モラルハラスメントでは加害者は自分が特別な存在なのだと思っています。自分には特別な才能があって、仕事

モラルハラスメントでは加害者は自分が特別な存在なのだと思っています。自分には特別な才能があって、仕事もできるとまわりも思っている。そのため、自分のために誰でもいろいろなことしてくれると思っています。また、そのことで他人を利用します。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

モラルハラスメントでは加害者は自分が特別な存在なのだと思っています。自分には特別な才能があって、仕事
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
モラルハラスメントでは加害者は自分が特別な存在なのだと思っています。自分には特別な才能があって、仕事

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
787 views