紳士淑女を装っている加害者のイメージは、「蜘蛛」「カエル」「タガメ」

とある〇〇には、「分析ごっこ」が好きな者を、「キーワード」で引き寄せてある。そこに、紳士を装った加害者が隠れていて、Aさんは、ソレを観察している。←「なるほど!」と思いました。人はどうしても、「キーワード(言葉)」に無意識のうちに、引き寄せられてしまうものですからね。

この紳士淑女を装っている加害者のイメージは、「蜘蛛」「カエル」「タガメ」と言われています。力関係で言えば、「蜘蛛」のほうが上です。蜘蛛が蜘蛛の巣を張って、獲物が引っ掛かるのを待っている。そこに従順なカエルがいて、そのカエルをタガメが捕食している。蜘蛛とタガメは結託している場合も。

1、蜘蛛男、蜘蛛女
2、タガメ男、タガメ女
3、カエル男、カエル女
(1が強い、3が弱い)

カエルが弱いのは、ゆでガエル理論にあるように、実際どうかは別として、「カエルは環境変化に気づかない」から。

つまり、「暗示」に気づけないのが「カエル」です。騙されているのに気づいていない。

1、蜘蛛男、蜘蛛女
2、タガメ男、タガメ女
3、カエル男、カエル女
(1が強い、3が弱い)

モラルハラスメントでは、こうです。

1、蜘蛛男、蜘蛛女(紳士淑女を装った加害者)
2、タガメ男、タガメ女(セカンドハラスメント加害者)
3、カエル男、カエル女(わかりやすいモラハラをする者)

演技性人格障害や、空想虚言者、サイコパス等は、兎に角騙すのが上手い。そして「悪人は善人を悪人扱いすることから始める」と言われるよう、しっかり「身代わり、犠牲、生贄」を用意している。最も悪質な者は「嘘つき」なのです。

「書くこと」のカタルシス効果はすごかった
サヨナラ・モンスターの詳細はこちら

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

紳士淑女を装っている加害者のイメージは、「蜘蛛」「カエル」「タガメ」
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
紳士淑女を装っている加害者のイメージは、「蜘蛛」「カエル」「タガメ」

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)