悪賢いハラスメント加害者の正体は知れ渡っているのです。

集めた被害者の声(勿論掲載の許可は取っている)をネット上に公開することで、多くの人間が、Google検索等で情報取集をしながら各自情報を整理し、自分の形で発信しています。ですから数年前に比べ、悪賢いハラスメント加害者の正体は知れ渡っているのです。多くの閲覧者の中に情報発信者もいます。

そして情報が形を変えて、電子書籍にも流れ込み、多くの電子書籍でモラルハラスメントの加害者の手口が語られていき、被害者も回復と同時に知るべきことを知り尽くし、同じ被害に遭わないよう成長しています。他人を変えようとして自分を変えない加害者(支配者)はどんどん過去の遺物と化すのです。

ネタの元を撒いておくと、勝手に持っていって、それを熟成させて発信してくれる人たちがいるので、その人たちの前に、ネタの元をポイッと置いておくのです。情報収集者の多くは、Google検索から来ます。これはお互いにとって良いことです。丸ごと無断転載は勿論ダメです。情報収集は良いことです。

「ラルフ・ウォルド・エマーソン」の「自己信頼」という名著に、、、「”確信していることを発すれば(本では声に出して語ると書いている)普遍的な意味を持つ”」ということが書かれています。確信していることを、強く、発すると、多くの人がそれを受け入れてくれます。何故なら、真実は1つだから。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

悪賢いハラスメント加害者の正体は知れ渡っているのです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
悪賢いハラスメント加害者の正体は知れ渡っているのです。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)