広義のモラルハラスメントの加害者が良心の呵責を感じないのは、自分が正しいという確信があるからです。た

広義のモラルハラスメントの加害者が良心の呵責を感じないのは、自分が正しいという確信があるからです。ただ、加害者の常識が世間一般で通用しないという点だけが現状問題視されているのです

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】