モラルハラスメントの加害者は「決して反省はしない」と言われています。これはモラルハラスメントの加害者が他人の気持ちを理解しようとしないからだと言われています。そういった加害者はエリートと呼ばれるタイプが多いという調査結果もあります。

モラルハラスメントの加害者は「決して反省はしない」と言われています。これはモラルハラスメントの加害者が他人の気持ちを理解しようとしないからだと言われています。そういった加害者はエリートと呼ばれるタイプが多いという調査結果もあります。

日本法規情報株式会社の調査によれば、「エリートで自己愛が強いモラハラ加害者が身近にいる」と回答した割合は66%にもおよぶという。

引用元:エリートで自己愛強い“モラハラ加害者” 66%が「身近にいる」と回答

更に、知識が高い人によるモラハラは、一見、モラハラだと分からない巧妙なモラルハラスメントを行いますので、悪役を作り出し、その悪役で自分の手口を隠しながら間接的な精神的な嫌がらせをする場合もあります。

モラルハラスメントの加害者は「決して反省はしない」は本当か?

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

モラルハラスメントの加害者は「決して反省はしない」と言われています。これはモラルハラスメントの加害者が他人の気持ちを理解しようとしないからだと言われています。そういった加害者はエリートと呼ばれるタイプが多いという調査結果もあります。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
モラルハラスメントの加害者は「決して反省はしない」と言われています。これはモラルハラスメントの加害者が他人の気持ちを理解しようとしないからだと言われています。そういった加害者はエリートと呼ばれるタイプが多いという調査結果もあります。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
1423 views