賢いモラルハラスメントの加害者は「扇動者」でもある

賢いモラルハラスメントの加害者は「扇動者」

賢いモラルハラスメントの加害者は「扇動者」でもある。SNSなどで、フォロワーさんの気持ちを煽って、行動を起こすようにしむけます。自分の手を汚さずに、フォロワーさんを「駒」に使うのです。そして扇動者ほど「扇動はない!」と隠したがるものです。

偏った意見は怪しい

扇動されたことに気づいた者は「扇動はある!」と言う。扇動している者は「扇動はない!」と言う。どちらでもない者は「扇動されている場合もあれば、そうじゃない場合もある」と言う。偏った意見は怪しいものです。

一部の犯罪者の背後には扇動者がいる可能性

焦っていたり、混乱していたり、余裕がない…、そんな犯罪者の背後には「扇動者」がいた可能性もあるでしょう。扇動者は気持ちを煽って行動(犯罪)を起こすように仕向けることがありますので。

「”デマゴーグ…、日本においては主に、意図的に虚偽の情報を流し、嘘をついて人を扇動しようとするさまを指してデマゴーグと批判として用いられる”」引用元(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%9E%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B0

名誉毀損を起こした者は「扇動された」可能性がある

「扇動者」は、フォロワーさんの気持ちを煽って、「名誉毀損」を起こすように仕向けることがある。ネトハラ、炎上に繋げるため。つまり、名誉毀損を起こした者は「扇動された」可能性があるのです。つまり「駒」。名誉毀損が頻発する周辺に「扇動者」は隠れている。SNSでの相関図を見ていこう。

賢い扇動者は、自分が逮捕されたり、民事で訴えられたりする下手は打たない。何でも「駒」にやらせる。そして後ろに隠れている。ハラスメント系の犯罪は「名誉毀損・信用毀損・侮辱罪」…、その犯人の周辺に賢い扇動者を知る糸口がある場合もある。

扇動とは

扇動とは、「”社会や集団のなかで一部の少数の者が大多数のものに対して巧みな演説や論説などを駆使することによって群集心理を操作し、大多数の者を自分たちにとって都合のよい状態に置き換えるという行為のことである。”引用元(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%87%E5%8B%95)」

引用文にあるように、「群集心理を操作」するのが「扇動」です。ですから、扇動者はSNSにいるのです。SNSで毎日発信し、群集心理を操作しているのです。マインドコントロールしたり、「恐怖」を煽って「洗脳」していることもあります。圧力をかけ、刷り込みをしている。

子は親の背中を見て育つ、部下は上司の背中を見て育つ。

こういった扇動者に憧れたのか、何なのかはわかりませんが、その縮小版を家庭で真似ている親もいるでしょう。それを「毒親」と呼んでいる人もいるでしょう。毒親の「毒」は、別のところから持ってきたものの場合もあるのです。子は親の背中を見て育つ、部下は上司の背中を見て育つ。

モラハラ加害者が感情的になって攻撃的になったときにこうすればいい!!
モラハラ夫や彼氏へのトップクラスの対策・対処法!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

賢いモラルハラスメントの加害者は「扇動者」でもある
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
賢いモラルハラスメントの加害者は「扇動者」でもある

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)