みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

モラル・ハラスメントの世界は嘘と矛盾に満ちた世界
自分が自分に対しても「嘘」をついている世界
抜け出すには「本当の自分の感情」を感じていくことが大切
→ 「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」 ←

先日ツイッターで出現下した、いきなり決めつけてくる迷惑なモラルハラスメントの加害者の特徴とサンプル

先日ツイッターで出現下した、いきなり決めつけてくる迷惑なモラルハラスメントの加害者の特徴とサンプル

先日ツイッターで出現下した、いきなり決めつけてくるモラルハラスメントの加害者のサンプルと特徴をご紹介します。

なんでもハラスメントいうたり、新しい障害の名前つくって勝手に納得したり。ニュースピーク考えるのは私もすきですが。芸がないですね、

このように、モラルハラスメントの加害者は「突如現れて、見当違いな決めつけ」を平気で言います。平気で嘘をつけるからこそ、このような失礼なことを平然とできるのでしょう。

なんでもハラスメントいうたり、

ハラスメントをハラスメントだと言われることが嫌なのは、恐らく隠れてハラスメントをしているのだと思います。

 

新しい障害の名前つくって勝手に納得したり。

まず、新しい障害ではなく正しくはツイートにあるよう「トロール」は欧米でそう呼ばれている呼び名です。障害名ではありません。ですから「つくって」いるのでもありません。勝手に納得もしていません。

 

ニュースピーク考えるのは私もすきですが。

私もすきですが」と言ってますが「も」をつければ「相手がそうである前提になり、周囲にそう思い込ませられる」とでも思って意図して「私もすきですが」と言っているのでしょうが、「私も」じゃなく「私は」と正しく言葉を使っていただきたいものです。

 

芸がないですね、

こうやって、さも相手が「演出している、のに、手口が下手だ」みたいな前提ですね。こういった、「決めつけ」をいきなりしてくるのがモラルハラスメントの加害者のよくある特徴の1つです。

 

自分の問題を認めることが出来ないからと言って、いきなり他人に近寄り、いきなり決めつけをして、周囲に思い込まそうなどというのは、失礼であり、迷惑行為です。いい加減、同じような手口飽きてきているのでやめたらいいのに…って思いますけどね。

モラルハラスメントの加害者は、自分から近寄っていき、「相手に難癖」を付けたがるところが迷惑なところです。被害者がからすると「どこの誰かもしれない者が突如出現して、見当違いなことを言ってくる」から「なに?なんか嫌なんだけど」となるのに、近寄ってくる加害者は気づいていないという。

被害者側からは、近寄ってないんですけどね。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top