加害者は他人の人格を認めようとはしません。自分の意のままに操れる人物として自分の所有物として思いどうりに扱おうとします。人間として対等な関係などは求めず自分にとって都合のいい人間で、それがつながっている理由です。

加害者は他人の人格を認めようとはしません。自分の意のままに操れる人物として自分の所有物として思いどうりに扱おうとします。人間として対等な関係などは求めず自分にとって都合のいい人間で、それがつながっている理由です。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

新着記事読者登録