モラルハラスメントの加害者は、被害者を「精神的に追い詰める目的」で「誰がやったかわからないこと」を起こします。例えば、衣類に汚れをつける、物をこっそり壊す、大切にしているものにこっそり危害をくわえる、仄めかす、など

モラルハラスメントの加害者は、被害者を「精神的に追い詰める目的」で「誰がやったかわからないこと」を起こします。例えば、衣類に汚れをつける、物をこっそり壊す、大切にしているものにこっそり危害をくわえる、仄めかす、など

https://twitter.com/plus97521166/status/934995035367522304

モラルハラスメントの加害者は、被害者を「精神的に追い詰める目的」で「誰がやったかわからないこと」を起こします。例えば、衣類に汚れをつける、物をこっそり壊す、大切にしているものにこっそり危害をくわえる、食べ物に毒を入れたと仄めかす、など、精神的に圧力をかけ続けるのです。

こういったことを、証拠が出ないように起こしていくのです。そうすると、被害者は、誰がやったかわからない。その時に、「食べ物になんか入れちゃったかも…」と仄めかしていく。これは、相手に「妄想を植え付ける」ためです。確認できないことを増やして追い詰めていくと、相手は生存のため、安全のために、決めつける時が来るのです。

それが狙いです。「はい!決めつけ頂きました!」という感じで、演技して「決めつけられた…ひどい、そんなつもりじゃないのに」と保険を使いだすのです。

モラルハラスメントの加害者は、こうやって、相手に答えの出しにくい嫌がらせを繰り返して、相手がマイナス反応をするのを待つのです。どんな人でも追い詰め続けたら必ずマイナス反応をする時が来ます。それを引き出して「相手を一方的に加害者扱い」するのです。それが隠れた加害者の手口の1つです。

蜘蛛の巣に引っ掛けて、型にはめていくのです。こういった手口に引っかかってしまった被害者は、頭が混乱し、その後に、本当に妄想が出てきてしまう場合もあるのです。そうなってしまうと、最初の「本当の被害」さえ、なかったこととして扱われていくのです。

真の加害者は、すり替えることが上手いのです。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

新着記事読者登録

モラルハラスメントの加害者は、被害者を「精神的に追い詰める目的」で「誰がやったかわからないこと」を起こします。例えば、衣類に汚れをつける、物をこっそり壊す、大切にしているものにこっそり危害をくわえる、仄めかす、など
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
モラルハラスメントの加害者は、被害者を「精神的に追い詰める目的」で「誰がやったかわからないこと」を起こします。例えば、衣類に汚れをつける、物をこっそり壊す、大切にしているものにこっそり危害をくわえる、仄めかす、など

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)