モラルハラスメントの加害者では、思い込によるこだわりがあります。相手が自分より上か同等の場合、親密さをアピールすることが多いです。しかし下の場合、抑圧していいように使います。自分にとって役立つ人間は敵にまわさないようにも気を使っています。

モラルハラスメントの加害者では、思い込によるこだわりがあります。相手が自分より上か同等の場合、親密さをアピールすることが多いです。しかし下の場合、抑圧していいように使います。自分にとって役立つ人間は敵にまわさないようにも気を使っています。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)