自称説明屋(紳士淑女を装ったモラルハラスメント加害者)

自称説明屋(紳士淑女を装ったモラルハラスメント加害者)

モラルハラスメント、アダルトチルドレン、カサンドラなどのワードで悩んでいる人たちの、「心の成長」を邪魔する自称説明屋(紳士淑女を装った加害者)などは、自分の正体がバレないために、相手や関係者を悪く言うことがある。自分と向き合う勇気が、ないのでしょう。

この、紳士淑女を装った加害者は、まず認めない。自分の加害者な部分を隠す。隠すためなら、他人を平気で悪人扱いする。相手(成長している人たち)の言葉を信じさせないために、「カルト」などのレッテルを貼ったり(金沢もそうだった)、兎に角、言葉は悪いですが、、腐っていると思う。

モラルハラスメントの加害者は、モラルハラスメント情報を発している人(アカウント)を、悪く言いたいに決まっているでしょう。説明しなくても、答えは、既に、、出ている。

モラルハラスメントの加害者、毒親、支配者は、他人の心の成長(気づき)の邪魔をする。そして、それが悪いことかのように、すり替えをしてまで邪魔をする。これは「罪悪感」から…という場合もある。つまり、自分が支配してきたこと、虐待してきたこと(心理的に)、それに気づかれたくないから妨害。

自称説明屋(紳士淑女を装ったモラルハラスメント加害者)は、自分の「説明力」が武器だと思っている。すり替えて説明し、理詰めでアダルトチルドレンの人たちを追い詰める。だからこのタイプの加害者は、アダルトチルドレン、モラルハラスメントのワードで悩んでいる人と、その周辺を、悪く言う。

自称説明屋(紳士淑女を装ったモラルハラスメント加害者)は、自身が加害者であることを隠している。だから、気づかれたくない。気づかれる前に、「アダルトチルドレン、モラルハラスメント被害者、そのサポートをする者」を悪人扱いする。悪人は、善人を悪人に仕立て上げることから始める…。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

自称説明屋(紳士淑女を装ったモラルハラスメント加害者)
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
自称説明屋(紳士淑女を装ったモラルハラスメント加害者)

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)