし、洗脳者、支配者は、情報を遮断しようとしますから、良い情報を与えないように「情報商材は悪だ!」と過剰に騒ぐ癖があります。冷静になってみればわかりますよね。そんなに焦って偏る必要はないということが。

あとは、カルト宗教の信者たちも、情報を遮断しようとすることがあります。情報が流れてしまうと、洗脳が解ける場合があるのです。覚えておくと良いです。洗脳者は、情報を自由に与えず、情報を遮断しようとします。だから健全な「情報教材」や「本」を読ませないようにします。

北朝鮮は国民を統制するために巧みなマインドコントロールを行っていると言われています。「感情」「行動」「思想」「情報」を監視して取り締まっているという。この中に「情報」が含まれているよう、支配をする側は「新しい情報」を与えないようにするのです。「情報」=「悪」と刷り込むこともある。

この意味がわかってきたら、彼らが何故、情報商材、情報教材を、良いものも含めて過剰に悪いもの扱いをしたいかもわかってくると思います。例えばアメリカでは正式に医療として認められている健全な方法でも、日本ではそれが”まだ”です。まだ「薬漬け」にしておきたい連中もいるからです。

この「薬漬けにしておきたい連中」も厄介なもので、金のためならどんな嘘を流してでも、善人を悪人に仕立て上げてでも、「飴玉を与え続けて儲ける」というやり方をやり続けるわけです。それに騙されているほうも自己責任ではありますが。人生は取捨選択の連続で、自分で創っていくものですから。

やせ細り、背中が曲がり…精神科に「薬漬け」にされた青年の最期 @gendai_biz https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58809 #現代ビジネス

あとは、「日本 薬漬け医療 – Google 検索」で検索して下さい。

「薬漬けにしたい側」は、「思考停止状態」でいてもらわないと困る。良い情報を持ってきた人たちが、色々な形で情報を流す。そこに「ゴミ」や「詐欺師」を投入し、「印象操作」するわけです。健全な情報の近くに詐欺情報を近寄らせて混ぜて、「ほら詐欺だ!」と騒ぐのです。加害者の常套手段。

加害者は、「思考再開」の邪魔をするのです。思考停止状態になり苦しんでいる者たちに、薬(飴)を与え、依存させ、搾取している癖に、それを良い情報を流している側を悪い者扱いして、相手の所為にしている。すり替えている。嘘つきはどこまでいってもすり替えていく。

なので、「サヨナラ・モンスター」のように「思考再開」「新しい解釈や視点で見る」を促す健全な良い情報を公開すると、あの者のように邪魔してくるわけです。支配者からすると面白くない。だけど、支配者が「ほい!支配者です」なんて自ら手を上げているから、あの辺も支配者だとわかりました。

支配者は、薬漬けにして思考停止状態にもっていき、頭をポーッとさせて、長く依存させようとしているので、彼らから見れば確かに「健全な情報(思考再開系)」は「悪いもの」ですよね(笑)彼らの誘導先に、本当の自分を強く生きれる精神的自立の道はありません。

馴れ合いを「回復」と錯覚させている。

ただ、「思考停止状態で、馴れ合いを回復と錯覚させる道」か、それとも、「思考再開し、自分1人で自分に向き合い、心の中の小さな自分を救う親になる道」を行くか、これは自分の選択ですから。誰の所為でもない。5年後10年後どうなっても、自分で選ぶ道です。しっかり選びましょう。

なぜ、「馴れ合いを回復と錯覚させている」か、そこには「嘘の支援」があるからです。支援の名の下、利益だけが目的です。利益+支援される側の本当の回復が無い、または足りない。だから、面倒だから錯覚させておく。グループでの馴れ合い。みんながいるから…と。みんながいなければ?壊れる。依存。

1人になっても、強く生きれるよう、本当の自己信頼への道へと誘導してあげることが、良い道だと思いますけどね。慣れ合っている間はいい。しかし、何れ、嫌でも自分と向き合わないといけない時が来る。その時に、見捨てるのが彼ら。「あの人は病気だから…」と。しょぼい支援だなと心から思う。

その「偽」には「嘘」があり、それが形を変えて「有害なもの」を生み出している。偽善を貫くには、本当のことが邪魔になる。だから彼らは”いちいち”近寄って、本当のことを言っている人たちのことを悪く言い続けている。すり替えたり、印象操作したり。偽善者は生涯かけてすり替えをするでしょうね。

情報商材に対し、「良い情報商材」と「悪い情報商材」を一緒くたにして、区別もしないで悪く言っている者は、もう手遅れなほど、相当の馬鹿か、もしくは悪人は善人を悪人扱いすることから始める(詐欺師は真面目な人を詐欺扱いすることから巧妙な詐欺を始める)という悪人か、どちらかだと思いますね。

金沢なんて、未だに念仏を唱えるかのように言っていますが、もう誰にも相手にしなくなっています。ちょっと考えれば「嘘」を書いていると、誰が見てもわかるからです。それでも念仏(嘘)を唱え続けるのは、唱える自分(思考停止状態の自分の意味)に依存しているのでしょう。

情報商材は悪だぁ…、情報商材は悪だぁ…、情報商材は悪だぁ…、情報商材は悪だぁ…、情報商材は悪だぁ…、情報商材は悪だぁ…、情報商材は悪だぁ…、情報商材は悪だぁ…、と唱える自分の問題に向き合うことが大切です。他人の表現を傷つけて、悪いことをしている自分に気がついて欲しい。本当に。

表現は、大切なことです。

まぁ、そんな彼らは、北朝鮮が国民を統制するために「感情」「行動」「思想」「情報」を監視して取り締まって、マインドコントロールをしているよう、あなたの「感情」「行動」「思想」「情報」をコントロールしようとするのです。その1つが、「情報遮断」です。情報を悪いもの扱いして与えない。

DVの男性や、モラルハラスメントの加害者も、被害者に情報を与えないように、心理的に監禁しますよね。カルト宗教の信者も、あれはダメ、これはダメ、その本もダメ、その情報もダメ、地獄に落ちるよ、事故に遭うよ、だからダメ…。そう植え付けて情報を遮断していきます。

大切なことは他人が言うことを「鵜呑み」にしないことです(勿論、このアカウントの情報も)。鵜呑みにしていると、本当の自分の感情を消化できなくなります(感情の消化不良)。鵜呑みにせず、噛み砕き、そこから必要な栄養(情報)だけを、自分が欲しいのであれば取り、自分に取り入れることが大切。

 

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

良い情報を遮断して洗脳する支配者
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
良い情報を遮断して洗脳する支配者

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)