デマ流し加害者「かなざわ」は、ツイッター史上初(個人的に感じることとして)の「反省が無い者」だなと思いました。どんなアカウントでも今まで、「あなたのやっていることハラスメントだよ」と正しく伝えたら、ちゃんと理解し、謝り、ちゃんとやめてくれました。しかし彼は、悪行を継続する…。

デマ流し加害者「かなざわ」は、ツイッター史上初(個人的に感じることとして)の「反省が無い者」だなと思いました。どんなアカウントでも今まで、「あなたのやっていることハラスメントだよ」と正しく伝えたら、ちゃんと理解し、謝り、ちゃんとやめてくれました。しかし彼は、悪行を継続する…。

デマを公然の場で流すことは嫌だと、迷惑だと、彼には伝わっています。つまり相手が嫌がっているとわかってやっているのです(自覚あり)。これは悪意のあるハラスメントだと判断できるのです。悪意があるからコソコソと隠れて行っているのです。これを「卑怯者」と言う。

デマの発生元の1つは、この辺です。「デマ」について研究されている方々は、ここら辺を探っていくと、「良い発見」があると思います。何故デマを流すのか、何故デマ流し加害者の匿名垢が存在するか。その繋がり、「相関図」は…。見えてきますよ…。

https://twitter.com/ishikawa_yumi/status/1233642870940131328

 

工作員にもなり切れないデマ流し加害者の手口…、あれは、「工作員モドキ」です。工作のレベルが低くて、デマ流し加害者だということがバレてしまい、必死こいて真実を発した側のアカウントを凍結に追い込んで「よし!工作成功!」と思ったのもつかの間…。不死鳥の如く蘇り出した垢に恐れる加害者…。

 

工作員と言ってもピンキリですが、レベルの高い工作員の「不審死」は多いと言われています。悪いことをして手に入れたカネの代償は大きいということ…。ま、自業自得なのかもしれませんね。我々は、健全に生きましょう!
いいですか、能力の高い者たちは、黙っていれば必ずのし上がっていきます。ですから「ネットハラスメント」で抑制しているのです。そこらのデマ流し等を行う匿名垢の相関図を調べると、必ずと言ってよいほど政治や宗教絡みです。伸びるであろう存在の足を引っ張って邪魔(妨害)をしているのです。
嫌がらせを受けると、その対処に追われてしまい、本来やるべきこと、やりたいことが出来なくなります。それがデマ流し加害者、ネットハラスメント加害者の、目論見の1つです。
「書くこと」のカタルシス効果はすごかった
サヨナラ・モンスターの詳細はこちら

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

デマ流し加害者「かなざわ」は、ツイッター史上初(個人的に感じることとして)の「反省が無い者」だなと思いました。どんなアカウントでも今まで、「あなたのやっていることハラスメントだよ」と正しく伝えたら、ちゃんと理解し、謝り、ちゃんとやめてくれました。しかし彼は、悪行を継続する…。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
デマ流し加害者「かなざわ」は、ツイッター史上初(個人的に感じることとして)の「反省が無い者」だなと思いました。どんなアカウントでも今まで、「あなたのやっていることハラスメントだよ」と正しく伝えたら、ちゃんと理解し、謝り、ちゃんとやめてくれました。しかし彼は、悪行を継続する…。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)