常に誰かに構って欲しいと思っているモラハラ加害者が被害者に対して優しくなるのは誰も構ってくれない時です。例えば誰かと一緒にお祭りに行きたいのに行く相手がいない場合、被害者を誘ってその日だけはとことん優しくしたりもします。

常に誰かに構って欲しいと思っているモラハラ加害者が被害者に対して優しくなるのは誰も構ってくれない時です。例えば誰かと一緒にお祭りに行きたいのに行く相手がいない場合、被害者を誘ってその日だけはとことん優しくしたりもします。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)