誰でも被害者や加害者になってしまうモラルハラスメントについて考えよう!

モラルハラスメントって知っていますか?
モラハラと略されることもあるモラルハラスメント。
セクハラやパワハラと何が違うの?となりますが
モラルハラスメントとは精神的暴力のことです。
例えば理不尽に「ブス」や「デブ」などの外見的特徴について暴言を吐かれたり
「お前なんて生きていても仕方がない」などと人格を全否定されたり
それって目には傷ついて見えないですけど心は傷ついてますよね。
そういったことを総称してモラルハラスメントと言います。
これは実は誰でも被害者や加害者になってしまうのです。
人間は簡単に人から恨みを買うことができますし
簡単に人を傷つける事が出来るんです。
職場でまだ慣れない後輩に向かって
怒鳴りつけたりこれ見よがしにため息をついていませんか?
学校の成績がよくない我が子に向かって
「なんでこんなに出来ないの!」と怒鳴っていませんか?
自分の息子のお嫁さんに
「こんなまずいご飯を食べて息子が可哀想」などと過干渉していませんか?
自分にとってはほんの軽い気持ちで言ったことや行動で
他人に精神的な傷をつけることがあるのです。
逆もまた然り。
理不尽な言葉の暴力で傷ついていませんか?
それによって体調を崩したりしていませんか?
言われた方は深く傷ついているのに
言った方はすぐ忘れてしまうことが多い世の中。
その温度差を感じとってまた深く傷ついてしまうのが人間なのです。
そして虐待をされた子どもが自分の子どもを虐待してしまうように
モラルハラスメントをされた人はモラルハラスメントを他人にしてしまう
事例も残念ながらあるのです。
「自分がされたから」
「これが当たり前」
のように感じてしまうのです。
そういう筆者も心にもないことを発言して
後で後悔してしまったことが多々あります。
少しの失敗でも鬼の首を取ったかのように責めてしまうことがあります。
その場の勢いや怒りで相手を深く傷つけてしまいました。
そういった言動で相手の人生を大きく変えてしまうことがあるのです。
最近世間を騒がせた事件では
職場での人間関係のトラブルが原因で人が人を殺めてしまいます。
こういった事件の背景にはモラルハラスメントがあるのです。
加害者は
「そこまで傷ついていると思わなかった」
「彼(彼女)のためを思って発言した」
などと正当な理由をつけて責任から逃れようとしますが
反対に自分自身がされたらどう思いますか?
人にされたら嫌なことは自分もしない。
もししてしまったら後回しにせずに謝る。
こういった考えを持つことでモラルハラスメントがなくなるといいですね。

悪い暗示にかかりやすいマヌケな人たち(第二版)
間抜けな彼らは何でも鵜呑みにして、悪い暗示に気づかずにコントロールされていく…
マヌケだから暗示にかかる!? モラルハラスメントを行う者たちの世界には、悪い暗示を使い、相手を不幸へと誘導している者もいる…。そして間抜けな人たちは、何でも鵜呑みにして、噛み砕いて消化もせず、確認もせず、そして期待して、挙句の果てには「駒」にされて、そして煽動されてしまうこともあります。そうなってしまう原因の1つは「マヌケ」だからです。これは悪口を言っているのではありません。悪い暗示は、例えるなら、泥棒やネズミの侵入のようなもの。あなたが、自分を生きていきたいのなら、この本に書いたことは、必ず、知っておいて欲しい。僕自身が「間抜け」だったからこそわかったことがあります。このことの大切さを知ってほしい……と強く思います。心理的な虐待者がいる機能不全家庭や、悪質巧妙な手口を駆使するモラルハラスメント加害者がいる環境、或いは、日本ではまだ認知度が低いガスライティング加害者(ソシオパス等)がいる環境では、周囲の人が気づけないレベルで悪い暗示が飛び交っていることがあります。そんな悪い暗示で「ダメ」にならない為に大切なこと(知っておいたほうがよいこと)を書きました。
悪い暗示に気づき、解く方法!(悪い暗示に気づく簡単なワークつき!)
この本の詳細はこちら(確認する)

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)