みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

モラルハラスメントの加害者が被害者に対して持っている偽りの愛情に騙されないでください。

巧妙ではない、よくある一般的なモラハラ、夫からの暴言や、精神的DVで悩んでいる方は、以下のプログラムの詳細をご覧下さい。
モラハラ実践対策プログラムの詳細
モラルハラスメントの加害者が被害者に対して持っている偽りの愛情に騙されないでください。

偽りの愛情に騙されないでください。
モラルハラスメントの加害者は被害者に対してある種の愛情を持っているんです。
でも、それはかなり、歪んでいるんです。
何故なら、加害者は自分しか愛していないからです。
愛といっても加害者の被害者への愛というのは飼い主と動物といったところでしょうか。
自己愛の固まりなところがあるんです。
自分がこんなに愛しているんだから当然、相手も自分のいう事を聞くのが当然。
といったところでしょうか。
で、自分の意に染まない時は心の暴力で相手を虐待しているんです。
でもって、相手を束縛していくんですよ。
ただ、これだけは言えます。
モラルハラスメントの加害者は決して、実際の暴力は使いません。
彼らの武器は言葉です。
言葉のみで相手を貶めて虐待するわけです。
なので、最悪、加害者と被害者がひっくり返る場合があります。
ひっくり返った時、一体、何が起こると思いますか。
正直、モラルハラスメントの加害者は相手の痛みに気づかないくせに自分になると殊更、被害を強調するんです。
加害者なのに被害者妄想が強いんです。
こういう人はたちが悪いと思いませんか。
しかも外面だけはいいから、周囲の人間を巻き込んでいきますし。
モラルハラスメントというのは厄介なものです。
しかも、モラルハラスメントの加害者が自分の家族であったらどうしますか。
というか、こういうのが一番、厄介なのではないでしょうか。
何しろ、家庭内の中に介入できる人間は皆無でしょう。
被害者は加害者の配偶者であり、もしくは親であり、子供だったりするんです。
結婚した途端に相手の態度が変わってしまった。
よく聞く話です。
まるで、人を所有物にみたいに扱うなんて。
これもありそうです。
モラルハラスメントの加害者にとって相手は所有物でしかないんです。
所有物の分際で自分に文句を言うんじゃない。
といった具合でしょうか。
だけど、これって被害者にとってはたまりませんよね。
なので、決して偽りの愛情に騙されないでください。
モラルハラスメントの加害者が優しかったのは自分に従順な所有物が欲しかっただけなんです。
結婚して、後悔する人もいるのではないでしょうか。
で、モラルハラスメントの被害者になっていく。
たまったものではありませんよね。
しかも、怖いのは被害者がモラルハラスメントの被害にあっていると気づかない場合があるんです。
この場合、どうすればいいんでしょうか。
その点、気をつけたいものですね。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
(最終更新:2017年10月21日)コメント0件

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top