みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

無料ブログを使って嫌がらせをする「すり替えモラルハラスメント」の加害者!サジェスト汚染を意図する!?

確認しにくい内容で相手を悪者扱いする

無料ブログを使って精神的な嫌がらせを行うモラルハラスメントの加害者は相手を悪人扱い(すり替えも)することがあります。相手がやってもいないことをやっていると書いたりします。その内容が難しいほど周囲は本当のことを確認しにくいため人数が多いほうが正しく見えやすくなる点を悪用し仲間で情報操作をする。

確認しにくい内容で相手を悪者扱いすると、周囲の人が本当のことだと思いやすいのです。周囲の人などは確認している時間はありません。そこを悪用しているのが加害者です。現に、名誉毀損をされて嘘をネットに書かれた人が赤の他人から「悪いことしてたんですか?」と聞かれたり「赤の他人からも決めつけられるようになった」というケースもあります。

事実ではないことを事実かのように決めつける

加害者は、自分がやっていることを相手がやっているかのように書いたりして相手の印象を悪く見えるように操作して、それを嫌がらせ仲間と話題にして悪い噂を作っていこうとします。これは犯罪に該当する場合もあるほどです。「事実ではないこと」を「事実かのように」特定の相手に決めつけていきます。

嫌がらせのダブル効果を狙う狡猾な加害者

モラルハラスメントの被害者の方なら「不当な決めつけ」がどれほど嫌なものかわかると思いますが、不当な決めつけを繰り返しやられると本当に嫌な気持ちになりますよね。加害者はその決めつけを被害者にしながら周囲にも植え付けるという感じで嫌がらせのダブル効果を狙う狡猾な加害者もいます。

加害者は情報操作するなとすり替えるかもしれない

今は、これまで表面化していなかったハラスメントが表面化しているときです。一部の狡猾な、ネットでハラスメントをする加害者は「自分の加害を認めない場合が多い」と思います。そんな加害者は相手に「情報操作をするな!」と騒ぎだすかもしれません。

「情報操作」と「新しい情報によって気づきや成長が起こる」というのは全然違うことですが、加害者は自分の加害を認めないから「新しい情報によって気づきや成長が起こる」ことを「誰かが情報操作している」と被害妄想的になるかもしれません。本当の悪い情報操作がある場合は「信用毀損罪」や「名誉毀損」などに該当することがあるので、犯罪です。

この違いを理解することは大事です。

加害者は嘘だらけだから裁判から逃げる

すり替えの上手いモラルハラスメントの加害者が、どれだけ狡猾に無料ブログや嫌がらせ仲間を使って印象操作などをしても、モラルハラスメントは嘘と矛盾の世界ですから「法的手段」に出られたら困るのです。何故か。すべてが明らかになるからです。嘘がないなら表(裁判で争う)に出ればよい。

モラルハラスメントは被害者と加害者をひっくり返しますから、裁判を起こすのが一番はっきりします。裁判には嘘は通じません。妄想の世界じゃありませんし、確かなことを1つ1つ進めていくのですから、被害者にとっては嬉しいことですね。本当のことハッキリするのを被害者が嫌がる理由はないです。

無料ブログを使ったハラスメントの手口(「サジェストキーワード(予測変換)」の悪用)

無料ブログを使ったハラスメントの手口は色々ありますが、そのうちの1つ「サジェストキーワード(予測変換)」の悪用です。これは、グーグルなどの検索サービスでキーワードを入力した時に、そのキーワードと一緒に表示される「検索される可能性が高いキーワード」が自動的に表示されますよね。

例えば「Plus記事作成」というサイトがあります。そのサイトに「詐欺」のレッテルを貼って悪評を流すためのハラスメントの場合は無料ブログ内で「Plus記事作成は詐欺じゃない?」「Plus記事作成は詐欺じゃなかった!」などキーワードを多用して記事を無数に増やしていきます。

簡単に言えば色々な方法を使うことで、グーグルなどの検索サービスで「Plus記事作成」と入力すると「サジェストキーワード(予測変換)」によって「Plus記事作成 詐欺」と表示させるやり方があるのです。それを無料ブログを使ったネットハラスメント加害者が行う場合があるのです。

これを意図して作り上げることで、新しく「Plus記事作成」と入力した検索ユーザーの目に「Plus記事作成 詐欺」と表示させることが可能になるのです。それを意図的に作り出して、そのキーワードの検索結果に表示されるよう記事タイトルに「Plus記事作成に詐欺されたか?」というブログ記事を書いておく

そこに巧妙な思い込ませ文章を用意しておくことで検索ユーザーに不信感を植え付けたりできるのです。こういったハラスメントを行っている加害者のブログはよく見るとわかりますよ。他人を陥れるネットハラスメント加害者はあらゆる嫌がらせの手法を駆使して相手に嫌がらせをしていきます。

「サジェストキーワード(予測変換)」の悪用をするハラスメントについて、まず「サジェストキーワード(予測変換)」を知っておくことが大事です。それは(https://ferret-plus.com/4257)を見てください。記事内の【サジェスト汚染に注意】も必読です!これを意図するものがハラスメント加害者です。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top