マッチポンプな加害者からの執拗な決めつけによって、最初は正常だった被害者が酷い混乱状態に陥っていく場合もありますので、マッチポンプな加害者とのコミュニケーションは出来るだけ避けた方が良いです。

マッチポンプな加害者からの執拗な決めつけによって、最初は正常だった被害者が酷い混乱状態に陥っていく場合もありますので、マッチポンプな加害者とのコミュニケーションは出来るだけ避けた方が良いです。

モラルハラスメント加害者は、勉強不足から自分が狂っていることがわからない場合があるので、相手が狂っていると思い込んで相手を狂っている人として扱い続けることで、被害者は混乱していくことがあります。そしてマッチポンプな加害者は「ほら、狂ってる」と納得することがあります。こうして、最初は正常だった被害者がひどい混乱状態に陥っていく場合もあります。

このような加害者は、「ダブルバインド」というコミュニケーションパターンを使うことがあります。ダブルバインドは、人類学者グレゴリー・ベイトソンの造語で、ベイトソンはダブルバインドのコミュニケーションパターンの状況に置かれた人が統合失調症に似た症状を示すようになると指摘しましたが、その1つが、酷い混乱状態だと思います。マッチポンプな加害者とのコミュニケーションは出来るだけ避けた方が良いです。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)