少し悪賢いモラルハラスメントの加害者の場合は、悪い噂を作って流すときに、公然の場には書きません。これは「不法行為」なので捕まらないように、メールや、DMなど、公然の場以外の「裏」で吹聴します。その目的の1つは、自分の手を汚さずに、他人に書かせようとする(他人を汚す)。

少し悪賢いモラルハラスメントの加害者の場合は、悪い噂を作って流すときに、公然の場には書きません。これは「不法行為」なので捕まらないように、メールや、DMなど、公然の場以外の「裏」で吹聴します。その目的の1つは、自分の手を汚さずに、他人に書かせようとする(他人を汚す)。

モラルハラスメントの加害者は、人の優しさを悪用して、そそのかして、騙して、自分の手を汚さずに、相手に悪いことをさせてしまう場合がある。そして、問題になったら、自分だけは逃げる。関係ありませんと知らんふりをする。騙さないことが、大切です。

このような、「自分の手を汚さずに、他人に書かせようとする(他人を騙して、名誉毀損をさせようとする者)」の手口に気づけるようになること。これも「回復」のために必要な人もいる。つまり、「病み」は「騙されているのに気づいていないこと」も関係している場合もあるから。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

少し悪賢いモラルハラスメントの加害者の場合は、悪い噂を作って流すときに、公然の場には書きません。これは「不法行為」なので捕まらないように、メールや、DMなど、公然の場以外の「裏」で吹聴します。その目的の1つは、自分の手を汚さずに、他人に書かせようとする(他人を汚す)。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
少し悪賢いモラルハラスメントの加害者の場合は、悪い噂を作って流すときに、公然の場には書きません。これは「不法行為」なので捕まらないように、メールや、DMなど、公然の場以外の「裏」で吹聴します。その目的の1つは、自分の手を汚さずに、他人に書かせようとする(他人を汚す)。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)