みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

スケープゴートを作ってしまう未熟な問題を解決しない限り、本当の解決には至らないのです。

モラルハラスメントの加害者は、絶えず、誰かを叩きたがり、人を傷つけずにはいられない。ただ、そのまま叩けば周囲から悪人に見られてしまうから、加害者は「正義の名の下に叩く」ということをしている。悪人扱いしてから叩くのです。悪魔め!加害者め!と。異常な事態です。SNSでも起こっている。

健全な皆様には「マッチポンプ」の視点を持っていただきたい。加害者が正義の名の下に、悪魔め!加害者め!と叩き続けることで、被害を受けている側は混乱し、怒り、発狂するかもしれない。それを「ほらな!正体現したぞ!」と叩く。つまり、加害者の自作自演(悪人創作)なわけです。

このような正義の名の下に叩き続ける加害者は、「悪人」を必要としている人生を送っている。それはつまり、「煩悩まみれ」で「邪悪なもの」を抱えているということ。それを被害者に投影し、自分の影を、正義の名の下に叩いているのです。これは、歴史上、ずっと続いていること。

国レベルでもあるし、ユダヤ人もスケープゴーティングの対象にされてきた。機能不全家庭でも、誰かがスケープゴーティングされ、不良品扱いされてきた。問題は、わかりやすい悪人ではなく、わかりにくい悪人なのです。この隠れた悪人に対しての理解によって、本当の問題解決に一歩近づくことが出来る。

テロも、無差別殺人も、反社会勢力も、誰かがどこかで「スケープゴート」として利用してきた者たちが集まり、その集合的無意識に出来上がった「まとまり」による結果に過ぎないのです。つまり、スケープゴートを作ってしまう未熟な問題を解決しない限り、本当の解決には至らないのです。

犯罪、虐め、自死、あらゆる不幸を減らしたいのなら、「スケープゴート」「スケープゴーティング現象」に関しては、もっとわかりやすく、もっと認知度あげていかないといけない。煩悩にまみれた者が、自覚の有無にかかわらず、寄ってたかって少数派、または、その集団の1人を追い詰めている。

煩悩にまみれた者(スケープゴートする側)は、精神的に非常に未熟な者です。未熟だけども、隠蔽や、悪い嘘は上手い。だから、身代わりや、犠牲を作ることはお手の物。そこ(隠蔽されている部分、巧妙な部分)に光を照らし、「やめろ!」と言える人が増えることが必要なのです。

誰も止めないから犠牲が生まれる。そして犠牲が生まれてから「なんてひどいことを!」「まさかこんなことになるとは…」と言っても後の祭り。未然に防ぐには、スケープゴーティング現象を明らかにして、表に浮上させ、「やめろ」と止めること。ことが起こる前に。しかし、多くの人はソレを嫌がる。

何故、多くの者はスケープゴーティング現象を止めることを嫌がるか。それが、前記した「煩悩まみれ」だから。煩悩にまみれたいから、止めるわけにはいかない。歴史上、ずっとスケープゴーティング現象は続いている。それほど、人間の煩悩は深いものなのです。煩悩の枝の枝に、不幸が待っている。

「 社会心理学 | SYNODOS -シノドス-(https://synodos.jp/society/18244)」という記事の「”人々にとってスケープゴートがなぜ必要なのか”」という部分に、「”第1の理由は人が様々な煩悩をかかえていることである。”」

と書かれてある。スケープゴート経験者なら、この深い意味がよくわかるでしょう。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top