モラハラ被害を受けたからと言って簡単に謝ってはいけません。加害者側は罪悪感を持たせることが好きなので

モラハラ被害を受けたからと言って簡単に謝ってはいけません。加害者側は罪悪感を持たせることが好きなので、一度謝ったら今度は別のことで罪悪感を持たせようとして来ます。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

新着記事読者登録