代理ミュンヒハイゼン症候群である場合、病人役を押し付けられた側の健康が証明されれば、誰の問題かはっき

代理ミュンヒハイゼン症候群である場合、病人役を押し付けられた側の健康が証明されれば、誰の問題かはっきりします。被害者、善人を装うモラルハラスメント加害者を見分ける方法は難しいです。本当の被害者も自分が加害者と思ってしまうくらいです

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

代理ミュンヒハイゼン症候群である場合、病人役を押し付けられた側の健康が証明されれば、誰の問題かはっき
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
代理ミュンヒハイゼン症候群である場合、病人役を押し付けられた側の健康が証明されれば、誰の問題かはっき

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
852 views