みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

モラルハラスメント加害者は「厳しくすることこそが人を良くする」と大きな勘違いをしている

モラルハラスメント界から抜け出したいなら
「心の問題」を解決することが大切です。
サヨナラ・モンスター

モラルハラスメント加害者は「厳しくすることこそが人を良くする」と大きな勘違いをしている。まず、「誰もそんなこと頼んでもいない」という事実に気がつくべきです。頼まれてもいないのに、他人に厳しくすることが良いとか、優しくすることがダメになるとか…、その異常性に気づこう。

この「厳しくすることこそが人を良くする」という「思い込み」を持っていると、一部の人たちを追い詰めることもある。「厳しくすることでダメになる人」もいるし、それは時と場合によって変わることもある。相手が嫌がっている思想を押し付けてはいけない。厳しさは時に刃物になる。

「いいんだよ」という言葉で救われる人はたくさんいる

「いいんだよ」という言葉で救われる人はたくさんいる。「いいんだよ天心(https://youtu.be/RT1powYk5cI?t=1491)」の言葉も胸が熱くなる。コメント欄にも「良いんだよ天心で涙出た」と書かれている。「いいんだよ」という言葉は人の心を軽くしてくれることがある。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top