スケープゴート被害者は、「理解」によって癒されるのです。

モラルハラスメントの加害者は、被害者側の口封じをすることは、得意中の得意です。

被害者の口を封じて、悪事を闇の中に葬り去ろうとしても、それは一時しのぎなのです。闇の中に葬り去ったつもりだろうけど、その「闇」は「光」の管轄なわけです。つまり、明かりを照らせば、葬り去って溜め込んだ汚物が、1つ残らず、明らかになるのです。業は、心の奥に刻まれています…。

モラルハラスメントの加害者は「愚か者」です。労力を使ってアカウントを凍結させたとしても、「被害者の声」を、全て封じることは出来ません。集めた情報は、別の場所でも発信しています(加害者はこれを消したい)。バックアップも二重に取っています。永遠と発信されて、徐々に暴かれるのです。

我々が、モラルハラスメントの本質を、なぜ発信し続けるか? その理由の1つは、(https://youtu.be/in6TG80lrAI)のコメント欄にある、かまずかさんコメント、スケープゴート被害者の心の解放(理解による癒し)を増やしたいからです。巧みに封じられたスケープゴート被害者は、たくさんいます。

スケープゴート被害者の心の傷はとても深いです。深いのに、それを知られない仕組みになっている被害者もいます。つまり傍から見たら傷ついていない人に見える場合もあるのです。それを巧みに仕掛けている加害者がいる場合もあります。闇が深いから、スケープゴート被害者は自殺する場合もあります。

過去に、機能不全家庭におけるスケープゴート被害者がいました。彼は、臆病者の家族全員から、毎日嘲笑され、ストレスのはけ口にされ、スケープゴートされていました。傷つき、苦しんでいる姿を酒のつまみにしていた父親の前で、とうとう首を切りました。助かりましたが、心が壊れていきました。

そのスケープゴート被害者は、自分の気持ちも吐き出せず、混乱し、発狂し、家族全員から悪人扱いされ続けていました。巧みにすり替えられていました。真の加害者は、父親、母親、兄貴、この3名です。外では媚び諂い、ぺこぺこして家庭内で一番下を虐めて酒のつまみにして楽しんでいたのです。

”スケープゴートされていた人間の心なんか、きっと誰にも分かって貰えないとずっと思っていたのですが、同じ感覚を抱いていた方がいらっしゃった事、理解してくれている方がいらっしゃった事が、何よりも嬉しくてたまりません。”

スケープゴート被害者は、「理解」によって癒されるのです。

そして、被害者たちが回復してきたら、(https://youtu.be/eidDBkgkRk8)この大切さを知るかもしれません。コメントに、「自分の何年間も何年間も探していたものを解き明かしてくれた言葉、動画でした。有難う。心からありがとう。」とあるように…。心の中の小さな自分を守る強い心を持つのだと思います。

スケープゴート被害者(勇気ある者)は、理解によって癒されていき、「自己理解」によって、更に癒されていき、そして、心の中の小さな自分の親となり、心の中の小さな自分を守る強い心を手に入れて、そして「責任」を持って「自由」に向かっていくのだと思います。

スケープゴートタイプは、「勇気ある存在」です。勇気が無ければ、その立場に、い続けることは出来ません。

 

”自分を正当化する為に、一人をスケープゴートにする。それで、そこにいる家族は自分だけ救われようとする。
 
そんな家族が本当の家族であると言えるのか?”
 
引用元:暴力の連鎖 たったひとりのスケープゴート|美月 詞葉|note
https://note.com/mizuki_kotoha/n/n6fa1ac24bb05
 
同感です。
”自暴自棄だ!救いようがない!とのレッテルを貼られている事も多いスケープ・ゴートですが、想像を絶する心の傷や見捨てられ感、怒りや拒絶などが過去にある場合があります。”
引用元:(https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01M70S2WC/
スケープゴートタイプは、一般的なカウンセラー、とくに教科書頭のカウンセラーなんかに相談してしまったら、心の傷を抉られるだけです。彼らは、スケープゴートの本質を知らないし、想像も出来ません。自分のモノサシで軽く見るので、時間の無駄になります。
彼ら一般的なカウンセラーの中の教科書頭の者には、「スケープゴートをしていたのに被害者だと主張する者」を任せておけば良いのです。悪人扱いされたスケープゴートタイプをどうしても悪く見てしまう低い視点しか持ち合わせていないし、自分の理解の限度を超えると、相手の所為にする者もいますので。
スケープゴートを知っている者なら、悪人扱いされている側が、実は被害者なのではなかろうか…、という視点で見ることも出来ます。そして、被害者のフリをして追い詰めている存在に気づける場合もあります。真実を見抜く目があるなら、スケープゴート被害者の自殺の後押しはいないでしょう。
有名な言葉2つ。
 
1つ目、
「”悪人は、善人を悪人に仕立て上げることから始める”」
 
2つ目、
「”わたしたちの文化においては、弱さは非常に強くて権力がある”(心理学三大巨頭の1人アドラーの言葉)」
 
本当の悪人が隠れている場所、、、まだわかりませんか?
この真の悪人にたぶらかされて、承認欲求を刺激され、掌の上で転がされていました、豚も煽てりゃ木に登る状態でした、申し訳ありませんでした…、
 
では済まないことを、一部の支援者はしているのです。加害者にたぶらかされて、言語化が下手な被害者を悪者扱いしたのですから。それが自殺誘導になる。
「書くこと」のカタルシス効果はすごかった
サヨナラ・モンスターの詳細はこちら

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

スケープゴート被害者は、「理解」によって癒されるのです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
スケープゴート被害者は、「理解」によって癒されるのです。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)