モラルハラスメントをする人は、自分で悪いことをしているという自覚症状がないことが多いと言われています。そういう人のことを、「症状のない精神病者」と呼ぶこともあり、一種の病気だと考えられますが、自覚がないことから、精神科などに受診してくる人は

モラルハラスメントをする人は、自分で悪いことをしているという自覚症状がないことが多いと言われています。そういう人のことを、「症状のない精神病者」と呼ぶこともあり、一種の病気だと考えられますが、自覚がないことから、精神科などに受診してくる人は、ほとんどいないと言われています。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

モラルハラスメントをする人は、自分で悪いことをしているという自覚症状がないことが多いと言われています。そういう人のことを、「症状のない精神病者」と呼ぶこともあり、一種の病気だと考えられますが、自覚がないことから、精神科などに受診してくる人は
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
モラルハラスメントをする人は、自分で悪いことをしているという自覚症状がないことが多いと言われています。そういう人のことを、「症状のない精神病者」と呼ぶこともあり、一種の病気だと考えられますが、自覚がないことから、精神科などに受診してくる人は

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
1004 views