自分の汚物(無責任が故に生まれた邪悪な思考や感情)を染み込ませようとしている誹謗中傷をする加害者たち

誹謗中傷で心がボロボロに…、もう…死にたい、そう思っているあなたへ。

誹謗中傷(根拠のない悪口で他人の名誉を傷つけること)を行う者の一部は、相手を悪者扱いすることが、無意識の目的となっている場合があります。これは誹謗中傷をする側が抱えている邪悪な思考や感情を被害者の所為にして、被害者に投影した自身の邪悪さに怯え、安全な匿名アカウントで叩くのです。

このような他人の所為にして安定を保とうとする「餓鬼んちょ」が増え、SNSを中心に蔓延っているのは、「匿名という隠れ蓑(無責任)」を与えているからです。彼らは「匿名という名の心理的なオムツ」を履かせてもらっているので、調子に乗っていられるのです。彼らは自分の汚物の後始末も出来ない。

自分の汚物(煩悩まみれによって生まれた邪悪な思考や感情)を他人に擦り付けるために、彼らは「誹謗中傷」を行うのです。被害者や、素直な人、心に傷を負っている人を見つけて、その傷口を誹謗中傷で広げ、そこに自分の汚物(無責任が故に生まれた邪悪な思考や感情)を染み込ませようとしている。

誹謗中傷を行う者は、相手がネガティブ(嘘)に囚われるように仕向けています。だから何度も何度も執拗に誹謗中傷を繰り返して、ネガティブ(嘘)が頭から離れないように刷り込もうとしています。それを超えた強い気持ちを持って、自分を信じてあげて下さい。

 

「書くこと」のカタルシス効果はすごかった
サヨナラ・モンスターの詳細はこちら

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

自分の汚物(無責任が故に生まれた邪悪な思考や感情)を染み込ませようとしている誹謗中傷をする加害者たち
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
自分の汚物(無責任が故に生まれた邪悪な思考や感情)を染み込ませようとしている誹謗中傷をする加害者たち

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)