少し悪賢いモラルハラスメントの加害者の場合は、悪い噂を作って流すときに、公然の場には書きません。これは「不法行為」なので捕まらないように、メールや、DMなど、公然の場以外の「裏」で吹聴します。その目的の1つは、自分の手を汚さずに、他人に書かせようとする(他人を汚す)。

少し悪賢いモラルハラスメントの加害者の場合は、悪い噂を作って流すときに、公然の場には書きません。これは「不法行為」なので捕まらないように、メールや、DMなど、公然の場以外の「裏」で吹聴します。その目的の1つは、自分の手を汚さずに、他人に書かせようとする(他人を汚す)。

モラルハラスメントの加害者は、人の優しさを悪用して、そそのかして、騙して、自分の手を汚さずに、相手に悪いことをさせてしまう場合がある。そして、問題になったら、自分だけは逃げる。関係ありませんと知らんふりをする。騙さないことが、大切です。

このような、「自分の手を汚さずに、他人に書かせようとする(他人を騙して、名誉毀損をさせようとする者)」の手口に気づけるようになること。これも「回復」のために必要な人もいる。つまり、「病み」は「騙されているのに気づいていないこと」も関係している場合もあるから。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメントを残す(あなたのSNS垢やブログURLの記載OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)