注目されている記事(外部リンク)

「傷ついた」と主張する被害者を悪者扱いする邪悪な加害者の正体
逆転の罪: ガスライティングとフライングモンキーによる被害者の孤立化

モラルハラスメントの被害にあってる人が、パートナーのモラハラを治してあげたいと思っても、モラルハラスメントしている本人が、自分の否を認め、治したいと思わない限り、治療することはできません。本人が否を認めることはまずないと思って、相手から離れ

自分の反応を変えてモラハラを終わらせる教材が完成
【広告】【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック

モラルハラスメントの被害にあってる人が、パートナーのモラハラを治してあげたいと思っても、モラルハラスメントしている本人が、自分の否を認め、治したいと思わない限り、治療することはできません。本人が否を認めることはまずないと思って、相手から離れる選択をした方がいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました