少し悪賢いモラルハラスメントの加害者の場合は、悪い噂を作って流すときに、公然の場には書きません。これは「不法行為」なので捕まらないように、メールや、DMなど、公然の場以外の「裏」で吹聴します。その目的の1つは、自分の手を汚さずに、他人に書かせようとする(他人を汚す)。

少し悪賢いモラルハラスメントの加害者の場合は、悪い噂を作って流すときに、公然の場には書きません。これは「不法行為」なので捕まらないように、メールや、DMなど、公然の場以外の「裏」で吹聴します。その目的の1つは、自分の手を汚さずに、他人に書かせようとする(他人を汚す)。

モラルハラスメントの加害者は、人の優しさを悪用して、そそのかして、騙して、自分の手を汚さずに、相手に悪いことをさせてしまう場合がある。そして、問題になったら、自分だけは逃げる。関係ありませんと知らんふりをする。騙さないことが、大切です。

このような、「自分の手を汚さずに、他人に書かせようとする(他人を騙して、名誉毀損をさせようとする者)」の手口に気づけるようになること。これも「回復」のために必要な人もいる。つまり、「病み」は「騙されているのに気づいていないこと」も関係している場合もあるから。

みんなのモラルハラスメント情報
みんなの声を代理発信!道徳、倫理、美徳などによって行われる精神的な嫌がらせ
この本は、みんなから集めた声を元に代理発信しています。1つの言葉は140文字以内で、No.1からNo.100まで計100個ご紹介しています。また、一般に認知されている「モラハラ」よりもワンランク上の「モラルハラスメント」についてもご紹介しております。 一般に認知されているモラハラは、とても簡単でわかりやすいものであるのに対し、本書でお伝えするモラルハラスメントは、とても巧妙で、隠蔽を伴うこともあり、紳士淑女を装った知識人たちが行うことがあるモラルハラスメント(道徳、倫理、美徳などを使った嫌がらせ)についても含まれています。魂の殺人者、それがモラルハラスメント加害者です。被害者が加害者扱いされたり、加害者が群れて正義の名の下に被害者を悪人扱いして叩いたり、自分の手を汚すことなど「駒」を使って嫌がらせをしたりと、一般に認知されているモラハラのレベルを超えたハラスメントも存在しています。 本書では、そんな「巧妙なモラルハラスメント」についても触れていますので貴重な情報もあるかと思います。(横書きでレイアウトされています)
この本の詳細はこちら(確認する)

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

少し悪賢いモラルハラスメントの加害者の場合は、悪い噂を作って流すときに、公然の場には書きません。これは「不法行為」なので捕まらないように、メールや、DMなど、公然の場以外の「裏」で吹聴します。その目的の1つは、自分の手を汚さずに、他人に書かせようとする(他人を汚す)。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
少し悪賢いモラルハラスメントの加害者の場合は、悪い噂を作って流すときに、公然の場には書きません。これは「不法行為」なので捕まらないように、メールや、DMなど、公然の場以外の「裏」で吹聴します。その目的の1つは、自分の手を汚さずに、他人に書かせようとする(他人を汚す)。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)