とある宗教関係の既得権益の邪魔になる発信をすると、「とある宗教」→「ボランティア団体」→「地域の〇〇」、このような流れで「悪い噂を流される」ことがある。すると、鵜呑みにした「地域の〇〇」が正義の名の下に、相手を監視する。監視された側は、相手をストーカーだと思う。互いに転がされる。

とある宗教関係の既得権益の邪魔になる発信をすると、「とある宗教」→「ボランティア団体」→「地域の〇〇」、このような流れで「悪い噂を流される」ことがある。すると、鵜呑みにした「地域の〇〇」が正義の名の下に、相手を監視する。監視された側は、相手をストーカーだと思う。互いに転がされる。

Aくんが、BくんとCくんを喧嘩させて、それを見て楽しむ。小学生の頃、こういったことをしている者もいた。それの大人版が、このツイートのこと。

Aくん → 名誉毀損するよう仕向ける
Bくん → 名誉毀損する
Cくん → 名誉毀損される

そして、この「地域の〇〇(悪い噂の情報を鵜呑みにしている者)」は、前頭葉の働きが弱そうな者で、暇を持て余している「50代くらい」の者が選ばれやすい。これはネット(SNS)でも起こること。悪い噂を流している者は、他の誰かの手のひらの上で転がされている場合もあのです。

悪い暗示にかかりやすいマヌケな人たち(第二版)
間抜けな彼らは何でも鵜呑みにして、悪い暗示に気づかずにコントロールされていく…
マヌケだから暗示にかかる!? モラルハラスメントを行う者たちの世界には、悪い暗示を使い、相手を不幸へと誘導している者もいる…。そして間抜けな人たちは、何でも鵜呑みにして、噛み砕いて消化もせず、確認もせず、そして期待して、挙句の果てには「駒」にされて、そして煽動されてしまうこともあります。そうなってしまう原因の1つは「マヌケ」だからです。これは悪口を言っているのではありません。悪い暗示は、例えるなら、泥棒やネズミの侵入のようなもの。あなたが、自分を生きていきたいのなら、この本に書いたことは、必ず、知っておいて欲しい。僕自身が「間抜け」だったからこそわかったことがあります。このことの大切さを知ってほしい……と強く思います。心理的な虐待者がいる機能不全家庭や、悪質巧妙な手口を駆使するモラルハラスメント加害者がいる環境、或いは、日本ではまだ認知度が低いガスライティング加害者(ソシオパス等)がいる環境では、周囲の人が気づけないレベルで悪い暗示が飛び交っていることがあります。そんな悪い暗示で「ダメ」にならない為に大切なこと(知っておいたほうがよいこと)を書きました。
悪い暗示に気づき、解く方法!(悪い暗示に気づく簡単なワークつき!)
この本の詳細はこちら(確認する)

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

とある宗教関係の既得権益の邪魔になる発信をすると、「とある宗教」→「ボランティア団体」→「地域の〇〇」、このような流れで「悪い噂を流される」ことがある。すると、鵜呑みにした「地域の〇〇」が正義の名の下に、相手を監視する。監視された側は、相手をストーカーだと思う。互いに転がされる。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
とある宗教関係の既得権益の邪魔になる発信をすると、「とある宗教」→「ボランティア団体」→「地域の〇〇」、このような流れで「悪い噂を流される」ことがある。すると、鵜呑みにした「地域の〇〇」が正義の名の下に、相手を監視する。監視された側は、相手をストーカーだと思う。互いに転がされる。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)