呪い(無意識に働きかける心理的な攻撃)から心を守ろう! 守っていれば、仕掛けている加害者は何れ自ら掘った穴に落ちます。自業自得!

呪い(無意識に働きかける心理的な攻撃)から心を守ろう! 守っていれば、仕掛けている加害者は何れ自ら掘った穴に落ちます。自業自得!

「やる気を創る心の技術(https://amazon.co.jp/dp/B083R8GMM7/)」の第7章「人を不幸にする禁断の方法(悪用厳禁)」に書いてあることは、とある呪いタイプの加害者が悪用して使っていたものなのですが、これは、「他人」に対して「悪用」すると「呪い(無意識に働きかける心理的な攻撃)」になりますので、絶対に悪用はしないで下さい。工夫次第では自殺させることも不可能ではありません。自分に対し「善用」して下さい。そのために書いたものです。

「呪い(無意識に働きかける心理的な攻撃)」で人が死ぬ(自殺する)ことってあるの? と思う人もいるかもしれませんが、あります。誹謗中傷でも自殺者が出ています。誹謗中傷は心理的な攻撃の中では下位です。上位に「呪い(無意識に働きかける心理的な攻撃)」があるのです。

東洋経済オンラインさんの記事「そこにある「SNSの呪い」に、皆まだ気づかない | プレタポルテ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準(https://toyokeizai.net/articles/-/84943)」のタイトルにあるよう、皆、SNSの呪いに気づいていないのです。気づいていない人にかかるのです。気づいている人にはかかりません(効かない)。ですから、気づけるようになることが大切なことなのです。

そのための第一歩として、「やる気を創る心の技術(https://amazon.co.jp/dp/B083R8GMM7/)」の第7章「人を不幸にする禁断の方法(悪用厳禁)」を知ることが大切なのです。ここに書いてあることの悪用が、「呪い(無意識に働きかける心理的な攻撃)」の1種になるからです。悪用した場合は、中国系の呪いに似ています。どんな物事でも、使い方次第、やり方次第では、プラスにもマイナスにもなるのです。誹謗中傷のように誰が見ても攻撃しているとわかる下位ランクの心理攻撃でも自殺者が出ているのですから、上位ランクの「呪い(無意識に働きかける心理的な攻撃)」はもっと危険です。だからこそ、知って、防げるようになっておくことが大切だなと思いますよ。

残念なことに世の中には、このような陰湿な攻撃で何かを満たそうとしたり、解決しようとする人間もいます。中には厄介な人間もいます。自分を守るのは自分ですから、勉強した者は自分を守りやすいし、勉強しない者は自分を守れなくなりやすいのです。

人を呪わば穴二つ。あなたが「呪い(無意識に働きかける心理的な攻撃)」から自分の心を守っていれば、仕掛けている加害者は何れ自ら掘った穴に落ちます。人を呪わば穴二つ。ではなく、人を呪わば穴一つ。となるのです。仕掛けた者の穴だけです。健全な問題解決放棄したので、自業自得です。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)