モラハラからの逃げ道

私は元夫からのモラハラで「離婚」と言う逃げ道を選びました。
初めは本当に優しくて自慢の夫でした。それが環境が変わるこどにモラハラ夫と変化しついったのです。
一つめの変化は子供が産まれた瞬間でした。出産を終えたばかりの私に「以外と楽そうだったじゃん!!」と肩を叩いたのです。ちなみに立ち会い出産でした。その時は意識がもうろうとしていたのですが、後になって思い出すと非常に腹が立ち、本人に問い質しました。答えは「それは、隣の部屋の○○さんより陣痛短くてよかったねっていう意味」とあべこべなことを言ってきました。
まずは陣痛を他人とは比べてはいけませんよね!?
このようにモラハラの加害者は
●会話のキャッチボールができない。
●相手の状況やキモチを理解できない。
という特徴があるのです。
私が育児休暇中は、夜泣きがヒドイ子供に対し「うるさい」「あっちに連れていけ」と怒鳴ります。
●感情のコントロールがうまくできず、よく怒鳴ります。
私に対しては「いいよな〜主婦は。いつでも昼寝できて…。」友達に対しては「俺は周りの友達の中で一番給料がいい」「あいつが建てた家なんて、どうせ安い工務店だろ」と、とにかく他人を見下します。
●他人に肯定できない。
そして二つめの節目はマイホームを建てたことでした。
ある日突然、「俺だって頑張ってるんだー」とさげび、子供の目の前でテーブルを真っ二つに蹴りあげたのです。何かあるたびに、私にも子供にも「俺が建てた家だぞ」と口癖のように言うのです。
●天狗になる。
共働きだったため、子供の幼稚園の送迎の協力をお願いしても、「自分の睡眠時間を削ってまで送迎なんてしない」と。子供が好きな公園へ行こうと誘っても「そういうとこ苦手だから○○へ行こう」と。
●我が子よりも自分優勢。
しかし、幼稚園の入園式や運動会など大きな行事には参加する。
●外面はかなりいい。
お金に関しては、子供にかかるお金は「そんな金ない」と一切出してくれず、食費も出さない。しかし、自分の実家・両親へは十数万というプレゼントをあげる。自宅の雪かきはしないくせに、実家の雪かきは手伝う。
●実家や両親への手伝いやお金は惜しまない。
●実家の人間には優しい。
以上のようにモラハラ加害者には多数の共通点があり、この場では書ききれないほどの特徴があります。これはほんの一部です。
誰かに相談しても、ただの悪口ととらえられることも多いし、モラハラという言葉の認知度がまだまだ低いため、専門家に相談しても、性格の不一致で片付けられてしまうこともあります。
モラハラから抜け出すには、勇気をだして逃げ道を作ることです。私が選択した逃げ道は離婚という道でした。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)