被害者自身被害を受けているのかどうかわからない場合が長く続く場合もあります。それは加害者の暴力という

被害者自身被害を受けているのかどうかわからない場合が長く続く場合もあります。それは加害者の暴力というものは、何重にも多い隠されることが多く、周りの人たちや被害者にも向けられています。被害者は自分が被害を受けているのか自信を喪失してしまうこともあります。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

被害者自身被害を受けているのかどうかわからない場合が長く続く場合もあります。それは加害者の暴力という
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
被害者自身被害を受けているのかどうかわからない場合が長く続く場合もあります。それは加害者の暴力という

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
1166 views