相手が自分にとって敵か味方か極端な考えしかできず、対人関係を力関係としてしか考えられないのが特徴です

相手が自分にとって敵か味方か極端な考えしかできず、対人関係を力関係としてしか考えられないのが特徴です。はっきり敵か味方をさせたいので、少しの批判や拒絶は反抗的・敵意と捉えモラルハラスメントに及び抑圧、排除するという考えが働きます。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

相手が自分にとって敵か味方か極端な考えしかできず、対人関係を力関係としてしか考えられないのが特徴です
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
相手が自分にとって敵か味方か極端な考えしかできず、対人関係を力関係としてしか考えられないのが特徴です

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
800 views